07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.10.01 (Mon)

後番組の宣伝で 次回予告を ツブスなよ K-NOTE

ひさしぶりに「ぷれびゅー」を追加していたのだけれど、みんな気がついたかな?www






『AGE』、終わったね。

それにしてもガンダムって、「中身がまったくなくてもビジネスとしては成立する」コンテンツなのだなーwww この作品は、どんな「価値」を生み出した? どんな「ことば」を遺した? なにもない。ただ終わるままに終わっただけ。

フツーなら打ち切りものの出来でしょ、これ? おいしいよねーwww


というか、最終回を前にして主要なパイロットがバカバカ死んでいったのに、「アスノの血統」だけがケロッと生きている時点で、もうダメダメ。モビルスーツ間にあったはずのスペック差とかも空気になっていて、とにかく「死ぬから死ぬんだ」みたいなゴーインさで萎えー。

もしかしたら「主人公は殺すな」と「どこか」からいわれていたのかもしれないけれど、シロウトから見れば不自然このうえないからねー。せめて、フリットじじいくらいは死んでおくべきだった(別に「戦死」だけが死に様ではない)のではないのかな。変に「改心」とかしないで良いから。

確かに戦争ではたくさんの人間が死んでいく。それをしっかりと見せるのは間違いではない。でもだからといって「死」を「感動イベント」に変換してはいけないでしょ。それって「すげー醜い」やり口。脳ミソ使ってないのといっしょ。


結局、このアニメに「大人」はひとりもいなかったということなのかも。みんながみんな「幼稚な理屈」で動いていて、それぞれのエゴや思惑やポジションを背負ったうえでのぶつかり合い「ではなく」、つまらない「こどものケンカ」に終始していた、というような。

ほとんど戦闘の連続で「政治」の部分がまったく描かれなかったのも、そういう理由からだと思えば納得できる。まあ、「シリーズ構成」の担当者に、そこまでの「力量とあたま」がなかったというだけかもしれないけれどwww

もしもこれが、現代日本にあふれる「オトナになりきれない大人」を皮肉ってのことなら、すこしは日野さんを見直すこともできるけど、たぶんそれはないなwww

やっぱり日野さんには「こども騙し」以上のことはできないのだとココロに刻んでおくよ。




で、おなじ「ロボット SF もの」だった『EUREKA SEVEN AO』のこと。

正直、前作はそこまで「おもしろい」という感想ではなかった。放送時間が早朝に変更されたことも「さもありなん」だった。というか、作中でさんざん描かれた「Power of Love」の「圧」が過剰すぎて、引いてしまったということなのだけれどwww

でもまあ、『AO』の舞台が「現代」だというのと、監督のコメント(なにか、とても意味深なことを書いていたような記憶が)を読んで、なんとなく観る気になったわけで。

結果としてみれば、悪くはない作品だった。テンションがどこかおかしなことにもなっていなかったしwww まあ、「完結編」を待てるくらいには好きになったわけ。


でも、想定していたものをかたちにするのは、やっぱりむずかしいのだな、とも思った。

前作はまがりなりにも「4クール」作品であったわけだから、ジックリと腰を据えて、ダイナミックな起伏を加えながら物語を紡ぐことができたのだけれど、今回は「22+1話」しかなかったわけで。(あと何回かはあると踏んでいたのだけれど)

だから、本来、もうすこし尺があれば「物語的な盛り上がりどころ」になったであろう「新事実」が、わりとあっさりと提示されたりという「急ぎ足」が何度か見られたのは残念だった。

結局、毎回毎回、なにか「思わせぶり」なかたちで伏線を仕込んで、それを原動力にしてひっぱっていたのだけれど、それもけっこう地味に回収されていたなー、というか。いや、シークレットにトドメをさすときに流れる劇伴で毎回アガってはいたのだけれど。あれ良い曲だねー。

もしかしたら、毎週 1話ずつ物語を追っていくより、まとめて一気に観ることに適した作品だったのかもしれないと感じた。いや、まだ終わってはいないからなんともいえないけれどさっ。




それにしても、『スマイル』の「中身のなさ」に発狂しそうwww 要はあの 5人に対する「キャラ萌え」で成り立っているだけでしょ? それを除いたら、なにも残らない作品www ほんと、『きら☆デコッ!』と良い勝負www



関連記事
02:54  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/718-4fda52cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |