12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019.01.16 (Wed)

それぞれの響き

そういえば、mei さんが PC を新調したとのことなので、もしかしたら今年、れんれん堂の新作が読めるかもしれないよ! やったネ!



おそらく大先生のような嗜好の持ち主からすると、れんれん堂の作品群は「娯楽読み物としての完成度が低いポエムもどき」にでも映るのだろうが、わたしはずっと、そのことば選びの感性に凡庸ならざるものを感じていた。それこそ「正しい日本語」にこだわっていては見過ごしてしまう輝きを。



そしてなにより mei さんの「書きたいから書く」というシンプルな欲求が小気味好い。

例え自分の作品が酷評されようとも泣き言もなく……いや、けっこう傷ついてはいるが、それしきの挫折では mei さんの情熱はかき消されないのである。

とにかく書き続ける。外部に向けた下心はほとんどない。そこが良い。



mei さんと友人になれて、わたしは幸福だ。

そして、せめて彼女の創作意欲の一割分だけでも、わたしにあればなあ……。



01:28  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2019.01.16 (Wed)

退かざる者







大先生がほんとうになんの下心もなく、ただ楽しいだけでレビュー活動をしているというのなら、まあ、それはそれで良いのかなー、と思わなくもない。1mm くらいは。









イエスマン フォロワーが増えて良かったね……。







このように大先生、「流行に逆らう俺 (あるいは、個性が明確に確立されている俺) 」を必死にアピールするものの、言動の端々に現れる「善を行使しているのだから自分は正しい」という傲慢な思い込みはまさに戦後日本の小市民根性そのままであり、その点でも、本人の好みとおなじように「王道」を (右に傾きながら) 歩んでるといえる。

そこもまた、彼に親しみを持つ一因なのだろうな。みんな善良なのだ、ただ単に。



01:18  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2019.01.16 (Wed)

☆3 と☆4 の体感出現率が ほぼおなじという……



左から「イベント報酬3・4・4・3・4」「弁慶・女神・長靴をはいた猫・騎士・女神」
ReLive_01




少女☆歌劇 レビュースタァライト -ReLive-』です。

イベント三つ分ほどプレイしてみての感想です。


まず (screen shot のとおり) キャタクタの 3D モデルの出来が良いです。

表情のパターンもありますし、クライマックス ACT (必殺技) の演出も芸が細かい。

人によっては甘すぎるルックかもしれませんが、『DFFOO』の 3D モデルに若干の不満がある (お顔が……) わたしとしては、これくらいでも良いのかな、と思います。

この等身でもきょにゅーを出してくるのはもうアレですが。



ただ、ツラい部分もあります。まずはガチャ。

このゲームでは「舞台少女」(戦闘に出撃させるユニット。おなじ人物でも舞台の配役がそれぞれ別個のユニットとして用意されている)と「メモワール」(舞台少女毎にひとつ装備させられる強化パーツ)とがおなじガチャに入っているのですが、舞台少女がまーあ出ません。

いちおう、すべての舞台少女が最高レアリティの☆ 6 まで成長させられる上に、レアリティをあげるのに複数の舞台少女を必要としない (二体目以降は交換アイテムに変換される) のは、おなじアイテムやキャラクタを出し続けないと充分な強化が出来ない他のゲームアプリよりかは良心的に思えますが、その分、ガチャでの出現率は低いです。

確かに、いまはまだ舞台少女の数そのものが多いわけではないので、仮に「☆3 以上の舞台少女確定」枠を設けてしまうと、かんたんに舞台少女を集められてしまう (しかもそれぞれ一体いれば事足りる) でしょう。それではゲームの寿命を縮めることになりかねないので、わざと絞っているのだろうと推測はできます。その意図はわかるのです。

しかし、メモワールだらけの10連ガチャが続くと、さすがにあたまを抱えてしまいます。いくらたくさん出るといっても、このゲームのチーム編成にはコスト制限があるので、レアリティの高いメモワールはそうかんたんには積めません。

いちおう、100 連以内に☆4 が必ず獲得できる天井がつきましたが、それも 100 連なので……。まあ、育成にもけっこう時間と労力がかかるので、どちらかといえば舞台少女それぞれに愛着を持ってほしいのかもしれませんね。



それと、イベントがどんどん鬼周回になってきています。そのわりに仕様変更でスタミナが回復しにくくなり (いや、以前はあまりにも溜まりやすくて回復のタイマーが必要ないくらいでしたが) ……。

イベント報酬の舞台少女は (いまのところ) イベントの期間内でしかレアリティを上げられないので、またやる気が殺がれるという。


まだリリースされてからそれほど経っていないので、これからどうなるのかはわかりませんが、いまはこのような感じです。



00:36  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |