06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.07.30 (Thu)

『 ななつぼし 』-mere impressions #037

nss37a

nss37b





題名:ななつぼし (1 of 7)
制作:デジタルノベル普及の会
入手:デジタルノベル普及の会 公開フリーゲーム一覧 by ふりーむ!
種別:Anthology

評価:本文参照



More ......





nss37d





はじめに



『ななつぼし』の公開後、たった十日で (キレイに作った) 特設ページ含め、サイト内のすべてにアクセスできないようにしてしまうのは無責任ではないの?

せめて、閉鎖に至る経緯を top に載せたまま、一ヶ月ほど放置するくらいの猶予があっても良いだろうに。

別に、検索かければ三秒で twitter にたどり着いて閉鎖したことは確認できるし、あるいはフリゲ紹介サイトに作品のページが残っているのだから問題ないだろう、ということなのかもしれないけれど、「デジタルノベルを広く世のなかに普及させる」と謳いながら、結局、他人のことなど目に入っていないのか、と不信感が拭えない。

こういうことをするから、フリゲ制作者はいまいち信用できないのだ。







nss37e





序章 ( NaGISA )



こんな文章、三分もまともに読んでられねーわ!

(『GATCHAMAN CROWDS insight』の OP でも挟まなければやってられないwww)


高田純次さんが『情熱大陸』で「年寄りがやりがちな『説教』『自慢話』『昔話』はダサい (だから俺はエロ話しかしないんだ) 」と人生哲学を語っていたことを思い出さずにはいられない、(姑の小言にも似た) 瘴気に汚染されたかのような理屈と、それに沿ったキャラクタメイク。

さらに毎度のことながら、セリフ回しは陳腐で「リアル系人型ロボット」から感じる類の不自然さがあり、しかも妙にオタク文化に詳しくなった分だけ軽薄。

「掴み」の共通ルートのくせに、なんじゃこのストレス。見るに耐えない。

「解答用紙と正答とを照らし合わせて採点する、ある意味での単純作業」めいたレビュー記事は上手く書けたとしても、それ以上の「創造的な文章」を紡ぎ出す力量は、この人にはない……ということを 取り巻き 友人の誰かが教えてあげるべきなんじゃねーの?

評価:★☆☆ 1



関連記事
00:33  |  +ちらし のうら かんそうぶん  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

れんれん堂のJasmineさんはフリゲ制作者、つまりJasmineさんは信用出来ない? あれ? あんなに親しげに話掛けてたのに裏では信用してなかったんだー>フリゲ制作者はいまいち信用できないのだ。
とかいう冗談は置いといて主語でかくするのやめたらどうですか?
なんか理念語ってるようなフリゲ制作者とかNaGISAさんの息の掛かったフリゲ制作者は信用ならないと言わないといけないんじゃないですか?
フリゲ制作者だっていろんな人がいて全部が全部信用出来ない人ではないでしょう。
それともフリゲ制作者の全般ってフリゲの地位向上とか言ってるくせに責任感ないよなーとかそういう話でしょうか?
でも今回の場合一応作品は出したんだし出る出る詐欺やってるあなたよりは大分ましだと思いますが。
もともとデジタルノベル普及の会が胡散臭くて信用度も高くなかったし、あのサイトに期待してる人なんてほとんどいなかったから無責任とは言うけど、責任を取る相手っておそらくいないかと思います。
閉鎖した理由も合作ゲーム作るのが思いの外大変でゲーム出てもそんなに話題に登らなくて会を続けていくのも虚しいって思って、閉鎖したんだと思いますよ。
本人に直接聞いたわけじゃないから憶測ですが。あの会は実質Y-Fさんのワンマン企画だったからめんどくさくなってやめちゃったんでしょうね。
確かに普及の会に問題点があったということはそのとおりだと思いますがそれとゲームの評価は関係ないのでは?
別記事立てて普及の会の問題点を批判すればよかったのでは?
 |  2015.07.31(金) 19:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/1129-46aa4a51

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |