07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.06.06 (Thu)

自由遊泳-Free Novel Games

ほんとうは『真・女神転生 IV』が良いけれど、3DS 本体も同時に購入しなければならないというコスト面の問題から、しかたないので終盤で止まっていた DS の『Strange Journey』を再開することにした。

この「真・女神転生」というシリーズは、戦闘中の会話で悪魔を説得して「仲魔」にしたり、手持ちの悪魔同士を「合体」させて、より強い悪魔にしたりを繰り返しながら物語を進めていく RPG である。

攻略本などを見ると、ダンジョン内のザコやボスが持つ属性との相性や攻撃パターンから導き出される自パーティの「最適解」というものは確かにあるのだが、しかし、実際のところ、いま現在の手持ち悪魔やその所持スキルをどうにかヤリクリして強敵と戦うのが楽しいのだ。テキトーに合体させた悪魔が大して役に立たなかったり、ヘタをすれば相性的に不利だったとしても、その苦労がまた良い思い出になったりする。

「メガテン」が愛される理由のひとつは、こういったパーティ編成の自由度の高さと、そこから生まれる「一回性の体験」にあるのではないだろうか。似たような感覚のものに「ポケモン」シリーズがあるが、あちらには合体要素がないので、自由度ではちょっと劣る(そのかわり、一個体に対する愛着はポケモンのほうが強い)。


この「自由度の高さ」と「一回性の体験」は、ノベゲや ADV にも応用できる、とわたしは考えている。誰が読んでもおなじ展開という「読み物」としての価値感が持つ呪縛から、わたしたちは自由になれるはずなのだ。

ただ、もともとは「一回性の体験」に挑戦していたはずの「サウンドノベル」はいつのまにか「複数の Ending を回収する遊び」へとシフトしてしまった。そしてフリゲも当然、その様式に回収されてしまっている。挑戦的なものより、王道的な作品のほうが好まれる風潮もある。

まあ、考えるだけならタダなので、気長にやっていこう。



関連記事
03:09  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/849-51028cdc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |