10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.29 (Wed)

卑怯-NOTE

モンゴル人同士を争わせておいて「品格」だの「暴力はダメ」だのとのたまう日本人。

横綱にまでなる実力のある人が (例え同業相手であっても) 「人を殴ってはいけない」と理解していないわけがないだろ、ふざけんな。そんなこと、世界中の人間がわかっている。


こんなくだらないことを続けるのなら、これからは外国人力士の入門をこちらから丁重にお断りするべき。

日本人同士で殴り合う分には他所様に迷惑はかからない。日本人だけでクリーンなスポーツスモウでもやっていれば良い。


だいたい、「親として子の身を案じて」というのであれば (真に親代わりであるというのなら) 、弟子の犯した非礼に対しても行動を起こすべきではないのか、「相撲道」は。



23:21  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.11.20 (Mon)

商標登録-NOTE

最近は『Resident Evil』シリーズの Longplay 動画を観ている。要は『バイオハザード』なのだけれど。

わたしが明確に存在を記憶しているのは PS 時代の『3』までで、それ以降の作品は良く知らなかったのだけれど、たまたまその『3』の TAS 動画を観たついでに『Resident Evil 4』で動画を探してみたら、上手いことたどり着いて。

正直 (HD 版ということもあるのだろうけれど) 、PS のそれとは比べ物にならない進化を遂げていて驚いてしまった。ラジコン方式を止めるとこうなるのかー、と。(特に『4』は展開を先読みすると、すごい早解きが出来るらしい)

ただ、消費者のニーズからなのか、登場するクリーチャーが (設定上はあるものに寄生されて怪物と化していることになっているとはいえ) そのまんま人間 (ヨーロッパの片田舎の村民とか『5』ではアフリカの少数部族とか) で、それをショットガンやヘッドショットでバンバン吹き飛ばすものだから、ちょっと「マジかよ」というか。

それと、海外版をプレイしているわけだから、当然、セリフもテキストも英語ね。字幕を表示してもらっても英語ね。ストーリーはボンヤリよ。

『4』『5』『6』へと三作も続くと、作品の変遷を疑似体験できて面白い。ただ、『6』はボリュームがあるので先が長いね。



02:17  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |