03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.10.14 (Sun)

正しい 「自己満足」 と 「時間の棄て方」-NOTE

この Blog のように複数のコンテンツを取り扱っていると、興味の「波」が行ったり来たりしたとしても、別の作業に移れば更新が途切れることなく続けていける(可能性が高まる)ので、なかなか良いことだと思う。

最近、過去の「ぷれびゅー」の書き直しにちからを入れていたのだが、他のコンテンツを楽しみにしている方にとっては、あまりおもしろくもないことだろう。「ぷれびゅー、いつも楽しく読ませてもらっています!」とかいわれても、わたしもちょっと困る。



「ぷれびゅー」を始めたのは、「NaGISA 大先生」にケンカを売って、良くわからないまま自爆した件を経てからのことだ。

個人的な人生観や自意識丸出しの「感想文」を否定されたことに反発し、それなら解釈する必要もない「素材」に関する、主観を完全に排した「情報の羅列」なら、だれも文句はないだろうと考えたのである。

そういう意味では「大先生」などが主張する「レビューは他者あってのもの」「レビューは社会貢献」(=それができないものは死ね)という思想に、すなおに乗っかっていたのだともいえる。


始めてからしばらくは、とにかく「かてごりを『?』で埋めよう」「数を稼いで認知されるようになろう」と考えていたので、「情報量」に対してこだわりは持っていなかった。

しかし、時を経るにつれてさまざまな不備が目につくようになり、いつしか「バランス」や「情報の正確さ」を重視するようになった。ある程度の数が揃ってきたので、中身にまで目が届くようになったということだろう。

個人的には、常にその時点での「最良のぷれびゅー」をかたちにしてきたつもりではあるが、いま現在の感覚で見返すと「なんぞこれ」という気分になることが多い。だが、それで良いのだ。

過去に疑問を持つということは、自らが変化している証左である。そして、それこそが「生きている」ことの証左なのではないだろうか。

わたしたちは未来を完全に想像することはできない(例えば、アニメなどでも「ガラケー」の時代に、いきなり「スマホ」的な機構を持ったガジェットが登場することはなかった)。だから自分で歩いて確かめにいくのである。その道中での経験がわたしをまた変えていく。その繰り返しが人生なのだろう。

そういう意味では、過去の蓄積である Blog は「個人的な遺産」であるともいえる。はずかしいことも多いのだけれど。


「情報量」が増えれば文章量も増すし、それに比例して時間もかかってメンドくさいのだが、それもまた楽しい。他人さまにおすすめはしないけどねっ。



More ......



「Free Novel Game」における「写真素材」について。


例えば、「立ち絵」に背負わせるのに違和感のない「背景」を、というこだわり方をしなければ、つまり、文章のうしろにあるものは「挿絵」や「イメージ」程度の役割でも良いとするならば、ある程度に鮮明な高解像度写真を、ある程度に多彩なカテゴリで収集し、ある程度の枚数(「4ケタ枚」くらい?)をそろえた素材サイトをひとつくらい見つけておけば、それで事足りるように思えてきた。

また、かならずしも「高解像度」=「鮮明」というわけではないにせよ、「HD」に目も慣れてきたような昨今、さすがに「640x480」くらいの画像サイズの素材だと、「サムネイルだと良い感じなのに、実物見るとぼやけてて、あれれ~?」みたいなことが多い。

いまだに「2000年代」前半に公開した素材もあたりまえにあるので、そうなると単純にカメラの性能などにも違いはあるだろうし。まあ、そこは「加工の技術でどうにかうまくやれ」ということなのだろうが。




また、これは素材サイトさん全体にいえることだが、たまに「低スペック PC」を「殺そうとしている」としか思えないところがあって、なかなか気が抜けない。例えば「Flash」を多用していたり「YouTube」の動画をやたらに貼り付けていたり、というような。

楽曲サイトさんで、読み込み式(?)の「music player」をページ内に 10も 20も貼っているのとか正直、寒気がしてくる。ウチの「XP さん」は、ディスクへのアクセス過多でぶったおれ(フリーズ)ることとか、フツーにあるから。


あとは「Blog」の素材サイトさんとかも困る。たぶん編集する側としては「website」よりも楽チンなのかもしれないが、素材を探すほうとしてはなかなか使いづらいということが多々ある印象。利用しているサービスや管理人さんの意識によっても変わってはくるけどね。


すべてのページの記述に統一感があって、情報量も適切で、レイアウトも美しい素材サイトさんを見つけると、それだけでしあわせになる。それもまたひとつの「作品との出逢い」だから。




それと、ふっるいサイトさん(立ち上げが「2000年」とかそれくらいの)は基本、見た目ごちゃごちゃしていて「usability」的にはダメダメねwww 利用規約の内容も古臭いしwww



関連記事
17:43  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/723-79b1a63a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |