03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.04.13 (Fri)

Pretty Cure って なんなんなななな-NOTE

「プリキュアって、地上波でもけっこう再放送しているのだな」と思いながら『ふたりはプリキュア!』を観た。まだ序盤の数話だけではあるが。

そもそも「アナログ時代の作品」という時点であたりまえなのだが、最近の「プリキュア」とは、テンポも演出もまったく異なる雰囲気である。これが時代のせいなのか、志のせいなのかは判らない。

というか、『ふたりは』の変身バンクは正直、昨今の「デジタルはではで演出」と比べると「え? こんなん?」という印象である。なんか「みょみょみょ~」って。まあ、比べるものでもないのだが。おなじように再放送していた『フレッシュ』の変身バンクでさえ、画的に物足りない印象であったし。

しかしビックリしたのは(まあ、たまたま序盤だけ・その回だけなのかもしれないが)変身したあとに、いきなり必殺技でケリをつけていたところである。昨今のシリーズでも「消化試合」のように戦闘を済ましている回もあるが、いきなり必殺技というのはほとんどないのではないだろうか。それだけドラマ部分に時間を割いているということなのかもしれないが、個人的に衝撃だった。


とにもかくにも、長く続くシリーズの初期作品は、作品に込められた「精神」が最も純粋に顕在するものである。それは延命のためにテンプレート化されるうちに失われていくものである。

……ということを『ジュエルペット きら☆デコッ!』を観て考えた。というか『サンシャイン』で「ひとつの頂点(別名:おもしろけりゃあ、なんでもあり)」に到達したので、もうてっきりやらないのだと思っていたのだが。

正直、あのオチは個人的によろしくなかった。ある種の「伝統」としての「ダージョさま(=最後は「闇のちから」が絡んでくる)」だったのだろうが、「なんでもあり」が売りの『サンシャイン』では、その部分は無視しても良かったのではないだろうか。

恋愛部分も、とってつけたような印象であったし。しかも、そのとってつけたような恋愛で、すべてを締めてしまったし。なんだかなあ。

……まあ、『サンシャイン』のハチャメチャは、この作品のすべてなので、もう良いのだ。それよりも『きら☆デコッ!』のはなしである。この『きら☆デコッ!』、末期のシリーズ物にありがちな「説明不足」というか「スカスカ気味な密度」というか、かなり不思議な雰囲気であった。これはこれで「味」とも言えるのだが、新しい作品を前にしての「ワクワク感」は薄かった。

それに、オパールが「主要ペット」になったのは良いのだが、かなりイヤな子になってしまっていてショックだった。『サンシャイン』の「卯年の扉」が閉まるのを阻止しようとする回で感動してしまったわたしとしては、とても残念なのである。そもそも「伝説のジュエルペット」だったのになあ……。

それと「ミラーボールがうんたら」「独りでゴーゴーを踊るのが寂しいジュエリーナさま」というはなしなら、テーマ曲は「Disco」風にしてもらいたかった(いや、ゴーゴーはさらに上の世代だろうが)。あの雰囲気が大好きなので。とりあえず、芦田のお嬢さまには一切興味が湧かない。


あと、『ディアマイフューチャー』は……前作よりもまともな導入になっていたのではないだろうかwww とりあえず完全な続編なのだから、もうみんな「Aurora Rising」を跳びまくって、最後にはスタンドバトルみたいになってほしいwww



関連記事
03:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/631-2b7ae3e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |