05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.02.24 (Wed)

無責任の楽園より-NOTE

本当に Free Novel Game を文化にしたいのなら、やっぱり、制作者が作品公開の意志を放棄した時点で無断転載、というか copy and upload ができるようにする必要がある。

少なくとも、「一般の書店では取り扱っていなくても、古書店を巡っていればなんとか手に入る」くらいの環境にはしておかなければならないだろう。

実物がなければレビューなんてどれだけあっても意味ないし、友人間で copy してあげるくらいの規模では間に合わない。

だからこそ、フリゲ界全体の財産として、より多くの人の手に、より長い期間を経ても届くようにしなければならないのではないか。



とはいっても、先日も書いたとおり、制作者なんてナイーブな人ばかりだから、期待なんてできないのだけれども。

「著作権」? 「忘れられる権利」? 知らん。


結局、著作権って「著作物が利益を生むから」規定されているだけのことなのだよなー。

実際に著作権が切れた作品の作者さんが草葉の陰から「わたしの作品を勝手に利用したら殺す」と脅してきても、関係ないわけだからね。

別に、著作権を否定するわけではないけれど、必ずしも高潔な精神の産物ってわけでもないよねー。




関連記事
02:41  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

れんれん堂ノベルもダウンロードできなくなるケース多いですもんねえ。
れんれん堂の人もディスられたとか気にせず創作すればいいんですけどねえ。
ゴミみたいな人の言葉にイチイチ傷つく必要もないと思いますわ。
 |  2016.02.24(水) 09:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/1192-a7eef0f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |