07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.10.26 (Sat)

「運命」が来た-NOTE

うごご。ヤバい。不意打ちだ。迂闊。いや、先伸ばしのツケか。

どうにか説得できんと困ったことになる。狭いながらも楽しい我が家。

「責任を取る」ということばが世界一嫌いになった。遊んでる場合じゃねえよー!









上記リンクは「れんれん堂」の mei さんの Blog です。mei さんは以前にも FC2 で Blog を運営されていたのですが、気がついたら Not Found になっていて残念に思っていたのです。しかし、また再開されたということで喜んでいたのですが。

エントリを読んでいると、ちらほらと「レビューで悪口を書かれた」という記述が出てくるのです。Blog を最初まで読み返してみると、そもそも悪口を書かれたことをきっかけに Blog を再開したらしいのです。

で、わたしも思いっきり後暗いというか、「非人間れびゅあー」呼ばわりされた身ですので、「もしや自分のことではあるまいか」と気が気ではない心境なわけです。

もっとも、エントリから得られる情報から推察するに、当 Blog のことではないだろうと予想はしているのですが、実際のところはわかりません。騒ぎが大きくなることを懸念してか、mei さんが「悪口レビュアー」の詳細を伏せておられるからです。これも「大人の対応」というものでしょうが、はっきりと事態を把握している当人間はともかくとして、外部から見ているものからしてみると、このボヤかされた感じはすこし歯がゆいですね。ヘタな立場にいると疑心暗鬼になってしまうので。検索しても(ワードの入れ方がいけないのか)サッパリだし。


しかし、こういった製作者さんの嘆きを目の当たりにすると、レビュアーというものは「売れセンの書籍にオススメのポップを描く書店員」のようなことしかしちゃいけないのか? と思えてきます。そういうものばっかりの状況が善いのか悪いのかといえば、わたしは良くないと思いますが、そういった「自由意思」は封殺されるべきなのでしょうか。

なんかもう、Free Novel Game 周辺で説かれる「自由」とは、その名のもとに「善悪が混在する環境」をも許容することではなく、ただ「自分が気持ちの良い環境」「自分が脅かされない環境」を守るためにおたがいが結託するべき、と迫るための口実でしかないように感じます。

まあ、それが現実であるならば、それはそれでどうでも良いという諦観の領域に入りつつある今日この頃ですが。いいかげん、「製作者」「レビュアー」「プレイヤー」の三者は決して対等ではないと、どっかのエライ人にでも宣言してほしいですね。「ツマンネ」「イミフ」レベルの物言いが(あたま悪そうな表現というのはそのとおりにせよ)「悪口」になるというのならね。

別に mei さんを非難しているわけでもないし、嫌われたいわけでもないのですけれどね。



あと、「NaGISA の大先生サマ」がレビュー開始 10周年を記念してなにかやりたいと申しております。ぶっちゃけ、なにがメデタイのか良くわかりませんが。

彼が中心になって運営しているコミュニティがどうにもパッとしない現状を考えるに、明らかに製作者とプレイヤーのあいだには「壁」があるように思えます。おそらくは「善意」によって作られる壁です。

この壁を壊してバリアフリーにできるのか、あるいは、そもそもバリアフリーにすべきなのか、と考えるのもまあ、無意味でしょうから、どうでも良いって気分ですが。



関連記事
02:20  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

こんにちは

いつも楽しみに拝見させていただいています。
れんれん堂のmeiです。

悪口の件はakinoさんのことではないですよ。
むしろakinoさんには感謝しているくらいなので。
基本的に感想をいただくことはすごく嬉しいです。
内容関わらず、文章として時間をかけて考えて下さったものは本当に有難いです。

悪口の方はその文章以下なんですよね。
何故かやたらと上から目線で。
プレイして頂いた立場で言えることではないと思うのですが……。


これからも更新楽しみにしています。
文章おかしくてすいません。
mei |  2013.10.26(土) 09:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/899-3bbdaf9c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |