02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2018.03.31 (Sat)

「予期せぬ名作を見逃してしまったらどうしよう」という不安-NOTE

ふりーむ! に居座り中。


ほんの息抜きに「アドベンチャーゲーム」も見てみよう、と思ったら「ノベルゲーム」の倍以上の作品投稿数で気絶しそうになった。

このカテゴリは、ツクールや WOLF 製の脱出ゲームやらホラーやら、ノベルゲーム寄りのテキスト主体の作品やらが混在しているので、そうもなるのだろう、と独り納得。


これはもう、「一ページ一作品」と自分に縛りを入れて流し見でもするしかない。さすがに気力が続かない。



01:08  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.03.30 (Fri)

どうだろう-NOTE

フリーノベルゲームを DL して気がついたこと。

公開されて一年以上経っている作品でも、意外と version update されていない。

まあ、ノベルゲームは RPG やアクションほどの複雑さはないし、予想外の不具合も少ないのだろう。



それにしても DL「作業」は死ぬほど退屈だー。



00:19  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.03.29 (Thu)

貧乏性-NOTE

フリーゲーム熱がちょっとだけ戻ってきた。


が前回、ふりーむ! でフリーゲームを DL してからすでに一年以上が経過していて、それだけでもう吐きそう。


どうせ欲をかいたところで時間の無駄なのだから、本当に良さそうなの作品だけで充分なのに……でも、紹介ページを眺めているとどれも面白そうに見えるのだよなあ。


どちらかといえば、単品のみを公開している制作者さんを狙いたいのだけれど、どうなることやら。



00:49  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.03.28 (Wed)

やるよ-NOTE

Atom』という海外のテキストエディタが、website からして可愛くて、テンションが上がった。


最近はメモ帳を立ち上げるのも億劫だったのだけれど、なにか楽しい。


ありがとう。



01:52  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.03.26 (Mon)

やったよ-NOTE

別 Blog (heppocosmos) にチラシの裏を投稿しました。


悪意が漏れないよう、がんばります。



00:34  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.03.20 (Tue)

亡者の群れ-NOTE

例えば、森友の件を突き詰めていったところで、なにか後世に遺せるものがあるとでもいうのだろうか。


取るに足らない事柄に拘泥し、時間を浪費している野党は全員クソだし、彼らが今後、国民や未来のために働くことは二度とないだろう。


それくらいに酷い。無能の極み。



02:05  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.03.18 (Sun)

アイドルドラマは楽しいなあ-NOTE

ドラマ版『賭ケグルイ』が事あるごとにテンション押しと顔芸に終止しているのを観て、楽しそうな現場だなあ、と。


個人的に、過剰なものの寒々しさがあまり好きではないのだけれど、馬鹿馬鹿しさという点においてはステキ。


来週、最終回で、どう考えても続きがありそうな展開になっているのだけれど、特にそういうこともないのだろうなあ。(劇場版に続くのってイヤね)



01:10  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2018.03.09 (Fri)

ギデオンが好きなのに すぐに退場してしまって 悲しーい-NOTE

『X-FILES』の配信終了の悲しみを癒やすために、あれからずっと『CRIMINAL MINDS』を観ていた。

だいぶむかしにテレビ放送をしていたのを懐かしみ、吹替版にしてみたらそのままのキャストで一安心。(『X-FILES』のテレ朝版はポピュラーではないからなあ)


日本の創作物に出てくる猟奇殺人犯というと、どこか特別なダークヒーローのように描かれることがあるけれど、『CRIMINAL MINDS』では (米国だからなのか、刑事ドラマだからなのか、プロファイリングが中心になってくるからなのか) 単なる「妄想に取り憑かれた人物」として扱われている。

しかも大抵の犯人は次第に自らの妄想に飲み込まれ、自制を失って自滅するのだ。ドラマ上の (ダークヒーロー的な) 宿敵であってもそれは変わらない。

日本的な (ある種の) ファンタジーのない世界観が心地良い。


毎回毎回、「拷問」だの「レイプ」だのといった単語が飛び交うドラマではあるけれど、スプラッタシーンもそこまで多いわけではないし、いまさらながらオススメ。たまーに感動話もあるよ。

それにしても、パイロット (第一話) のいちばん最初のシーンで幸福な家族として描かれていたふたりが行き違いで離婚した挙句に奥さんのほうが殺されてしまう顛末を見させられると、やっぱり仕事にのめり込むと失うものも多いのだなあと感じた。刑事ドラマのお約束っちゃあそれまでだけれど。



01:50  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |