11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.12.28 (Mon)

ジュエルペットシリーズも フェードアウトした んだぜ-NOTE

同人発で大流行りしたノベルゲームに、例えば『ひぐらし』があったけれど、あれは二次制作しやすかったというか、市井のクリエイターwww のニーズと作品の性質が合致していたからこその人気だったように思う。

その後、皆の関心が VOCALOID やニコニコ動画関連に移っていった途端に、あっという間に過去のものになってしまった。

まさに一過性のブームだったわけである。



とはいえ、世の流れから見て、「ノベルゲーム (ここでは Free Novel Game) は衰退した」と口の端に上ることがあるとしても、例えば数年前からの作品公開数や DL 数の推移を統計的に実証して発言している人などいないわけで、そんなものは結局、印象論にすぎないとも言えるわけだ。

「知っている制作者が次々と引退していった」とか、ただ「最近、個人的に面白いと思える作品がない」程度の感覚で、なんとなく嘆いているだけなのがほとんどだろう。



そんな、なんとなくの空気に当てられて、「わたしはそう思わない!」と気炎を吐いている人もいるわけだけれど、そもそも、Free Novel Game のコミュニティを拡大させる必要がほんとうにあるのかと、疑問に思う。

スポーツの世界で例えるならば、競技人口の大小で、そのスポーツ特有の面白さや醍醐味が変質するわけではない。

今年、脅威の注目度を誇ったラグビー日本代表の選手たちも、「こどもたちに夢を与えられれば」「もっとラグビー人気が広がれば」とコメントを出しはするけれど、もっと根本にあるのは「自分の好きなことだから一生懸命に取り組む」、それだけのことだろう。なにか大きなもののために汗を流している人はほとんどいないはずだ。

そして、おなじように Free Novel Game も、全体の状況がどうであれ、制作者が自分のやりたいことを好きなようにやっていればそれで良いのではないだろうか。少なくとも、あまり興味を持っていない人に無理矢理、押しつけても仕方がない。

それに、『ひぐらし』の例を挙げたように、カスタマーはけっこう正直かついい加減なのもだから、あまり期待をかけ過ぎるのもどうかと思うのだ。



なにかが過ぎ去って行ってしまうことを、恐れることはない。



03:08  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.27 (Sun)

びっくりぽんwww-NOTE







ガムベースさんって、「自分は硬派な人間」という自己認識なのかwww

三流エロ漫画から脳内コピペしたようなしょーもない下ネタを連投しているのも、なにか止むに止まれぬ理由があってのことなのかwww

いうなれば「青年の主張」だったのかwww あははははwww



G君は、わりとこうやってディープなほうディープなほうに流れていってしまうところがあるんだ。
私は飽きっぽいから、考えにつまったら「めんどくさいから、もういいや……」ってなってしまうんだけどもね。その意味で、私はG君を尊敬しているんだ。


道玄斎さんのコラム 19「BGMの深淵な世界へ」 | 無料ゲーム.com


お互い、尊敬し合って仲良くしているようだから、そのように書いただけなのだけれど。

上記のコラムを取り上げた tweet の舞い上がりぷりの理由がわかって得心しただけなのだけれど。




「俺はコント作家じゃねーよ!!」

つまりはこういうことかwww あははははwww

さすがネットは「出会い系」、内輪のノリを強化するシステムwww






先日、『X-FILES』の劇場版第二弾がテレビ放送されていたけれど、コレ、アメリカだったら即、「小児性愛者」の烙印を押されて、一生、後ろ指さされる人生だよwww

でも、そうはならないニポンはヘーワ (他人の制服を何百枚も盗んだら捕まるよ) だし、そのなかで暮らしながら「ノベルゲームの愛好家にして制作者」「BGM を自作する作曲家」をやっているあなたたち、「コケにされた」などと憤っているあなたたちが「無邪気」だと言っているんだよwww



あー、『エンタの神様』なんかより、ずっと面白いね! あははははwww


(ただし、わたしは日本のオタクに「小児性愛者」なんてひとりもいないと思っている。

非現実的な巨乳に興奮している H 君も、黒タイツに惹かれている D さんも、そしてもちろんガムベースさんも、ただ (多くはレディ・メイドな) ファンタジィを愛でているだけだろうからね。

無邪気だねwww)


道玄斎さんのコラム 33「下着にまつわるエトセトラ」 | 無料ゲーム.com



01:49  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.27 (Sun)

『百獣戦隊ガオレンジャー』のほうが百倍カッコ良いですよ、山形さーん-NOTE







でた、ド直球タイトル。

最近では仮面ライダーも含めて直球な名前が多い気がするけれど、ヒネりすぎるとちびっこたちのウケが悪くなるのかね?



で、画像を見てみると、なんか「関西のおばちゃんスタイル」の人が……。

モチーフとなった動物の顔を入れるのは良いのだけれど、もうちょっとシンボルっぽいデザインに出来なかったのかな? と、関東もんのわたしは思うよwww



あと、「動物戦隊」もなー。

これは完全な主観の話になるのだけれど、わたしのなかでの「動物」って、動物番組のワンちゃんネコちゃんのイメージなんだよなー。

先に『アニマルプラネット』が思い浮かぶ人には良いのかもしれないけれど、あまり力強い印象には受け取れないのが現状。


どうせなら、「獣王戦隊ナントカジャー」のほうが良くない?

ちょっと紛らわしいけれど、過去に「獣拳」「獣電」という戦隊がいたのだから、なくもない気がするのだけれど。


まあ、『ニンニン』も最初、「ないわー!」って思ってたのだから、すぐに慣れて忘れるかwww

でも実は、未だに 10 percents くらいは違和感ある、『ニンニンジャー』www




話変わるけれど、潘めぐみさんって美人だよね!

「じじいが! 孫の前だからって格好をつけるなッ!」 君ってラスボス?www



00:32  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.26 (Sat)

『 道玄斎のノベルゲーム漫遊記 』-mere impressions #041

nss41a





別にひとこと「Peach John のカタログでも見ろ」で良くね? (適当)



しかし、この回のコラムを読んでいると、2015 年現在のオタクとは「無邪気」な人たちを指すのだな、と改めて思わされる。もちろん、悪い意味での無邪気さ、だ。

馬鹿に迎合しているのかもしれないけれど、大のオトナふたりが下着の話して「変態」だのなんだのって……。クソかよ。おまえら、三次元上で息してるのか?


印象は異なるけれど、『another sky』(日本テレビ)で、行きつけの下着屋さんでの撮影中、終始、恥ずかしがっていたシノラーを思い出したwww

シノラーの回で驚いたのは、彼女のことばに惹きつけられるような「強さ」があったこと。業界の大物もそうだけれど、ファッションセンスのある人は、言語感覚も優れているものなのかもしれない。

翻って、彼にシノラーのような才能の、カケラもないのが残念だwww (大嘘)







nss41b





ところで、よく Twitter なんかで「ノベルゲームは衰退した」と、ちょいと悲観的なツイートを目にする機会があるんだけど、私にはそうは思えないんだ。

確かに、例えば E メールがいくら便利だからといって、手書きの手紙が完全に廃れることは (いまのところ) ない。

しかし、孵化したそばから捕食されてしまうカワイソウな小魚ちゃんたちがどれだけいたところで、最終的に生き残って成魚になる個体はほんの数匹……なのとおなじように、作品数が揃っているからといって、現状維持以上のなにかのきっかけになるとは限らない。


いいかげん、「星屑が集まれば太陽にもなれる」みたいな嘘は止めましょうよwww







nss41c





ガムベースさん、褒められて嬉しかったんだねwww

それにしても、エピソードトークに事欠かないのは財産になるのだな。彼に人徳があるのは間違いない。

極端に友人の少ないわたしと比較すると、尚更にそう感じるwww




01:33  |  +ちらし のうら かんそうぶん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.26 (Sat)

『 道玄斎のノベルゲーム漫遊記 』-mere impressions #040

nss40





古書オタクの「脳内漫才」で進むコラム、の群。

得意分野に関する知識の豊富さは素晴らしいのだけれど、問題なのは、そこから導き出される理屈があまりに平凡だということ。

毒にも薬にもならないオタク気質の典型という感じ。




まあ、そんなことはどうでも良いのだけれど。

コンピュータゲーム / ビデオゲームはテクノロジーの産物であり、世の技術革新に伴ってゲーム体験が劇的に変化する、ということが度々起こっている。

そういったゲーム史の流れから考えてみると、ノベゲは「数世代前」のゲーム体験だったといえる。「ノベゲが衰退した」と揶揄されることの裏には、それだけ「発明」されてから時間が経ったという意味も含まれている。

そしてそうなると、スマートフォンのゲームアプリに代表されるような「現在的な」ゲーム体験 (その功罪は別として) と、「世代」の異なるノベゲとを、単純に同列として扱って良いのか? という疑問が出てくる。

競技としてはおなじ括りでも、まったく違う種目 (例えば、競泳の平泳ぎと自由形のような) を競わせられる (はず) というのは、筋が悪いのではないだろうか。

実際、座談会のメンバーがノベゲにいまいちピンときていないのも、ノベゲの認知度が低いというよりかは、自分たちが普段親しんでいるゲーム体験とは「別物」の話なのだということを感じ取っているからのようにも見える。

わかりやすくジェネレーションギャップというか。(スマホが普及するずっと以前にノベゲの黎明期はあったのだから、ある意味、当然。お疲れさまwww)



結局、ノベルゲーム界隈の人はノベルゲーム界隈の人とつながっているわけで、それはそれで居心地がいいんだけど、内輪で完結しちゃう部分っていうのもあるでしょ。

いやいや、居心地の良さから内輪で完結していた「結果」が、この反応なのだろwww

呑気かwww 核シェルタのなかで、外世界が滅んだことにも気づかず人生を浪費している SF の主人公かwww



00:15  |  +ちらし のうら かんそうぶん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.25 (Fri)

どうでも良いけど-NOTE






なに、この文体www

特別に女子のためとして作られた書物は、すべて女子を低能児たらしめる劣等の書である (与謝野晶子) 」ということばがあるけれど、まさにそれwww

(文章がダサいのを、年齢のせいにするのは止めましょうwww)




内容も特に得るものなく……。

「コラム」だから手を抜いているのか、全力でアレなのかは知らないけれどwww




しかし、啓蒙すればなにかが変わると「期待」している時点で、やっぱダメだわwww

みんなが宣伝 tweet しているから、どれほどのものかと思っていたら、テレビの内容丸写しのネットニュース記事と大差ないレベルというwww


泣けるwww 結局、ただの古書オタクwww



02:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.25 (Fri)

COOOOOOOOOL JAPAN www-NOTE

ノベゲが衰退したのは、結局、「文化」と呼べるほどのものではなかったからだろう。


そもそも、「読み物」の本道である出版業界と、「ゲーム」の本道であるゲーム業界、お互いの沈沒一歩手前ぷりを考えてみても、それらふたつの、どっちつかずの間の子であるノベゲが、なにかを生み出せるとも思えないわけだが。


以前から感じているのは、Free Novel Game って個人的体験の域を出ないものなのではないか、ということだ。

ひとつの作品を通して、誰かとなにかを共有している感がほとんどない。作品の感想を抱いたとしても、それは例えば「帰り道に夕日を見上げてキレイだな」と一瞬、考えるのとおなじくらいの、瞬間的な記憶に過ぎないように思える。

レビューがあるとはいっても、それらは結局、主観の寄せ集めにすぎないし。レビューがどれだけ堆積したところで、見えてくるものなどない。


「シロートのお遊び」みたいな表現はしたくないけれど、なんだかね。

とりあえず、ノベゲに価値や意義があると宣伝している人間は全員、嘘吐きなので、信用してはならないよwww



00:43  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.25 (Fri)

原宿ドラゴン DVD-BOX 発売記念www-NOTE

結局、最後まで追い続けてしまった『原宿ドラゴン』。


そういえば、「イベントに向けて原宿を盛り上げる」というていのドラマだったから、あの (ドラマ世界を壊すような) 終わり方は正しかったのかもね。

正直、ドラマなんだかコントなんだかイマイチわからない番組だったけれど、エンディング曲が良かったから、なんとなく納得してしまったwww



あ、『初森べマーズ』よりかは、はるかに「ドラマ」だったよwww



00:05  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.24 (Thu)

パリに地獄の門を見に行ってテロで地獄に落ちる人生計画めるしい-NOTE

「人間社会では無限に問題が生まれ続ける」ということを自問して、生きる意欲を失った一年だった。


一見、最善とも思えた解決策から新たな問題が芽吹く。わたしたちが善であると信じている理念が争いの火種となる。呪いや侮蔑のことばはわたしたち自身に振りかかる。


なにもかも、あらかた無意味ではあるが、しかし、その無意味さを受け入れられはしない現代人。無意味さは、死よりも深い地獄である。


その地獄には踏み込めない、という地獄。地獄の二重性。ここはどこだ?



あー、やってらんね。ノベゲなんてハッピー鼻クソ、読んでられん。



01:49  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.13 (Sun)

ガチャ排出率 0.12 percents とかwww-NOTE

Jasmine さんの、嗜好がそのままバッチリ作品に反映されてしまうところが好きだwww


歌声にその日の状態が表れる、というレベルの、偽りのない自然さを感じる。







一足早いクリスマスプレゼントですね。


ところで、Jasmine さんのおウチのテレビは、どのくらいの大きさなのですか。

ちっこい画面で PS4 クラスのゲームをするというのは、すごい宝の持ち腐れ感があるというか、自分のことを顧みるとともに。


縦マルチなら PS4 を選びたい派。







あとさー、『MOBIUS FF』の VII コラボ (?) の CM のアレって、『リメイク VII』からの流用なのかね?







NaGISA のおじいさんが一向に帰ってこないことから、フリゲと関わらない生活も悪くないのではないかと推測される。(適当)







掟上今日子の備忘録』の最終回でもあったのだけれど、「繋いだ手」の画って良いな。

実写・アニメ問わず、なんか好きなのだよねー。


ちなみに、あのふたりが手をつなぐシーンは、お互い若干、雰囲気が違うことから、数年後のいつかのことなのだろうなー、と感じた。青が眩しかったね。



02:39  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.11 (Fri)

「理解不能」を 愉しめて 良かったね-NOTE




製作者の意図はどうであれ、ここまで読み込んでもらえれば、作品も生まれてきた甲斐があるというものでしょうね。

ガムベースさんの次作もそのような存在になれれば良いですね。










猛烈にプッシュしてみたらどうですか?www

案外、すでに目を通していて、キックしている可能性もありますが。

それにしても、仮に、道玄斎さんのレビューなり感想なりから一定量の納得を得られたとして、その体験は「作品を理解した」ことになるのか、それとも「道玄斎さんを理解した」だけのことなのか……という疑問も出てきますね。



01:43  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.06 (Sun)

今年中に 決断できる と良いね-NOTE

ガムベースさん、ほんとうに会社を辞めたほうが賢明ではないですか?

会社の人達が良いのか悪いのか断じることはできないけれど、職場環境がガムベースさんに合っていないことは確かみたい。

このまま「悩みすぎて身体を壊す」とか「勢い余って問題を起こす」とかして結果、辞めることになるよりも、フツーに穏便に決別したほうが、お互いのためですよ。

そのうち、下ネタ書いてもバランス取れなくなりそう。










今塚ミゾレさん作品はまだ、きちんと読んでいないのだけれど、「九割読み飛ばすのが正しい読み方」を「意味を探る (解釈する) な」だと受け取れば、わざとルールや整合性から距離をとっているのでは、とも考えられますね。

「正しい読み方」の指定は別に、作品世界の背後にある「大きな何か」を隠蔽しようとしているわけではなくて、ただの「プレイヤーへの配慮」というか。

起床後、再構築される前の「夢のままの夢」を再現しようとしているというか。


まあ、ガムベースさんがわからないのなら、わたしなんかにわかるわけがないのですが。




ああ、そうスか。サーセン。



00:20  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2015.12.04 (Fri)

ことば足らずが多くてゴメン-NOTE

100 percents 純粋な自己表現がそのまま芸になる人って、ほんの一握りだろうから、多くの場合は送り手 (ノベゲではプレイヤー) の反応などを想定しなければ、というのがわたしの見解。

(別に、プレイヤーにおもねるべき、というわけではなく)









まあ、それはそれとして。

上記の tweet を読むと、ガムベースさんの言う「ためらい」や「疑い」とは、「制作者としての」気付きや発見に対する感動なのではないか、と思える。

その感動が「制作者としての視点」がなければ得られないものであるのなら、一般的なプレイヤーにとってはあまり関係ないものなのではないだろうか。









例えば、この tweet で語られる「配慮」は、ガムベースさんのプレイヤーとしてのストレス、その体験から導き出されたものであるから、プレイヤーを優先したものになっている。









それと比べて (繰り返しになるけれど) 、プレイヤーの「能動性」「主体性」を引き出すためにクリックの「負荷」を上げるという理屈は、やっぱり誰得なのだろうか。

そもそも (これも繰り返しになるけれど) 「文章と動的演出が同期している、瞬間瞬間の時間的体験」で必要になってくる「能動性」「主体性」ってなに?

というか、ある作品を選び DL して解凍してゲームを立ち上げ読み進める、という主体的な選択や、作品世界に「参加」するという能動的な精神活動以上の「何か」が必要なの? それは誰のために?













いや、いるでしょ!www 三歳児がスマホをいじくるような時代だよ。

あまりにも常識的な大前提は、省略してしまうのが一般的なのではないですか?

問題提起自体を否定するつもりはないけれど、だいぶ重箱の隅をつついている感があるよ。









この tweet なんかはもう、わたしにはちょっと良くわからないのだけれど、ノベゲでの文章表示の速度 (処理) を自分 (読み手) でコントロールできないことが不安なの?

確かに、紙の本なら印刷された文字は不動であるし、文章を追うのもページを繰るのも自分の身体を通しての行動ではあるけれど。

自分のテンポと合わないとしても、ノベゲは不特定多数の人間が読むものだからなあ。









思ったのだけれど、ガムベースさんの「クリックに対する違和」と「プレイヤー観」は、どこか通じているのではないか。

プレイヤーが「常に表舞台に現れている」ものなのなら、「能動性」や「主体性」が必要になってくるのも頷ける。(具体的になにか、というのはわからない)


ただ、ノベゲにおけるクリックは、別に薄まるだけ薄めれば良いと、わたしは思うのだけれど。

例えば、テーマパークのライド系アトラクションは、映像や音響などを用いて作品世界に没入させることで観客を楽しませているわけだけれど、その究極って「乗り物に乗っていることすら忘れさせる」ことなのだよね、たぶん。

おなじように、ノベゲもそのなかで表現される物語 (ガムベースさんのいうところの「時間的体験」) に不必要なものノイズはどんどん削ぎ落としていく、という方向に行くのなら、クリックへの意識なんて邪魔になるはずなのだけれど。




もしかして、「読む」と「観る」の齟齬がある?



00:55  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.02 (Wed)

学力高い人の考えることは 不可思議 でござる-NOTE



















ほんとうはまとめにしたほうが親切なのだろうけれど、メンド……まだ続きそうなので。


で、単純な疑問なのだけれど、「これって誰得?」なのだろうか。

クリックによる読み進めの負荷を大きくすること、「先へ進」める作業をあえて「たいへん」にすることで得をするのは誰なのだろう。

以前、ガムベースさんはノベゲにおいて「プレイヤーに (意味もなく) 負荷をかけてやりたい」と tweet していたことがあるのだけれど、それの延長線上としての「たいへん」さなのだとしたら、あまりよろしくないのではないの?






そもそも、前提としているこのあるべき「ためらい」「疑い」とやらも、ガムベースさんの主観でしかない (他人もおなじように感じるとは限らない) し。






あと、「文章と動的演出が同期している、瞬間瞬間の時間的体験」で必要になってくる「能動性」「主体性」ってなに?

流れる時間の不可逆性に固執するなかでの「能動性」「主体性」ってなんだろう。

作品上で表現される物語に対するもの? なにね?



音楽的素養もあるガムベースさんが「時間的体験」にこだわるのはまあ、理解できるのだけれど、プレイヤー (というより鑑賞者?) の「自由」を奪って良しとするのは、制作者の傲慢だと思うよ。


例えば、レゴを与えておいて「でも、これこれこういうカタチにしか組んではいけません」というのはつまらないよ。

制作者の想定範囲内だけでの反応を (例え暗にでも) 要求するのは良くない。

そういう意識の制作者がプレイヤーとのあいだでトラブルを起こしてダメになること、良くあるからねwww






もっと気楽に考えたら?www



02:19  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.12.01 (Tue)

水木先生、おばけになれて良かったネ-NOTE

水木しげる先生が亡くなったそうだけれど、一般的な「亡くなった=悲しい」という図式が当てはまらない、もっと別の次元にいた人物だったと思う。


人の世にいながらにして、すでにおばけとも妖怪ともいえるような印象だったし、(鬼太郎の歌の雰囲気にもあるように) どちらの世界にいるのが幸福なのかも良くわからないし。


どちらかといえば、今井洋介さんが心筋梗塞で亡くなったことのほうが重大だ。同年代だもん。他人事ではないだよ。




それにしても、どんな有名人が亡くなったと知ったところで、ちっともなんとも感じないわたしは、だいぶ薄情な人間なのではないかという疑問が残る。



02:02  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |