07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.09.29 (Tue)

立ち向かうのは 唯ひとり!-NOTE

『仮面ライダードライブ』、終わったねー。

まあ、わたしのなかではチェイスが死んだ時点で「最終回!」だったので、あまり感慨はなかった。

というのは、はんぶん冗談なのだけれど、ブレンが死んだところでオチが想像でき、チェイスが死んだ回でそれが確信に変わったので、消化試合のような気分になったことは事実だった。あれだけ熱苦しい展開だったのに。

でも、じゃあ例えば『W / double』や『強竜者』となにが違うのだといわれればなにが違うのだろうと考えてみると、やっぱり「仮面ライダーで刑事もの」に違和感があったのかもしれない。

なんというか、特撮ヒーローという「ファンタジィ世界の住人」に警察というリアルな要素を足したとしても、大して面白く見えないというか。

(とはいえ、あるまとめ Blog を読んでいたら、『ドライブ』の警察組織の描き方が「ファンタジィすぎ!」と憤っている人がいたので、どちらともいえない中途半端なものだったのかもしれない)


あと、これは他の特撮作品でもいえることなのだけれど、単純な勧善懲悪が成り立たない時代だとはいえ、主人公と敵幹部とが、あまりにお近づきになりすぎてしまうというのも、気持ちの良いものではない。

「いままでやってきた悪事はなんだったの?」というゲンナリ感。とはいえ、ゴルドドライブのような、ただの性格破綻者も、それはそれでアレ。(ハートさまに欠けていた悪人成分をすべて注ぎ込むと、当然ああなる、と嘆息)

もちろん、敵幹部まで魅力的に描いてもらうのはありがたいことなのだけれど。



で、結局『ゴースト』の予告を観てテンションを上げているという。

ユルセンの画像を始めて見たとき、「口がいらない」と思ったのだけれど、あの性格なら良いのかな。

あと、ドライバーのなかにも口があるのだよねー。ただのデカくて白い棺桶みたいなものではなく。

(ドライバー自体のギミックが地味だと、代わりに良く喋るようになる、という妄想。バッチリミナー! カイガン! 覚悟!)



関連記事
02:16  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/1154-6019f02c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |