06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.31 (Mon)

ばくはしましょう!-NOTE

『アメトーーク!』の「スーパー戦隊大好き芸人」。



番組内で『ゴレンジャー』の必殺技が笑いものにされていたが、個人的には、わりと良く考えられていたように思えた。

この必殺技は、現在のシリーズでいえば巨大ロボ戦に相当する、エピソードのクライマックスともいえるものだろうから、印象を強くするためにもいろいろと試行錯誤が成されたのかもしれない。

最近のシリーズでは、巨大ロボ戦がオマケというか、「流されて」しまっていることも少なくないので、それと比べればまだマシなのではないか、と。


しかし、スーパー戦隊は笑いものにされても、仮面ライダーほどには腹が立たないなあ。なぜだろう。



00:15  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.30 (Sun)

ジードとは 似て非なるもの-NOTE

現在放送中の『仮面ライダーエグゼイド』は 8 月で終わり、『仮面ライダービルド』が始まるらしい。

これにより『エグゼイド』は、過去の同シリーズと比べて若干、短い話数で終わることとなった。


(テレ朝の日曜朝は 10 月に大きな番組改編があるらしいが、それに合わせて番組視聴を切られないように、あえて「10 月よりも早」く『ビルド』を開始したかった……という思惑が働いている……らしい。

要は、10 月のそれは単なる放送枠の移動でしかないのに、「『エグゼイド』終了とともに仮面ライダーシリーズも終了」と勘違いされては困る……ということらしい。

シロート考えでは「ものすごくスポットを打って周知させれば良いのでは?」と思ってしまうが、そうカンタンなことでもないのだろう)



この事実とともに振り返ってみれば、『エグゼイド』の持ち味であるスピード感のある展開は、スケジュールの都合に上手く合わせるために、少しずつ「巻いて」いった結果ということになる。

『ビルド』の開始時期の噂を耳にしたとき、このことに気づいて、「制約が作品にとってプラスに働くことがある」という先人のことばに、なるほど得心した。




それにしても、『ビルド』の主人公は「天才物理学者」なのだそうだが、あんなわけのわからないテクノロジーで「変身」することに、疑問を持ったりしないのだろうか。

いや、「物理学者」って、トンデモ科学者がトンデモパワーでトンデモドライバーを開発する仮面ライダー世界においては、ちょっと現実的すぎるというか。「ゴーストだから変身できる!」とか言われれば、まあ、そうなのかとも思うのだが。


ん……、なにかカブト虫臭がする!



02:24  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.30 (Sun)

元気?-NOTE

ボーッとしていたら、時が経っていた。




肝試しで廃旅館へ入ったら書類送検」というニュースは、怖い話の動画を観るたびに思い出すのだろうなあ。

「廃墟で肝試し」はド定番の設定だから、どうしてもね。

現実にはこうなることもあるという。ある意味、呪いで痛い目にあうよりも厄介だ。



01:52  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.06 (Thu)

始まるときは盛大に 終わるときはひっそりと-NOTE

ガムベースさんは別にあなたを喜ばすために生きてるわけではないですし」という指摘は確かにそのとおりだなあ。

わたしは偏見も好き嫌いも強い人間なのでね。申し訳ない。


というか、ガムベースさんとは仲良くなれない星の下にいたと、なんとなく感じていたのだから、深入りするべきではなかったし、twitter アカウントを探すべきでもなかった。それがお互いのためだった。

(なぜアカウントを探したのか、覚えてもいないのだが)


無節操に対応するのも控えたほうが良いのかな。



21:17  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2017.07.06 (Thu)

風邪ひいた-NOTE

悪寒とダルさがヤバい。



ガムベースさんを悪く書いたバチが当たったのかと思えるくらいツラい。



21:08  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.05 (Wed)

やっぱり-NOTE

そもそも論として、わたしが『公園』を読もうなどと思わず、ずっと忘れていればよかったのだなあ。



ガムベースさんには申し訳ないことをしたよ。



01:29  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |