07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.06.27 (Fri)

橋本環奈って 確かにティーン受けしそうな 美人さんやな-NOTE

ただ、『GF (仮)』のアレは「いま話題のタレントさんを当てはめました感」が強くて、ありがたみもなにもあったもんじゃない、というか。「顔の描き分け」とか、すでに死語になっているのかな、というか。(「萌え」はクローン軍団だから……)

千年前に思いを馳せるような容貌なのか。グループ名が読めない。どうでも良いけれど。




Jasmine さん。茉莉花 さん。……まちゅりー さん?

新作の結末。そういうことでしたか。でも、書き手が思わず物語に入り込んでしまうほどって、なかなか可能性を感じさせる作品という風にも取れますね。


『目隠しの闇』、最初このタイトルだけ読んだときには「まあ、どんな作品なのでしょう」と思ったのに、「厨二全開の異能もの」と聞いて苦笑いというか。いや、別にその内容が悪いというわけではないです。ギャップ萌えです。

『空色楽器』や『去離の月』、『終章残華 (仮)』といった Jasmine さんの造語センス、大好きです。淡い印象というか、どこか透明感がある。それでいて「でも厨二かよ」というね。G-A-P !!

ノリ重視だと、要するに書き手のなかだけで完結するような文章になりがちだから、読み手に伝わらないのはしかたがない部分はありますね。でも「相手にわかり良く」と気張ると説明的でクドくなってしまうし。バランスですかねー。


『どきどきポヤッチオ』! わたし攻略本だけ持ってますwww むかしの趣味の名残りwww

あれは競うという意味での「ゲーム」というよりかは、「コミュニケーション・シミュレータ」って感じみたいですね。ひとくちに「ゲーム」といっても、さまざまな枝葉があるものなのですね。


わたしも買った本、あまり読まないかもしれないです。書店で本に囲まれているときってテンションがおかしいのですかね。ある程度、内容を把握した上で買ったりもしますし。(ゲームは値段が値段ですし、元を取る気マンマンなので、あまり積んだりはしないのですが)

「人生を浪費している敗北 (背徳?) 感」もそのとおりというか。前々回の World Cup くらいの頃に戻れればなあ。あのときまだ 20 代前半やったっちゅーねん!www

でも、Jasmine さんの、おそらく触りもしないのであろう PS4 のためにやりくりしているところとか、料理をガンバっているところとか、その一生懸命さにあたまが下がりますけれどね。もっとロクでもないのもいるよ。ここにいるよ。というかwww


そういえば Jasmine さん、高校は神奈川だったのですね。いいなー。近くて遠い県、神奈川。観光で行くとこ、神奈川。カントーの雄。

その後は東京暮らしもしていたそうですし、「遠くにありて想うもの」にヘバりついているものとしてはウラヤマというか。

「TDL にそこそこ近い」といっても、独りじゃ地獄のようなところだ SEA www



関連記事
02:25  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog104.fc2.com/tb.php/1007-cdeaec9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |