03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.02.21 (Tue)

I'm Just a Japanese Fake Noveler-NOTE

思いつきで、

・シナリオライターさん
・アートデザイナーさん
・スクリプトライターさん
・コンポーザーさん

…募集! などと言っていたことの顛末。



More ......



アヤメさんの Twitter で、最近彼が retweet した tweet で取り上げられている記事の学生に対しての「厳しい」指摘は、わたしにも大いに当てはまる部分がある。

つまりは「本当に、モノづくりがしたい人は、ひとりで作り始めています。絵を描いたり、曲を作ったり、ゲーム作ったり、映画を撮る人も居る。これは衝動であり、技術がないからやらない、仲間がいないからやらないとかそういうものではないです」「つまりこの学生は、ほんとはモノづくりなんかしたくないんです。ただモノづくりに憧れてるだけ」というところが、だ。


確かに、ほとんどの製作者はひとりきりで作品を製作している。自分の作品をかたちにする、あるいは「トドメをさす」ことができるのは、結局は自分でしかないからだ。

そもそも、他の表現者……「絵」や「曲」を生み出す「衝動」を抱いている人間のことである……の方の「作品」を借り受けようとするのならば、やはり、その表現者がともに作品をかたちにすることに「価値」を見出せるような、確かな「実績」がなければならないだろう。

それは、フリゲ製作を始めたころは独りですべてやっていた製作者が、作品を重ねるうちに、だんだんと「協力者」を得て、生み出す作品の質を向上させていくことを例にとれば判りやすい。

完成した作品は、いわば製作者自身を表す「証明書」であり、そこになにか光るもの、感じるものがなければ、表現者が好意を持ち集まってくることもない。彼らも自分の人生の「ある割合」を、自らの創作活動に賭けているのだから。

そういう意味では、サークルを自ら主催し作品を作り続けている「Semmy」にも、わたしは劣っていると言わざるを得ない(はなしは逸れるが、彼が最近記したサークル運営に関してのコラムにとても興味がある。個人的には、「Semmy」が記す「特定の得意分野」、思想やオカルトを離れた技術的なはなしは、まだ読めなくもないと思っているのだが、アク禁を解くつもりはないらしい)。


あるいは、有尾さんへの勧誘に関しても、おなじことが言える。

「いっしょにゲームを作りませんか」といった漠然としたはなしではなく、有尾さんの負担にならないようなかたち……例えば「原案」を書いてもらうとか、「監修」といったかたちでわたしが書いたものに指摘を入れてもらうとか……のなかで、なおかつ、有尾さんの「伝えたい想い」や「思考のエッセンス」をきちんと受け止め、責任を持ってかたちにできるような具体的な構想を示すことができないのであれば、共同制作を申し出るべきではない。

ここでも、重要なのは信頼に値する「結果」である。「作品」という確固たる「結果」がなければ、他人さまを動かし、従えることはできないのだ。


結局のところ、自分以外の表現者の助力を得るためには「価値のある製作者」になるしかない。そしてそれは、「やるか」「やらないか」の差でしかないのだ。……ということを考えさせられる記事だった。やはり「プロ」のことばは重い。




おまけ:

基本的に、気に入った曲を延々リピートして聴き倒すのが好きなので、Album の構成や、全体としての出来の良し悪しなどがいまいち解らない、薄っぺらい「音楽観」しか持ち合わせていないわたしではあるが、それでも何枚かは「これはぜんぶ良い!」と思える Album に出逢う機会はある。


すこし挙げてみると、

「黒夢」の『FAKE STAR: I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER
「より子。」の『Aizenaha
「Tommy february6」の『Tommy february6
「Eminem」の『Relapse

といったところである。


もちろん、このエントリのタイトルは「黒夢」の Album 名をもじっているだけであって、別にわたしが「思い上がっている」というわけではない。

あと、「でんぱ組 .Inc !」も良い感じだよねっ!



関連記事
04:12  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

集団で創作するためのノウハウ

幾つか質問しますね。

1.シナリオ・グラフィック・スクリプトのメンバーを募集されているようですね。あなたの役割と、これまでの実績、完成させたサウンドノベル作品、完成させた小説、関わった作品を表記してください。また、予算を明記してください。ないなら、ないと明記してください。

2.音楽は借り物ということですね。物語に分岐はありますか?(シナリオライター、スクリプターの両方に関係します)

3.メンバー募集の理由を教えてください。要するに、どうして企画を実現したいはずのあなたがシナリオを書かず、しかもスクリプトを組むつもりがないのかの理由です。サウンドノベル程度ならば、高度なスクリプトは必要としません。絵を描けないというのはある程度は仕方ありません。しかし、見栄えを気にするのでないならば、あなたが描けるはずです。つまり、どの仕事もあなたがしない理由を明確にしてください。

4.規模(プレイ時間、CG枚数など)と想定している開発期間を教えてください。

5.完成の際、作品はどのように扱われるのですか?(販売、無償配布、非公開など) それぞれのメンバーの権利を明確にしてください。あなたが公開の権利を主張するのか、サウンドノベルということでシナリオライターが権利を得るのかなどです。

6.このブログの訪問者は1日平均何人ですか?

この質問の1~5はそのまま集団で創作するためのノウハウのヒントにもなっています。お役に立ててください。
使い魔 |  2011.11.25(金) 21:48 | URL |  【編集】

どうも、こんにちは。

申し訳ない。
すごく楽しそうだし、心惹かれるものはあるのですが、たぶん中途半端に参加しますと言っても投げ出してしまいそうなので。

内容や目標がどうこうということでは全くなく、最後までやりきれる自身のない、俺の方の問題なのです。
きっと、参加しますと言っても、設定を考えているうちは楽しいと思うけど、後から忙しくなって情熱がしぼんでしまうと思うのです。

しかしながら、お誘いくださりありがとうございます。
ゲームを作るなら、是非がんばってください。
有尾 |  2011.11.27(日) 22:38 | URL |  【編集】

使い魔さん

はじめまして。丁寧なご指摘をくださり、ありがとうございます。


1.
確かに、実績を明確にしなければ参加希望者の方も困ってしまいますね。

わたしに関していえば、現時点での実績はゼロです。思いつきでサークルとか言い出して、なんだかすみません。


2.
いえ、ほんとうは音楽担当の方もいてほしいのですが、役職名をなんと表記すれば良いのかが判らなかったので、書きませんでした。背景音楽は大事ですよね。

分岐はあったりなかったり、タイトルによって違うと思います。具体的にまとまっていなくてすみません。


3.
すみません。ノリでいろいろと書いてしまいました。

確かに、すべての要素を自分でまかなおうとすればできなくはないのですが、より専門的な人材を投入して、楽に(自分の負担を減らして)作品の完成度を上げられないかなー、とか、やましいことを考えてしまいました。すみません。


4.
これもまったく決まっていません。すみません。


5.
完成した作品は無償配布になると思います。金銭が絡まない場合は、作品の権利等はサークル(の主催者?)が持つことになるのが一般的ではないかと思うのですが、実際のサークル運営では違うのでしょうか?


6.
この Blog のユニークアクセスは、1日「30」前後、ひと月だと「1,000」を越えるか越えないかくらいです。やはり、アクセス数が多いほうがサークル運営にとって都合が良いのでしょうか?



ほとんど企画が纏まっていない状態で「サークル活動!」とか、思いつきで書いてしまって、なんだか恥ずかしくなってきますね。しばらくは地道に個人で活動することにします。

いろいろとご指摘いただき、ほんとうにありがとうございした。またなにかありましたら、よろしくお願いします。
akino |  2011.11.27(日) 23:42 | URL |  【編集】

有尾さん

コメントありがとうございます。


いえいえ、無理なお願いをしてしまって、こちらこそ申し訳ないです。

使い魔さんに指摘されたとおり、「サークルの活動」として作品を製作するのは不可能なくらい、まったくの準備不足の状態なので、逆に思いつきでお誘いしてしまったことのほうが間違いでした。すみません。

とりあえずは、地道な個人活動で実績を積んで、そのうえでサークル活動に手を出すのが現実的だと思い知らされたので、独りでがんばってみます。


ただ、公開前の作品を事前に読んで感想をいただく……くらいのことはお願いできますでしょうか? それがいつになるのかは判りませんがwww
akino |  2011.11.28(月) 00:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/585-c76e74c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |