06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.07.28 (Sat)

男の子は お姫様には ならないんじゃないかな

『HUGっと! プリキュア』の第 25 話を観ていて思ったのですが。

仮面ライダーの「改造人間」はダメでも、プリキュアで「改造手術」をするのは Okay なのですね。

ハムスター相手になのですが。



あと、クライアス社って、未来からやってきたのでしたっけ?

もしそうなら、社長は野乃はなの子孫とかだったら面白いのになあ。

未来に復讐されるという。



01:23  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.28 (Sat)

若奥様

実写版『BLEACH』。

福士蒼汰さんと吉沢亮さんに目がいっていましたが、真野恵里菜さんも『フォーゼ』に出演していましたね。

そして、その仕事ぶりに触発された工藤遥さんが、まのえりに「わたしもやりたいんですよねー」と相談したことが、現在のレパンイエローにつながっているのですから、なにか時の移り変わりを感じますね。


『レパンレンジャー VS パトレンジャー』、面白いなあ!



01:12  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.27 (Fri)

黄色くて大きいモビルスーツではない

9 月からの新番組、『仮面ライダージオウ』。詳細は website を見てもらうとして。


思い返してみれば、仮面ライダーの平成一期は、「仮面ライダー」という単語をあえて使わないことで、新時代のヒーロー像を描きだそうとしていた。(だからこそ『剣』の「職業:仮面ライダー」も際立った)

一方、実質『ディケイド』から始まった平成二期は、むしろ最初に「仮面ライダー (つまりヒーロー) 」であることを宣言した上で、各々が独自の個性をどう出すか? という方向にシフトしていったように思う。(そうすると逆に、「魔法使い」を貫いた『ウィザード』が際立つ)


そして今年、平成と次代をつなぐ使命を背負った戦士は顔面に「カメンライダー」と刻印されるまでに至った。

これはもはや、公式が仮面ライダーの「パロディ」に走ったかのようである。

はたして『ジオウ』(「次代の王」にして「時の王」)は仮面ライダーにおける『キュウレンジャー』(チャレンジ失敗!)になるのか、はたまた『ルパン VS パト』(チャレンジ成功!)になるのか。



というか、複眼のなかに「ライダー」と書いてあればあまり気にならなそうなのですが、複眼自体が「ライダー」のかたちだと、どうしても気になってしまいますね。日本人だから「日本語が書いてある」と脳が認識してしまう。

たぶん、日本語を知らない外国人のほうがデザイインとして素直に受け入れられるのではないでしょうか。例えばアラビア語で「ライダー」だったら、誰も気がつかないかもしれません。


それにしても、「過去のライダーを使いましょう!」という企画、言うは易し行うは難しなのは『ディケイド』で経験済みのはず。(作品自体は好きでも、戦略的には疑問符がつく出来だった)

いったいどう転ぶことやら……。




21:11  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.27 (Fri)

スマートフォン向けゲームアプリ 体感ガチャ感想 2

gacha11

gacha12


リーチが短めで扱いづらい性能ですが、可愛いので問題ありません。




ららマジ ホニャららMAGIC

今回はこの、ちょっとふざけた名前の RPG です。連想できないかもしれませんが「音楽」をテーマにしています。

ある中高一貫の学園が舞台で、そのなかの女子ばかりが部員の器楽部に「調律師」として入部した主人公が、しゃべる不思議なネコ「ホニャ」に導かれ、精神世界に巣食う「ノイズ」という敵と戦っていく物語になっています。

実際にノイズと戦うのは器楽部員の女の子たちですが。しかも魔法少女になって、自分の担当楽器を剣や槍や銃や弓やその他いろいろに変えて。あと、あきらかにスタンドで攻撃している子もいます。



ガチャを回すために必要な、らら石 (ゲーム内通貨) の配布量は多めです。

デイリーミッションが易しめで、割引ガチャやステップアップガチャも頻繁に開催されるので、コツコツらら石を貯めてタイミングを見測れば、わりとたくさんガチャを回すことができるでしょう。


ただそのかわり、最高レアリティである☆ 5 のドレスはなかなか出ません!

いちおうイベントをがんばっていけば、月一で☆ 5 確定ガチャチケットが獲得できるようにはなりましたが、それも期間限定ドレスを除く常駐ドレスのみが対象ですので、数を揃えていくと、いずれ被る可能性が高まります。

このゲームはおなじドレスを複数所持することができず、二枚目以降は最大レベルの上限突破用のアイテムに変換されるのですが、ほんとうにそれだけなので、被りが出るとものすごく損をした気分になるのです。


正直、確定枠以外で☆ 5 を獲得できる可能性は低めです。わたしは、あまり期待せずに回して「やっぱりな」と思うことにしています。


あと、水瀬いのりさんが出演しています。



02:14  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.27 (Fri)

スマートフォン向けゲームアプリ 体感ガチャ感想 1

スマートフォン向けゲームアプリにおけるガチャ (ゲームによって呼称がさまざまですが、ここでは「ガチャ」で統一します) は、運営側には売り上げを、プレイヤー側にはモチベーションを与え、ゲームの難易度にも大きく影響する重要な要素です。

リアルマネーが絡むため、ガチャに対する印象は人それぞれでしょうが、とりあえずここでは通常のゲーム進行の範囲内での個人的なガチャの感想を挙げていきたいと思います。

(ガチャは所詮、アタリが出るまでお金を突っ込めば「確率 100%」のデスゲームなので)






gacha08

gacha09

gacha10


「パズルの手数を獲得する」スキルが強力で、これの有無で難易度が変わってきます。




欅のキセキ

わたしはもともと『18』というパズルゲームを遊んでいましたが、これがいまどきめずらしい「札束力が物を言う」タイプのゲームで、例えば「購入分夢ドロップ限定一連、100 回目にボーナス」などを平気でするため、微課金ていどではついていけなくなり、ほとんどログインボーナスを受け取るのみになってしまいました。

(いちおう、最高レアリティが出やすくはなったようなのですが、焼け石に水というか)

そんなときに出会ったのがこのアプリでした。都合良く性転換されたキャラクタ (『18』では良くあることです) を追うのなら、現実のアイドルでも良いかな、と。



ガチャを回すために必要なダイヤ (ゲーム内通貨) の配布量は多めです。

特別なログインボーナスも頻繁にありますし、イベントで出現する限定ステージをすべてクリアして、ポイントもそれなりに稼げば、プレミアムガチャやイベントガチャの更新を追っていくことは可能です。

もちろん、自分の推しメンバーのカードは必ず手に入れたいという決意があるならまったく足りませんが、特にこだわりを持たなければこれで充分でしょう。


最高レアリティである☆ 5 カードもほどよく出る印象です。

ただ、ステップアップや購入分ダイヤ限定 11 連の確定枠に誘導したいからなのか、ガチャのメインである新☆ 5 カードはなかなか出ないかもしれません。思いがけない確率からすっ飛んでくる場合が多いです。


それと、ガチャからは離れますが、最近イベント報酬があきらかスケールダウンしました!

以前はイベントの各話を完全クリアすると報酬☆ 5 が獲得できましたが、いまはそれもなし、イベントポイントで入手できる報酬☆ 5 も条件が厳しくなりました。

まあ、新規カードのために写真を撮影してボイスを収録して……という手間を考えると、以前が豪勢に飛ばしすぎていたようにも思えるので、いまのほうが妥当といえば妥当なのかもしれませんが。

また、それと時をおなじくして、特定のガチャにおいて「各メンバー 46 枚限定サイン・シリアルナンバー入り (確率 1.4%) 」という、あからさまにあからさまな射幸心を煽りまくりの新カードが登場しましたが、無視の境地で対応しましょう。



01:30  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.27 (Fri)

緑が少ない

TALES OF THE RAYS
gacha01

gacha02

gacha03

gacha04


ようやくクロエの魔鏡が出たので気分が良いです。

他人の悪口をいう気になれません。






欅のキセキ
gacha05

gacha06

gacha07


石森長沢東村丹生……。

STEP 3 はどうしようかなあ。



01:13  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.25 (Wed)

違いがわからぬ




大先生にはせめて、わたしが挙げたゲームアプリの画面を確認してほしいですね。

確かに縦画面のゲームは肘が当たっていることもありますが、横画面はそこまで違和感なく並んでいるように見えるけれどなあ。

そんなに立ち絵の距離感が気になるなら、『DFFOO』『THE RAYS』のように 3D モデルにお芝居してもらうくらいのことをすれば良いし、一枚絵の構図は絵師さんの技術でカバーできるのでは、と。

もっと根本的なことをいえば、ここまで映像作品的なカットシーンが充実してきた昨今のゲーム業界においては「立ち絵が正面を向いて横一列に並んで……」という手法自体が時代遅れになりつつあるのではないの? というか。

正直、ヴィジュアル面における大先生の懸念は、あまりクリティカルではないような。お得意の思い込みかな?



ただ、テキストの表示領域は、どれもけっこう狭めにデザインされていますね。余白が多すぎるくらい。

画面の端から端までズラズラと文章が表示されることはないので、この点は大先生の感覚が正しい。

制作者の気遣いが必要になる部分ですね。



02:12  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.25 (Wed)

コメントありがとうございます #483










Mac ユーザーで SEGA ファン……。

「選民思想」と「強いこだわり」と「老人特有の頑固さ」の三身合体ですね。強い仲魔はできるかな?




はじめましてさん、はじめまして。コメントありがとうございます。


印象操作はビックリしましたね。

もしかしたら「自分の周りでは 800x600 まだ人気あるよ!」という意図なのかもしれないし、tweet した瞬間にはブッチギリで勝っていたのかもしれませんが、投票結果と併せてみるとギャグでしかないという……。


確かに「新しいものが正しい!」といってしまうのもまた短絡的ですが、しかし、ゲームの画面が横長になることが、それほどの重大事なのでしょうか。

そもそも、機械類の機能やスペックが変化していくのは、ある意味で「自然の摂理」ともいえるわけです。大先生はそれを「流行り」で済ましたいようですが……。ダイナミックな時代の流れについていけないのでしょうか。

わたしよりもっと下の、物心ついたときからスマートフォンが手元にあった世代からしてみれば、大先生の憎しみはナンセンスですよ。それこそ老害レベル。

フリーノベルゲームは「老人会」ばかりが回しているわけではないことに、気がついてほしいですね。



それと、解像度の高いディスプレイを使っていると、800x600 はすこし物足りない印象があるのですよね。640x480 はもう小窓ですから。

だから、個人的にはワイド画面はありがたいです。根が単純なので大きい画面のが嬉しい。



01:58  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.25 (Wed)

恥じらい

新しい知識を得るごとに、むしろどんどんと自信を失っていくようだ。



世界は広く人間は深い。



今日の自分は常に明日の自分に嘲笑われるのである。



01:06  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.25 (Wed)

U. Z. A.






この向風鈴という人もだいぶ下品ですね。


そもそも、例として挙げている二項は特に対立していません。

正しくは「自分の趣味嗜好を優先した作品でチヤホヤされたい」と「誰かにプレイされやすい作品でチヤホヤされたい」でしょう。はっきり「良い感想ためになる感想がないと枯れてしまう」と書いているのですから。目的に違いがない。

(さらにいえば「誰かにプレイされやすい」が「自分の作りたいもの」であれば、やはり対立しません。誰かに強制されているわけでもなし)

要するに「自分は読者ウケを狙わない己の表現を貫くタイプ!」というアピールなのでしょうが、プレイヤーからすれば知ったことではないですね。

これ、一作目の動機はともかく、二作三作と重ねるうちに自分が欲深くなったのをプレイヤー側に責任転嫁しているだけではないですか。

それなら素直に「チヤホヤされたい」と書かれたほうがよほど好感が持てます。


わたしがこの誰も読んでいない Blog を続けているのも、自分がただ書きたいからだけのことであって、仮にここで「コメントをもらえないと続けていけないよー」といったところで聞いている人はいないし、なによりそんな泣き言はダサすぎます。


そして、存在価値の薄いレビュアーがこれ好機とばかりに乗っかってくるという……。

こういった卑しい制作者を延命させることがレビューの使命だというのなら、やはりいますぐに辞めるべきですね。



01:04  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.24 (Tue)

まず見た目が華やかだよね

BanG Dream! ガールズバンドパーティ!
wide09

ガチャでの☆ 4 獲得時演出より




TALES OF THE RAYS
wide08

ガチャでの魔鏡獲得時演出より




ららマジ ホニャららMAGIC
wide10

おおかみのコスプレが可愛すぎるオカルト少女




欅のキセキ
wide13

wide11

wide12

ヴィジュアルだけならりかがいちばん







さらに一枚絵のイメージと縦画面の会話イベントも。

個人的には縦画面のほうがより見やすいし、演出も自由なものが多い気がします。PC 上で再現しようとしたらえらい不評そうですが。


それにしても、実写取り込みのゲームは PS/SS 時代ではほとんどが地雷、PS2 以降には絶滅と、とんだ体たらくでしたが、解像度が高いからなのかカメラが良いのか合成の技術が進歩したのか、こう見てもあまり違和感がありませんね。

ファンの贔屓目もありますが。


しかし、今回 screen shot を載せたアプリの何十倍何百倍と他のゲームがあって、それらと (おなじ娯楽 / ゲームとして) フリーノベルゲームは競合しているのですから、まったく大変な時代です。

つまらないことでいがみ合っている場合ではないかもしれませんね。



01:19  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.24 (Tue)

環境の違いを考慮しても

BanG Dream! ガールズバンドパーティ!
wide01

wide02

ランキング参加者の桁が違うおばけゲーム




TALES OF THE RAYS
wide03

wide04

レジェンディア最高、クロエも最高




DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA
wide05

パロムはわたしたちの代弁者




Tokyo 7th Sisters
wide06

wide07

初回ガチャが半額に引き上げられてしもうてのう……




試しにスマートフォン向けゲームアプリの会話イベントを (自分のアカウントから) 集めてみましたが、どうでしょうか。

画面デザインがスマートフォンに最適化されているからか、わたしが鈍感なのか、特に違和感があるほどではないのですが……。

この画面に慣れているいまの若者と、ガラケーで押し通すつもりの元若者である大先生、どちらにリーチするのがフリーノベルゲームの今後のためなのでしょうかね。



01:07  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.23 (Mon)

そもそもスマートフォンユーザーではないのに



























「PC オンリーのプレイヤーにも配慮しろ!」 ろ、老害!www











ワイド画面のほうが過半数を超えている (こだわりのない人の回答を含めればさらに増える) のに、なんという印象操作www










大先生はとにかくワイド画面がお気に召さないご様子。

もちろん、大先生の言い分もわからなくはないのですが、ケータイに代表されるスマートデバイスの普及率や将来性を考えると、駄々をこねているわけにもいかないのではないでしょうか。

例えば、スマートフォン向けに PS 時代のコンシューマゲームが配信されるくらい「ゲーム機」としての需要があるわけですし、あるいはスマートフォン向けアプリの PC 版がリリースされることも増えてきています。

ゲームという娯楽の分野においては PC とスマートデバイスは相互的な結びつきを深めています。どちらが主でどちらが従かという壁もいずれは取り払われることでしょう。

フリーゲームの主戦場がスマートデバイスに移行していくのかもしれないのですから、いまのうちに意識を切り替えておくほうがよほど建設的ではないでしょうか。


まあ、大先生のようなお年寄りが幅を利かせている限り、フリーノベルゲームが PC から出ることはなさそうですが。

時代と逆行することばかりいっていると「老害」認定されますよ?www



21:56  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2018.07.23 (Mon)

世間を騒がす快盗さ

ちなみにわたしは、レビュアーや実況者が「泥棒」だから断罪したいわけではない。

そもそも資本主義社会において、搾取に加担していない人間などいるわけがないのだし。


結局、これは個人の裁量の問題であって、自分が泥棒である事実に耐えられないのなら活動を辞めれば良し。泥棒であっても続けたいのなら、相応の姿勢で臨むしかない。つまりは大先生のいう「配慮」や「敬意」をもって、ということ。

そう、配慮や敬意とは、自分が泥棒である(自分の活動が相手に対して不利益になる場合がある)ことを認めたとき、はじめて芽生える意識なのではないか。

そして、泥棒としての謙虚さもなく「自分は善いことをしているだけだが、配慮や敬意も必要ですよね」というのは、単なる紛争を回避するためのリクスヘッジ、責任の所在をうやむやにするごまかしなのではないか。

もちろん、自分の身を守ることも大切だが、それなら正義面して他人を非難するのはおやめなさい、という。


中途半端な解決策を語るよりかは、制作者もプレイヤーも好きなようにやって、仮に諍いが起こったときにはコミュニケーションで解決する、これで充分なのでは?



21:29  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.23 (Mon)

愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない






ここにきて長年の疑問が解消されつつある。

自問してみてほしいのだが、禁止事項を設ける制作者のことを、どこかでナイーブだとか気にしいだとかと感じてしまうことはないだろうか。

(上記の tweet でわかるとおり、大先生としても「お願い」がエゴイスティックな行為に思えるから、傍からみると配慮に欠けるような冷たい態度になっているのかもしれない)

だがしかし、これはほんとうに制作者側の問題なのか?


試しに、フリーゲーム作品に対する生殺与奪権について考えてみる。

これはもちろん、作品を生み出した制作者が生殺与奪権を持つとするのが自然だろう。

制作者が公開をやめてしまえばインターネット上に作品は存在できなくなるし、レビューや実況動画に対して意見したり、最悪の場合、それらを取り下げさせたりもできるわけだ。

一方で、大先生やその他の人たちの主張から推測するに (レビュアーや実況者も含む) プレイヤーも作品を好きに扱うことができるとする風潮があるように思える。

確かに、作品を一度世に出してしまえば批評や引用を拒むことはできない(=作品に関するすべてのことを制作者がコントロールできるわけではない)。それに一応、プレイヤーは作品の (複製の) 所有権を持っている。

ただ、それに加えて生殺与奪権まで引き継ぐのかといえば……良くわからない。個人的には厳しいのではないかと思うが、とにかく一般的にはプレイヤーもある程度の権利を有すると信じられている。


このように、制作者とプレイヤー、そしてそこから派生した情報発信者の関係は奇妙な「ねじれ」を起こしているし、さらにいえば一種の暴力 (例えば「レビュアーが制作者のエゴを糾弾する」といった) も潜んでいる。

つまりは、制作者の人格や表現は常に脅かされているともいえるわけで、感受性の強い制作者が防衛策としてなにかしらの制限を加えようとするのも仕方がないことかもしれない。

これは構造的な問題であって、制作者の資質は関係がないのだ。



結論:制作者がどれだけわがままをいっても、業界 (?) が衰退する原因にはならない。

大先生のなかでは「制作者があまり厳しくしすぎるとレビュアーや実況者が萎縮していって、その結果、業界が衰退する」という理屈なのだろうが、第三者からすれば「泥棒がなにを言っているの?」という。



21:06  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.22 (Sun)

万引きは窃盗です








人間には悪を成したり他人を傷つけたりする自由もある。この向風鈴とかいう人の指す「自由」がまさにそれ。(これを踏まえて「実況者が自分のために好きにやれば良い」と主張するなら、確かにそのとおり)

さらにいえば、なぜか実況者に与えられているらしいその「自由という名の権利」は、例えば「アメリカ人には黒人奴隷を仕えさせる権利がある」のような、聞く人が聞けば噴飯ものの「権利」でしかなかったりする。(だから制作者をイラつかせる)

つまりどちらにせよ、本人の認識とは裏腹に、おおよそ善行と呼べるものではないわけだ。

個人的にどう思おうが、他人さまのもの (フリーノベルゲーム作品) を利用 (実況動画しかりレビューしかり) して自分の利益としているのなら、それは泥棒である。

結局、ぼんやり「自由は善いもの」と考えているだけだから、こんな高飛車な発言をするのだろう。



それにしても笑ってしまうのは、大先生のリプライが、まさに泥棒の屁理屈でしかないところである。

そもそも万引き禁止なんて単なるお願いであってなんの拘束力もないですし

確かに (人殺しも戦争もできる) 人間の自由を前にすれば拘束力などないわけだが、しかしそれをいっちゃあお終いだろうと。



ところで、不勉強で申し訳ないのだけれど、動画にたくさんコメントがついたら、実況者になにかバックされるわけ? だからコメントをオフにしようと提案しているの?



20:53  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.21 (Sat)

馬鹿が作って 馬鹿が売り 馬鹿が買う

確かに、フリーノベルゲーム作品を自分の PC に DL して独りで楽しんでいる分には、ゴミ箱に即ポイしようが「才能ないな」と毒づこうが、誰に咎められる筋合いはない。



しかし、ゲーム実況やレビューまでもが個人の愉しみの範疇に含まれるといわれて納得するのは馬鹿だけだろう。



ほんとうに盗人猛々しい連中だな。



18:45  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.21 (Sat)

おなじことばを つかっているとは おもえないほどの 隔絶

しょせんは泥棒をしているのだと自覚すれば、すこしは背筋が伸びるわけだし、それでも活動を続けたいと願うなら、それ相応の境地に至るというもの。








「ふーん……」









「いや、どっちだよ!」



しかし、「自分は善いことをしているのだ。世のなかの役に立っているのだ」と思い込んでいれば、ここまで増長してしまうし、








仮に自分が批判されたとしても「難癖をつけられた」くらいにしか感じないわけだ。




それにしても、サミュエル・ジョンソン

地獄への道は善意が敷き詰められている

あらためてすごいなあ。


あまりに有名なのですこし陳腐かなあとか、ひねくれ者が中二病的に世間をディスっているのかなあとか思っていたのだけれど、このことばの深みを理解できるほど人間ができていなかったのだな、と反省した。



18:16  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.20 (Fri)

ちっぽけで素朴で おそろしい人々








大先生やそのおともだちの間違いは、世のなかには「良いレビュアー」と「悪いレビュアー」(動画配信主も同様)がいると信じているところ。

レビュアーも配信主も、他人 (の作品) を利用している時点で等しく同罪であって、どれだけ綺麗事を並べても、恨まれるリスクは残る。

そしてこう指摘すると「わたしは善意でやっている!」という反論が返ってくるだろうが、サミュエル・ジョンソンの有名なことばにもあるとおり、善意とは社会を破壊し得る思い込みにほかならないのであって、そんなものを掲げたところでまったく免罪符にはならない。


要するに、泥棒が別の泥棒を非難しているわけで、見苦しいにも程がある。




21:20  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.07.20 (Fri)

北海道くんだりまで乗り込むとか? ないない




大先生はわたしがストーカーのように長年こだわっているのだと思っているようですが、そんなことありますかいなwww

新しいインスピレーションを与えてくれるでもない事柄について、長々と考え続けるほど暇ではないです。

まあ、言われるとおり好きにします。



21:05  |  +NaGISA大先生とノベゲの話題  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT