08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.06.24 (Sat)

なんにせよ 死ぬとき は死ぬ-NOTE

最近、生きているもののほうが「いのちの夢」を見ているのではないか? と考える。


つまり、わたしたちの人生こそが短い夢で、いずれは死へと「目覚めていく」のではないかと。


そうすると、例えば幽霊なんかも、死を「有が無に転ずるもの」と捉えるからおかしくなるのであって、単に寝起きが悪いだけだとすれば、なんとなく納得できる……気もする。


とはいえ、生きているうちは生きているものとしての物の見方しかできない (墓も葬式も生きているもののためにある) し、真実がどちらであるにせよ、生きているものにはどうでも良いことではあるのだが。



関連記事
00:44  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/1335-6b351d4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |