03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.13 (Sat)

「はだかの王様」って どういう 教訓なん?-Answer to comment

Thanks!!
sugaZ-reco



とおりすが Z さんからのコメント:#360



More ......



とおりすが Z さん、コメントありがとうございます。


あー、制作者さんでしたか。確かに、先日いただいたコメントで「ゲーム製作をそこそこ経験してれば」と書かれていましたね。フツーに読めばカンタンに推理できそうなことでしたが、とんだ勘違いです。失礼しました。




>全くのゼロから覚えた実体験からの意見なのですね。

うーん、どうなのでしょうか。「NaGISA の大先生サマ」が言いたいことは、どちらかといえば「本読みの矜持」なのかもしれません。「ワタシは天才ではないかもしれんけど、面白い物語を書けるはず! ママンともども、読書量はハンパないし!」といったような。「楽して面白い物語を書こうだなんて、そんな自堕落には負けん!」といったような。

そもそも「コツ」を語るには、実際に本人が「コツ」を掴んでいなければなりません。経験則でも伝聞でもなんでも、とにかくある程度の確信は抱いているのではないでしょうか。他人がそれをどう評価するかは別にしても。




>先方の言っておられる指南書を無意味と切り捨てる根拠の出所には私も身に覚えがあるのですけれど、長年レビューやら素材配布やらしてる人の意見としてはダメすぎだろうと。

まあ、確かにある程度モノのわかる人間が「新書レベルの内容の指南書を読んだくらいで、すぐに面白い物語が書けるようになんてなるかい!」と感じてしまうのはしかたがないことだとは思います。とおりすが Z さんもわたしも、そこを否定したいわけではない。

しかし、考えてみれば、物事には「順序」というものがありますよね。例えば、ノベゲには欠かすことのできない「吉里吉里」や「NScripter」のようなエンジンにしても、いきなり最初からさまざまな機能を使い切ることなんてできません。とりあえずは必要最低限のデフォルトな機能を、それでも一生懸命に学ばないといけない。経験者にとって見ればビックリするぐらい簡易な講座とにらめっこをしながらです。

そうやって試行錯誤を繰り返し、すこしずつ高度な機能を使えるようになる。そうなったら、もうすこし専門的な解説書が必要になってくるでしょう。その段階では、確かに簡易な指南書は大して意味がない。だからといって、むかしのことを忘れて「指南書? 読むだけムダムダ」というのは乱暴ですね。

もしかしたら「大先生サマ」の「御高説」が、いったい誰に向けられたものなのか良くわからないところがいけないのでしょうか。初級者なのか、中級者なのか、はたまたただの Tweet なのか?




>以前から感じていましたが、講座的なものに関しての素養は皆無だなと思った次第です。

ああ、そうなのですか。まあ、「大先生サマ」からしてみれば「雑記でちょろっと書いただけのものなのだから、あまり本気にしないでよ」という気分かもしれませんが、やっぱりみんな、そう感じるのでしょうかねwww

「大先生サマ」は良くあるシナリオの構造を「時限恋愛もの」「恩返しもの」「サンドウィッチタイプ」などと命名してカテゴライズしていますね。それらを列挙して解説を加えたものは後学のために読んでみたい気はします。ぐだぐだと語るより、こちらのほうが「シナリオ講座」として有意義なのではないでしょうか。と、本人にお伝えしたいwww




>何というかレビューのやりすぎで、自分の中のノベルゲーム観と今現在のノベルゲーム観とにギャップが生じていることに我慢できず、声がデカイのを利用して自分好みのノベルゲーム観に染め直そうって利己主義が透けて見えて不快なんですよね。

「大先生サマ」のノベゲ評は、特に「エンタテインメント性」を重要視しているようです。つまりは「ノベゲは娯楽たれ」と考えている。一個人のプレイヤー、一個人のレビュアーとしてその価値観を掲げているだけなら「みんなでおたがいさま」の精神で共生していかなければなりません。

しかし、「大先生サマ」はいつしか、「※使用者個人の感想です」に過ぎない自分のポリシーこそが、限りなく絶対価値に近い、と信じ込んでしまっているかのような振る舞いをするようになりました。たぶん、そういう態度にわたしたち(と書かせていただきます)は「イラッ!」とくるのではないでしょうか。

まあ、わたしはもっと単純に「エラソーな物言い」と「ときおり出てくる自画自賛」が鼻につき、ムカつき、彼の人格を疑っているだけなのですがwww

例えば、直近でいうところのコレ。

さて、製作中の「ゆめ空 R」。立ち絵がかなり揃ってきて、もしかしたら今年中に完成するかも、というところまで来ました(それでも今年中かよ、と言われそうですが(笑))。ヒロインであるスピカは、服装だけで 10種類、しかもその全部がレイヤー利用ではなく描きおろしという、前代未聞の作品です。(NaGISA net / 2013.03.15)

そういうことは自分で言うなよ、と。彼の発言には、こういった自意識のダダ漏れがしばしば見られるのです。そうなると、冷静を装った紳士の仮面が逆にキモくなったり。※個人の感想です。



「声がデカイ」のは、「大先生サマ」が曲がりなりにも「古参のレビュアー」としてノベゲギョーカイ内で認識されているからでしょうが、本人としてはいつまで経っても「弱小レビュアー」のつもりなのですよね。

それを「謙虚」と取るのか「居直り」と取るのかは人それぞれでしょうが、なにか都合の良いときだけ「しがないイチプレイヤーなのに」という態度になるような気もしていますけれどね。※個人の感想です。

まあ、彼をつけあがらせているのは、

名前: NaGISA@NaGISA★ :2012/10/26(金) 22:09:27 ID:72eb02a78

さて、ケイトーさんがご自分の Blog で各シナリオの感想を
書き始められたので、
プロのレビュアー(嘘)の私も、書かない
訳には行くまい……。
何せ、NaGISA net のレビューでは、
各シナリオの細かい感想を書けませんでしたからね。単純に
量的な問題もあるし、そもそも自分のシナリオには感想は
書けないので、ネタバレになってしまうし(笑)。

明日辺りから、いつものレビューの調子で、各シナリオの感想を
書いていきます。



このような悪ノリに、


名前: ケイトー :2012/10/27(土) 12:24:05 ID:77ac31d7a

おお! NaGISA さんの本家レビューがついに出陣ですね!
フリーノベルコラムもされるとの事で、楽しみにしています(^^
僕も、エイト・ストーリーズの作者あては、
やるからには、全員当ててみせます!





このように乗っかる「類友」だと、わたしのようなものは思います。



「染め直そう」というのはそうですね……例えば「彼のレビューなり作品なりに打たれた制作者が新しい物語を紡ぐ」>「そのなかから良さ気なものを選び、彼がまたレビューする」の繰り返しで「面白い物語」が増え、ギョーカイが活性化すれば良いな☆ くらいには考えているのかもしれませんね。ささやかな望みです。

ただ、「レビューのやりすぎ」と指摘されるほどに書きまくっているのに、どんどん内容が「面白くなくなっている」のは興味深いですよね。周りにいろいろと気を遣って「公正公平な評価」として洗練されていったせいで、逆に彼自身の薄っぺらささが引き立ってしまったのかなあ、とも考えています。



ちなみに、「大先生サマ」のレビュー観をお知りなりたいときは、このスレッド「レビューはどうあるべきか - Novelers cafe」が参考になると思いますよ。書き込み自体はだいぶむかしのものですが、おそらく彼はそこからいくらかも進歩していないと思いますのでwww




>これから作ろうとノベルゲームの世界に入ってくる新規参入者のためにならないだろうなと他所に書き込もうと思える程度に感じ入っています。

そうですね。確かに「cafe」の他のスレッドでも、周りからそのように指摘されていたような気がしますwww

わたしは、レビューとは新しい価値観を提示するものであったほうが良いと考えています。すくなくとも、新しい作品像を真摯に希求する姿勢くらいは常に見せておかなければならない。「大先生サマ」のように特定の価値観を親切な顔でゴリ押ししていくような態度では、とおりすが Z さんがお感じになるとおり、後進のためにならないと思いますね。



ところで、この Blog でとおりすが Z さんの作品を取り上げたことはありませんよね? もしかしたら、失礼なことを書いているかもしれませんので。



関連記事
03:17  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

またまた、ども。
自分の作品が取り上げられたことは無いと思います。内輪で放流したものが大半なので。

仮にあったとしてもダメだしされるならソレはソレ。

たいした物を作ってる気も無いし「そういう意見なのね」で流したり受け止められたりする程度の私論を持ち合わせているのでヘッチャラです。

私からするとネガティブな意見の処理の仕方がどうしてこうも下手糞なのかなって感じです。

例えば、不快な演出すれば不快に思うのは当たり前なのに、「この演出スゲー」って思われるのを信じて疑わない人とかどうかと思いますし。

意見した時に私が困るのは「○○を作っている人の意見だから聞くに値しない」ってフィルター掛かることです。
先方が例であるように、これまでの蓄積が邪魔をして素直に受け取られない可能性があります。

そういった類の理由から私が外で物を言う場合、名を伏して行動しています。
純粋に意見だけを拾って良し悪しを判断してもらえると思っているからです。

先方はノベルゲーム全体の為に行動してるみたいなものを掲げながら実は私的な部分が大半を占めて都合良く利用してるに過ぎない。

我欲を満たすための行動なら行動で良いのです。
そういう姿を外から見て分かりやすいように表せは良いのです。

ですが、その辺りがゴチャゴチャになっているのが気に入りません。
悪い意味での偽善が鼻につき過ぎなのです。
とおりすがZ |  2013.04.13(土) 14:27 | URL |  【編集】

書き落としがありましたので追記――

>もしかしたら「大先生サマ」の「御高説」が、いったい誰に向けられたものなのか良くわからないところがいけないのでしょうか。初級者なのか、中級者なのか、はたまたただの Tweet なのか?

初心者向けですよねアレ。
先方の意見を信じすぎて
何時までも「指南書? 読むだけムダムダ」と思考停止してしまうことに危惧を抱いてます。

現時点で指南書に書かれている意図を理解できる人なら「何言ってんだ?」ってなるので。

>「染め直そう」というのはそうですね……例えば(ry
私からの視点はそのような善意からの誘導ではなくてですね、作品の欠点として叩いてる部分です。
古い考えに凝り固まってワイドサイズなどの新しい流れを潰そうって悪意です。
とおりすがZ |  2013.04.13(土) 15:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/818-d22e0805

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |