03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.04.17 (Wed)

1cm だって構わない

とはいえ、わたし自身もまったく善良とはいえない。

自分は落伍者のくせに (落伍者だから) 弱者に対して憎しみに似た感情を抱くこともある。

しかし落伍者であるからこそ、社会的強者の顔をする気はないのである。






人間の心は常に善と悪の狭間にある。ここまで単純ではない。



01:12  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2019.04.17 (Wed)

理想の潰えた国で

以前、「人間はインターネットによってある種の平等を得たが、せっかく手に入れた権利を持て余し、あるいはそれを憎みもし、いまでは他人の人権を奪い取ることに躍起になっている」というような指摘を目にしたことがある。
















NaGISA 氏は奥様のご病気のこともあって、その当事者としての苦労、心中察するが、だからといって「ワタシの妻こそが『本物』のメンヘラである!(あいつらは嘘つき!) 」などと言うべきではない。

NaGISA 氏が「ファッション」と非難する相手が、しかし、どのような運命を背負って人生を送っているかわからないからである。彼が「自分に酔っている」と嘲る相手もまた「なにかと戦い」「なんとか社会生活を送っている」のかもしれない。上辺の印象だけでは、他人の人生などわからない。

ここにあるのは結局、正義を装った弱者の切り捨てではないか。



世のなかの人は皆、かんたんに「想像力を働かせろ」という。

しかし、(わたしも含め) 多くの凡人の想像力にはやはり限界がある。そしてわたしたち凡人は、自分の想像力が届く範囲、それを超えた先にある世界の事柄に関して、しばしば無理解になる。

無理解は断罪や私刑を呼び、やがて排除につながるだろう。なにも特別なことではない。上記の tweet を見ると良い。



なるほど、冒頭の指摘は正しかったのである。



00:48  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |