03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.04.29 (Sun)

手作り

hulu でハイブランドのコレクション前夜に密着したドキュメンタリを観たことがあるのだけれど、皆が名前を知っている有名ブランドであっても、裏では意外と、毎度毎度てんてこまいしているものらしい。当日、会場までの移動中にもまだお直ししていたりだとか。


ああいう実情を垣間見ると、名のあるブランドの職人さんだからといって、別に特別な「魔法」を使えるわけでもなく、ただ一生懸命に取り組むしかないのだなあとか、クリエイティブに杓子定規な考えは必要ないのだなあとか、いろいろと考えさせられる。



まあ、コレクションが失敗したらブランドは一気に信用を失くし、その時点で「終わり」だそうだから、仕事に対する首の賭け方は尋常ではないわけなのだけれども。



00:01  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.28 (Sat)

shocking で blue な ソイツ

考えてみたら、「報酬は経験と親交と名誉」なのに、「おまえらいうこときけよ (意訳) 」というのもおかしな話で。



リーダーシップを発揮するのは結構だけれど、メンバー個々の持ち味を引き出してあげても良いのではないの? (あるいは、最終決定権を持っていることとそれを用いてメンバーを従わせること、まったく別の話では?)



まあ、これ「Stories Café | 残りの三大を発表だよ!ってお話。」もなんだか茶化した文章になっているし、別に大事でもなんでもないのかもしれないけどさ。

ただの外野からすると、こっちのほうがよほどモヤモヤするよねー。



19:49  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.28 (Sat)

hysteric で blue な アイツ

それにしても、



これ「Stories Café | オザキショウゴという人の自己紹介



が良くて、



これ「Stories Café | ショートショートショート100、まだまだメンバー募集中!なんだけど、今はそんな事よりもっと大事な話。



はダメ、というのが良くわからない。前者なんてスベり倒しているのに。







思ったのだけれど、義弓くーさんって意外と「俺の企画」感が強い人なのかもしれない。

わたしは部外者なのでこれ「Stories Café | 残りの三大を発表だよ!ってお話。」や twitter の反応から推測するしかないのだけれど、この件って別に貼っていた画像の持ち主や Blog の閲覧者からクレームが入ったり、メンバー内から問題視されていたりというわけではないのだよね?

つまりは義弓さんがひとり憤慨しているだけ、という。

てっきりオザキショウゴさんのキャラクタを理解して投稿を任せているのかと思いきや、それほどそうでもないらしく。


もちろん、「著作権侵害」「他参加者への迷惑行為」「本ブランドの品位・イメージを貶める行為」を禁止しているのにどこのものかもわからない拾い物の画像を貼ってしまうのは不注意では? とか、その「五大クソ要素」に対する思いを SS のネタにすれば良いのでは? とか、「これは面白半分のネタです」や「鼻で笑ってもらえるような」みたいなつまらない逃げ方をするのはどうなの? とは感じるけれど。

それでも、オザキさんも大して面白くもないなりに作品や Blog を守り立てようと努めているのだろうから、その気持ちを少しは汲んであげても良いのでは? と思った。

または、もしかしたら義弓さんのなかに「なあなあでやっていたら大所帯はまとめられない」という思いがあるのかもしれないけれど、お役所的なマインドが幅を利かせすぎると、創作にも変な影響が出そうではある。



別に自分が落とされたから腐しているわけではないwww のだけれど、わたしが入れてもらえないのも合点がいくね、こりゃ。



19:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.26 (Thu)

あっ……(察し)

・原因

Stories Café | ショートショートショート100、まだまだメンバー募集中!なんだけど、今はそんな事よりもっと大事な話。







・反応










・結果

Stories Café | 残りの三大を発表だよ!ってお話。







……わたしが落とされたのも、なんとなくわかる気がする。



22:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.24 (Tue)

つまんねー下ネタばかり 言っているヤツは死ね ば良いのだが

世間を見渡してみれば、傍から見れば「気持ち悪い」としか言いようがないようなカップルの絡み方はどこにでもある。

つまりは「相手・状況・場所」が適切であれば問題にならない言動を、考えもなしに所構わず披露するから「ハランスメント」になるだけ。男性がとりわけ性的に堕落しているわけではない。


そもそも下ネタは、男性同士のコミュニケーションの常套手段であり、それによって互いの共感を得ている部分もある。

男性には「男と女の感覚は違う」なんて難しいことを考えているヤツはほとんどいないだろうから、女性に対してもしばしば仲間内と似たような感覚で下ネタを振るヤツもいるのだろう。馬鹿だから。

本当にセクハラを根絶したいのであれば、この男性間の下ネタすらも排除するところまで行かなければならないように思えるが、それは「女性は他人の悪口で盛り上がるの禁止!」とおなじことであり、あまりにも馬鹿馬鹿しすぎる。


間違っているのは男性の意識ではなく、異性間のコミュニケーションのほう。



23:28  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.24 (Tue)

復讐者たち

財務省に乗り込んで、「# Me Too」とかやっていた野党議員のパフォーマンスの、まーあダサいこと。

「 (現政権にダメージを与えるために) 財務省に嫌がらせしたろ!」という魂胆を隠しもしないくせに、綺麗事ばかり口にする、このグロテスク。事務次官ひとりを吊し上げたところで (実際にセクハラが行われている) 世の中にはなんの影響もないことも承知の上だろう。

この醜悪さと彼女らが非難するセクハラの横暴と、このふたつのいったいどこに違うがあるというのか。

社会正義を掲げさえすればなにをやっても良いという態度が、結局は女性を貶める結果にしかつながらないことは明白。


あのババアどもこそが女の敵である。



22:54  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.24 (Tue)

陰で嘲笑われている のかと思うと ムカつく が

わたしは、過去にあったことと自らを切り離さずに (ある意味で過去に「しがみついて」) やってきたのだけれど、それも大し正しくはなかったのかもしれない、と今回の件で思い知らされた。

そもそも、インターネット上の「情報」は毎秒ごとに更新され続けれるもの、つまりは一瞬一瞬の「現在」しかないようなもの。

過去に起こったこと・現在起こっていることに連続性・同一性が「在る」というのは、インターネットを使っている人間の思い込みに過ぎないのだから、くだらないことにいちいちこだわる必要もないわけである。



つまりはなにが言いたいのかといえば、悔しいってことよ!www

こうなったら、悪評ではなく実力を示して、認めてもらえるように頑張るしかない。

時間はまだあるわけだし、一度キックされたからといって、すごすごと引き下がらなくても良いはずだ。知らないけれど!

合議の上で決定したことは覆せないといわれれば、どうしようもないけどね!



01:46  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.24 (Tue)

胸いっぱいの

朝方に一時間ほどうなされたような気がするけれど、起きてからは冷静だった。

と思ったら嬉しいことがあって、ちょっと泣いた。







「自分 (過去) とはまったく異なる環境に飛び込む」という挑戦は、勇猛からのものと自分自身を良く理解していない浅はかさによるものとに分けられるように思う。

もちろん、勇気によって未来が変わることもあるのだろうけれど、わたし個人のこれまでを考えてみると、ほとんどが後者に該当しているのだった。

サミュエル・ジョンソンのいう「自分とは似ても似つかない人間」とは、実在する人物のことでもあり、また同時に、自己認識・理想化された自己像をも指しているようで、つまりは自らと向き合い受け入れられるものはそうするようにと説いているように感じた。

しかし、三百年近くも前の大先輩に自身の在り方を看破されてしまうと、偉人の人間的な大きさやことばの持つチカラを感じずにはいられない。



ところで、Wikipedia で「サミュエル・ジョンソン」を検索してみてもぜんぜんヒットせず「意外と有名ではない人なのかなあ」と思っていたら、「サミュエル・ジャクソン」と打っていた……。

そりゃあハリウッドスターのほうだ、という。



01:25  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.23 (Mon)

こういうときは親しくしてくれた友人たちを思い出す-NOTE

ひとつ救いがあるとすれば、作品を目にするのが仮に二年後なのだとしたら、さすがに今日のこともすっかり忘れているだろうということである。

実際には今年の年末には出来上がっていそうな気もする。

そもそも、二年後にわたしが生きている確証もない。



01:37  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2018.04.23 (Mon)

social-NOTE

別に「企画をぶっ潰してやろう!」といったテロリストのような考えは 1mm もなくて、純粋に企画内容に惹かれただけなのだけれど、肝心の信用がないのだからしかたがない。メンバーに渋い顔をされてはやり辛かろうと納得はできる。

ただ、こういうときに「人間ってメンドくせーな」と感じる。



優しくしてくれるのはソシャゲのフレンドさんくらいのものだよ……。



01:11  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.23 (Mon)

辱め-NOTE

サミュエル・ジョンソン曰く……愚かなる行いの殆どは自分とは似ても似つかない人間の真似をしようとすることから生じる

『CRIMINAL MINDS』 season 1 第三話、冒頭での引用。



まさに、ここ最近のわたしの行動を指してのことばのようである。

改めて season 1 を見返して、このことばの存在を思い出す。これが真の「縁」というわけだ。



00:15  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.22 (Sun)

ガンバレルーヤよしこちゃんの例のヤツ-NOTE

どうも、『ショート ショート ショート 100』の選考に落ちた akino です!www

正直、ショックが三割で「やっぱりな」って納得が七割な心境。



・過去に悪口を書いた相手が約二名いる

そもそも、NaGISA の御大と交友があったそうだから、わたしに関する陰口を以前から見聞きしていた可能性は大きかった。本人もそこにいるしな!


・実績や実力不足

Blog に載っている面々の経歴を見れば明白。


・サービスによって名乗っている名前が違う

とはいえ、例えアカウントで名乗っている名前が異なるからといって別にそれを隠している (別人格になりすましている) わけでもないので、これはそこまでの要因ではないか。



……以上の点から、企画への参加はまあ厳しいだろうな、とまったく楽観視はしていなかったのだけれど、しかし、マジに落とされるとちょっと萎え笑えるwww

もちろん、企画を円滑に進めるためにリスクヘッジするのは当然だし、仲間内で楽しくやりたいという方針も尊重する。ただ改めてつまんねー連中だな、とwww

まあ、100 篇を集めるだけ集めて、ファンに「すごーい!」って褒めてもらえば良いのではないですか?www



というか、どうせ公開までに二年を費やすといっているのだから、わたしが独りで 100 篇を書いて先に発表してしまえば、あちらの企画を潰せるのではないだろうかwww Jasmine さん並の気合があれば、出来ないこともない!

もちろんそれは冗談として、結局は自分の実力でやっていくしかないのだろう。孤独にね。


おそらく、「将来に渡って」企画からブロックされたのはわたしだけになるだろうから、良い話のタネにはなるわね。



それにしても義弓さん、Twitter でチラ見せしていた「コード・ネーム」ってヤツ、書き出しからしてもうつまんねーぞ!www



23:55  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.22 (Sun)

outside-NOTE

落ちましたー。



ウ ケ る!wwwwww



22:03  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.21 (Sat)

安眠-NOTE

例えば「いねむりスフィンクス」さんとか、ふりーむ! で作品をいくつも公開しているのを目にするブランドで、けっこう名のある御人なのかなあ、と思っていたらこういうことになるわけですよ。



ところで、義弓さんの想定するところでは、作品の完成・公開までに「最長で二年はかかるだろう」ということなのだけれど。

もちろん、それが現実的な数字であることは理解できるのだけれど、二年ってけっこう長いよねー。

二年といえば「結婚して夫の愛人が妊娠して離婚することにしてその調停中に殺されてしまう」くらいの期間なわけで。


やっぱりフリーゲーム制作はなかなか大変よのーう。



21:54  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.21 (Sat)

第三部も観てしまうよのう-NOTE

あ……ありのまま今起こった事を話すぜ!

わたしはフリーノベルゲームを読もうとしていたと思ったら いつのまにか『CRIMINAL MINDS』の season 1 を観返していた


な……何を言っているのかわからねーと思うが 

わたしも何をされたのかわからなかった……


頭がどうにかなりそうだった……

催眠術だとか気の迷いだとか

そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ


もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……



21:35  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.21 (Sat)

「プリパラ」シリーズも終わったね-NOTE

録り溜めていた『アイドルタイム プリパラ』のクライマックスで、毎話毎話、ことごとく泣くという。



……そうとう人生に疲れているのかな。



感動というより哀しいのだわ……。



21:24  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.21 (Sat)

過去に復讐される者-NOTE

大きな不安要素はあるものの、わたしは選ばれる側だし、深く考え込まないことにして、とりあえずフリーノベルゲームでも読んでテンションを保つことにする。


ただ、余計な先入観を持たないためにも、メンバーの作品は読まないようにしたほうが良いかもしれない。気になる名前はあるのだけれどもねー。



02:01  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.21 (Sat)

とりあえず-NOTE

審査待ちー。



皆さんは、ソシャゲーでガチャを回すとき、なんだか良い予感がしますか? それとも悪い予感がしますか?

わたしは後者です。


そしていま、ちょうどそんな気分です。



00:36  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.18 (Wed)

根拠のない自信を胸に-NOTE

『ショート ショート ショート 100』のプロジェクトはすでに動き出しているようなので、週末までには参加希望のメールを出さないとなあ、と。

御大の件はアレです、今回のプロジェクトは飽くまで義弓さんのもので、御大も (参加できれば) わたしもメンバーのひとりというだけ、立場は対等だろうし、こちらが変に出しゃばらなければ問題も起こらないでしょうたぶん。あの人も出戻りみたいなものだしさ。

あと、作品制作に関わりながらティラノを学べるというのも魅力で、どちらかといえばそちらのほうが勝るので。



……とか書いておいて、「ごめんなさい」されたらショックだわwww



01:10  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.04.18 (Wed)

戸松もプリキュアだったね-NOTE

『声ガール』というドラマを観て過去のプリキュアを思い出し、


YouTube で OP メドレーを聴いてテンションが上がり、


東映アニメーションのチャンネルで公開されている第一話群を観てまたテンションが上がるという。


あー、ひさしぶりに通しで観たいな、いろいろと!







そういえば、『アラモード』は「殴り合わないプリキュア」だったのだけれど、そのコンセプトがハマっていたのはむしろ『アイドル×戦士』だったね、という。

『アイドル×戦士』はプリキュアのオマージュどころか、変身シーンや浄化技では実写なのに本家を超えていた部分があるので、アニメは好きだけれど特撮ドラマはあんまりという人にも観てもらいたいな。


個人的に『プリンセス』の雰囲気が好きだったのだけれど、正直、プリキュア要素はなしでグランプリンセスを目指す話でも良かったとも思っているので、『魔法×戦士』の次があるならプリンセスをモチーフにしてほしいところ。


あと、今秋の劇場版では『HUG っと!』と『ふたりは』が共演するそうなのだけれど、せっかくの 15 周年なのだし、現代風にリファインされた新しいブラックとホワイトが見たいなあ。

『ふたりは』の第一話を観てみればわかるけれど、さすがに時代がかっているからなあ。相変わらず面白いことは確かなのだけれどね。



01:00  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT