03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.06.15 (Wed)

「正義」を貫き通す RPG-NOTE

最近、PS3 版の『Tales of Vesperia』をやっている。


で、思ったのだけれど、「主人公の正当性を表すためだけに登場する悪党」って手法、嫌いだわ。

別に、世のなかには悪い人もいるということを否定したいわけではないのだけれど、危険な人間的魅力もない、性格が悪いだけの薄っぺらいキャラを主人公が倒すなんて展開のなにが面白いのか。


そもそも、ラゴウ暗殺したり、キュモール見殺しにしたりしたのって、そこまで社会に影響を与えられることだったのだろうか?

そのさらに上の黒幕であるアレクセイが自滅して (悪の芽が取り除かれて) その後、徳の高いヨーデルが皇帝になるなら帝国も良くなるんじゃね? みたいなオチ、というか「世界滅亡の危機の前では、帝国内のゴタゴタなんて大したことではない」といういつものパターンに持って行かれてなんだかなあ、という。

そうするのなら、別にユーリを仕事人に仕立てあげなくても、もっと他のカタチでの成長の描き方があったのではないの?

「帝国の法は腐っているし、あれだけの悪党だったし仕方ない!」ってみんな納得しているあたり、(制作者の) 言い訳がましくて嫌だわ。ユーリも自分の行いについて悩んでいるとはいえどもね。

そういえば、原作小説のジェームズ・ボンドは自分が「仕事でやってきたこと」で悩んだ末に鬱状態になるそうだ。ユーリの精神力はボンド以上なのか……。



なんかテイルズって、リアルなテーマを扱っているようで、その実、現実世界の実情をまったく汲み取れていないことが多くて疲れる。

あと、「みんな仲良くできれば良いね」がテーマのひとつであるはずなのに、ユーリやジュディスやリタが、やたら他人 (主にそこらへんのモブ) を煽るような物言いをしているのもマイナス。


まあでも、TOV が「サービスの行き届いたテイルズ」であることには違いないのだけれどね。いま二周目だよ。







数々の不手際からの歴史的大炎上で死刑宣告された『ゼスティリア』の後、その続編で最新作である『ベルセリア』に期待している人なんかいるの? という声をネットでは良く聞くのだけれど、それが実際いるのよ……。

ガチのファンってスゴイな、ってほんと思うわ……。



関連記事
01:19  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/1240-8a6d5bb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |