07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.04.01 (Thu)

[映画] あああアン・ハサウェイだったよ! 白の女王-駄日誌

今更だけど、通っている映画館のポイントカードを作るべきだろうか。でも、なんかムカツクなあ……というわけで、映画を観てきました。



『LIAR GAME The final stage』

ご存じ「スクリーンで観るフジのドラマ」です。まあ、テレビ局がデカイ顔してエーガを撮っているような状況は、日本映画界にとって好くないことかもしれません。あ、それを言ったら「特撮系」もアウトだテレ朝。

でもねー、いちおうテレビシリーズも観てたし、戸田恵梨香さんや松田翔太さんのご尊顔を拝したり、中田ヤスタカさんの音楽を聴いたりできるだけでも意味はあるよな……とか、いろいろ自分に言い訳をしながら観賞。


……うん、まあ、思ったよりも「最初から最後まで」カッチリと作ってありました。ただ、けっこうマンガ(というかジョジョ?)的な「実は~していて形勢逆転」という展開が多かったです。こんな感じの。

1) プレイヤーのなかに、ゲームの流れを支配しようと画策する「その時点での」ボスキャラ的な人物が潜んでいる。
2) ボスキャラの計略にはまり、主人公(直か秋山)ピンチ!
3) ボスキャラ、自分の勝利を確信する。
4) しかし、逆に主人公側の機転の利いた罠にかかり、ボスキャラ敗北。
5) 負けたボスキャラは主人公の味方につく。
6) もっと強力なボスキャラがいることが(それとなく)わかる。

……という展開が3回くらい続くと、「またかよ!」って気分になりますよね。また、同じような演出ばっかでしたし。「お約束感」を煽りたかったのかなあ。

あ、でも、「CMでドラマの流れが途切れない」のは集中力が殺がれなくて良かったです。おはなしの区切り区切りで「連続ドラマ的な繋ぎ方」をしていたのが気になりましたけどね。



『時をかける少女』

筒井康隆大先生が「発明」した傑作(未読だけど)を用いたテッパン企画。とにかくもう、主演の仲里依紗さんがカーワイイ! ふとももがまぶしい。「あんまりあたま良くなさそう(学力とは別の意味で)」な性格の「あかり」も良かったです。


生の役者さんを見ていて「良いなあ」と思うのは、ちょっとしたしぐさや表情が魅力的に映るところです。これを文章で表現するのは難しい。フリーノベルゲームでも、「姿かたち」ならともかく、そういう細かい部分まで描写しているものは少ないんじゃないでしょうか。まあ、ノベルは「読み手が思い浮かべるイメージ」があって、初めて完成するメディアですから、しょうがないですけど。

おはなしもまあ、切なげでビターな気分でそれなりにホロリってな感じでした。……いや、正直「映像作品」のシナリオだと、ヒドいのかそうでないのかがいまいちわからないんです。なんとなーく受け入れてしまう自分がいる。

ただ、「記憶を奪う」ことが「過去(から続く未来)を守る」ことになるのか? とは思いました。……それってきっと「過去とは人の記憶」だからでしょうか。そもそも「電王」のはなしでしょうが。


しかし、せっかく物語の余韻に浸っているときに現れたクレジット、

エグゼクティブプロデューサー:7人
企画プロデューサー: 3人
アソシエイトプロデューサー:2人
プロデューサー:2人

を見て、なぜかユーウツに。あと、最終的に考えて「初対面のオトコのヌードを見てしまった。しかも実の……」というのは2重にイヤですよね。あの年齢ではとくに。


ああでも、父親になんてぜったいに会いたくない!



--- --- ---



ここ最近の『ヘキサゴン』のなかでも、水曜日に放送していた4時間半SPは、まあ酷かったですね。「仲良し家族」が内輪ではしゃいでいるだけで、緊張感もなければ内容もない。ほんと、ホームビデオ以下。もちろん、無駄に長いし。

どうせなら、2008年の「紅白歌合戦」出演を「ゴール」として、全く新しい「III」にでもしてしまえば良かったのに、変なスケベゴコロを出してダラダラ続けているから始末が悪い。旬を過ぎたのが「出演者」なら、それとなーく「取り替えて」ウヤムヤにしてしまうんだろうけど、「番組」の場合はただ腐らせるしかない……というのが「テレビ人」の限界なんでしょうか? まあ、来年はないですね。



関連記事
23:04  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/65-0e2c3966

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |