08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.09.13 (Fri)

「カワイイ区」は あきらめきれない 夢か-NOTE

「シャワーヘッド、4,000 Yen はちょっと高いから、また今度にしよう」と言ったその一時間後に CD Album 2枚 4,000 Yen 分を買っているわたしは馬鹿じゃねーのと思う。

無制限に買い物をしても痛くも痒くもない立場になりたい。つまらなそうだけれど。







滝クリが五輪招致のプレゼンで使った「お・も・て・な・し」がちょっとした話題になっているようだけれど、日本人って、すぐに帰るゲストにはとてつもなく親切でも、それがいざ自分の生活圏やテリトリに入ってくると途端に苛烈に悪感情をむき出しにするところがある。海外の人たちが褒めるのならまだしも、なんでもない日本人がそれに乗っかって自画自賛するのはちょっと気持ち悪いな。

それにしても、夕方のニュースだかで、こどもを中心とした市民が、東京五輪で訪れるであろう外国人のために「おもてなしの心」で街の落書きを塗り消す、というようなことを紹介していて、その大仰さに笑ってしまった。どうせ五輪はまだまだ先のことだし、フツーに「景観を守り、美化に努める心」じゃいけないのかな。







どこか家庭に居場所がないように感じられて、街を「漂流」しているコはまだまだたくさんいるのだろう。

複雑な家庭環境から必死に逃げ出しているコもいるのだろうが、なんとなく両親と「ノリ」が合わない、といったことが理由になっていることもあるように思える。

やたらと仲の良い親子は、やはりおなじような「ノリ」を共有できているものである。別に、実の親だからといって「ノリ」が継承されるわけでもなし、価値観の齟齬はツラいだろうなあ。







「NaGISA の大先生サマ」の物言いがどうも上から目線で気に喰わないと思っていたけれど、もしかしたら高圧的で説教臭く見えるのは文章からの印象だけで、口調や声色やジェスチャ、こどもにウケの良い人柄や容姿 () がそこに付け加えられれば、また違った感覚になるのかなあ。



関連記事
02:04  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/884-22921fc5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |