06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.03.27 (Wed)

どうせ 馬鹿だと思われている だろうから ここはむしろ 「ガンガンいこうぜ!」-Hell in the mind.

NaGISA12




そういえば「NaGISA@原発は再稼働せよ」が以前、テレビは観ない・新聞も読まない・ラジオはかろうじて聴く「ウチのママン」が、アベ(だかアソウだか)の主張は筋が通っているといっていた、「だから」彼らは正しいのだ……といった趣旨のことを Twitter で吹聴していた。

もしかしたら「マスメディアの情報操作に冒されていないwww」人間の言説に打たれただけなのかもしれないが、それにしても、イイ年齢をしたオトナが実の母親を引き合いに出して自分の正当性を主張する、そのなんともいえない気色悪さを目にして、ああ、コイツは先日亡くなった「あの母親」にいつまでたってもベッタリだったという「鳩山さんちのマザコン兄弟」とおなじ心性なのだな、と思った。

もちろん、そんなことは まったくどうでも良い ことなのだが。



ついに「NaGISA の大先生サマ」が小説の紹介までしだした。まあ、本人のテンションとしては「推薦」を与えたいほどの内容だったのだろう。いまごろは信者のミナサンが書店か電子書籍かに群がっているのだと思う。景気の良いことである。これもアベノミクスのおかげだろうwww


それにしても笑ってしまうのは、「大先生サマ」のいう

「ノベルゲームのシナリオ製作技法」のような本もありますが、技法の問題はともかくとして、あんなものをいくら読んだところで、面白い物語を書けるようにはなりません。面白い物語を書くコツは、面白い物語を数多く読む事です。そして、美しい文章を書くコツは、美しい文章を数多く読む事です。一握りの天才は別として、人間は自分が知った、あるいは経験した以上の事は書けません。

この理屈を「大先生サマ」自らが否定している、この現実である。

「本の虫」であるお母様の影響から、当然「大先生サマ」自身の読書量も、わたしとは比較にならないほどであろうが、しかし、彼の書く物語は別段、他の作品と一線を画するわけでもなく、ノベゲの新たな地平を切り拓くほどの面白さを持っているとは思えない。これはきっと、書いている本人が「意外とあたまのなかはガキ臭く、しかしノリはどこか前世紀的」という干物みたいなパーソナリティだからだろう。思考からなにからが硬直している人間に、他人さまの感情を動かすような物語が書けるわけはない。

また、確かに「大先生サマ」の文章は「読みやすい」ものではあるのだが、それは彼がこれまでに行ってきた「(総数 1,000 近くの)ノベゲを読み、そのなかから取捨選択してレビューを書く」という、一連の「反復練習」によって培われた技術である。文章自体に特段の「美」が宿っているわけではない。いまだに(笑)とか(爆)とか語尾につけているし。(どういう意図で使っているのか知らないが、やっぱりダサくて美しくもないだろう、あれは)

このように、まったく自説を体現できていないのだ。おマヌケである。もっとも「大先生サマ」は「Semmy」の馬鹿のように、自分の作品を過剰に評価して悦に入るようなオナニーを披露しているわけではないので、まあ、害はないのだが。

(しかし、どちらの条件も、なんのヒネリもなく「数多く読む事」だというのなら、もっとまとめてスッキリ美しく書けたのではないか?www)


わたしは「読む」能力と「書く」能力は別物ではないかと考えている。いや、別に知識や文章表現の「型」の蓄積を軽視しているのではない。もちろんそれは、あればあるだけ良いのだろう。

しかし、例えば「100」の物語を読み込んだ人間より、「30」の物語を読んだだけの人間のほうが、より美しい物語を綴ることができる、ということだって「現実にはある」ということをいいたいだけだ。百科辞典のような知識の鬼になっても、書けないヤツは書けないのである。そこはきちんと自分の能力を見定めなければならない。闇雲に本を読むより、自らを省みてみたほうが、よほど収穫もある。


「個性が強いにも関わらず、嫌味がない主人公」「短編でも起承転結がはっきりして、ラストできちんと読者に『はっ』とさせる展開」

ノベゲ製作者のみなさんには、こんな「技法の押し付け」などに惑わされず、のびのびと執筆をしてほしいものである。いまどき、携帯電話すらも拒否するような頑迷なおいぼれには、どうせ未来志向など期待できはしないのだから、真面目にはなしを聞くだけ損というものだ。



関連記事
02:42  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

初めまして。
共感する部分が一部あったで、筆をとりました。

>「ノベルゲームのシナリオ製作技法」のような本もありますが、(ry

この意見は自分もどうかと思いましたね。
突っ込んだことを言うと、そこに何が書かれているのか理解してない形から入って挫折するド素人の主張。
この手の人はどれだけ読み漁ろうと本質を理解してないので得るものが無いのでしょう。

ゲーム製作をそこそこ経験してれば、書かれている内容をどのように使えば(応用すれば)良いのか見えるものです。

勿論、中には薄い内容の本もあるでしょうけれど、どこぞの評論家のような判で押したこと言われても不毛なだけですよね。
とおりすがZ |  2013.04.09(火) 15:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/810-c7651797

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |