05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.06.29 (Mon)

ぜんぜん永遠じゃねえ-NOTE

偶然、今日付けで閉鎖する旨の署名が入った素材サイトに遭遇した。

例えば、昨日の時点で TOP を踏んでいたとしたら、またしばらく気がつかず、「更新がなくても存続している」と認識していたことだろう。

この唐突すぎる断絶、変化し続ける現状が Web 世界なのだな、と改めて感じる。



いま、この時点でも、けっこうな数の素材サイトが閉鎖していたという事実、そもそも「素材サイト」という活動形態そのものが、すでにトレンドではないのかもしれない。



00:49  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.06.28 (Sun)

存在意義-NOTE

せっかく、「読み込み回数どんと来い」な PC に新調したのだから、素材サイト群の洗い直しをしようと思い、少しずつ進めている。


(全部で 1,000 以上あるからね、確認に時間を要することもあるからね、やる気がね……)


それはそうとして、そもそも、現状のフリーゲーム制作の環境に合致した、真にアクティブな素材サイトがどれほど残っているのだろうか? という疑問があたまによぎる。

例えば、十年も前に更新が途絶えた素材サイトを、いまだに利用する人がいるのだろうか?

ただ Web 世界上に史跡のごとく残っているだけで、すでに忘れ去られてしまった素材サイトも多いのではないか? などと考えると、「さてどうしようかな」という雰囲気に。


まあ、誰に望まれていなくても、やるよ。


閉鎖サイトがなかなかの勢いで見つかりだし、気負され気味……。



01:14  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.06.21 (Sun)

『FF V』 のリメイク せえよ-NOTE

まあ、『DISSIDIA』でリファインされたバッツを見ているから、別に「いらんかな」という感じなのだけれど!




【速報】全世界待望の『ファイナルファンタジーVII』のフルリメイクがついに決定!! 対応機種はPS4、ディレクターは野村哲也氏【E3 2015】 - ファミ通.com



これだけの人気タイトル、「思い出補正」からぶーたれる心情は避けられないのだろうが、そもそも 97 年当時と現在とでは世情が大きく異なる。オリジナル版のエッセンスをどれほどに受け継げるとも知れないことを思えば、おそらく、見てくれが美しいだけの「壮大な駄作」の域を出ないもので終わる可能性が高い、というのが第一印象。


直近のナンバリングタイトルである『FF XIII』三部作を振り返って思うのは、「人間の掌のなかに収められるものには限界がある」という感覚のことである。

(わたし自身が年をとって鈍化しただけかもしれないが、「つまらない」というわけではないが「刺さる」わけでもない、というゲーム体験でしかなかった感が強いので)

当たり前といえばそれまでだが、巨大なプロジェクトを仕上げるのはやはり、一筋縄ではいかないのだろう。

なんというか、「プロジェクトの規模に合わせてスタッフの数を増やし、適切に作業を管理しさえすれば、すべてを賄える」というわけでもないのかもしれない。

(あるいは娯楽作品には、巨大に膨れ上がることにより誰にも気づかれないまま失われてしまう「なにか」が宿っているものなのかもしれない)

とはいえ、オリジナル『VII』以前の「小規模なゲーム」が優れていたのかといえば、テキトーにやっているとしか思えないものもあるので、それはそれで足りない部分があったのだな、と。



とりあえず、スペック等を向上させた「次世代 PS4」にリメイク『VII』を当ててくれると嬉しい。変な時期に PS4 を購入して結果、損したとかはイヤだからね。



03:19  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.06.18 (Thu)

青空 白浜 水着の花々-NOTE






いくらゲーム好きでも、猫も杓子もこんなんばっかりだったら、「もうちょっとさわやかなの作れないのかよ」と、気が滅入るというもの。

まあ、いまのわたしが想定する「さわやか」とは「女児向けアニメみたいな雰囲気」のことなので、それはそれで一般的にはどうかしている部類なのだが。



女児向けアニメといえば。

ジュエルペット マジカルチェンジ』が始まったとき、正直「マジで『レディ』でジュエルペットシリーズ終われば良かったのに」と思ったのだけれど、(ちょっと前の) メロンパンの回で「まあ、良いかな」と寝返ったり。

あと『マジカルチェンジ』は misono がガンバッている。「本人そのまんま」ではなく、もう一歩進んでジュエルペットとしての声色を作っていて、エライなと。

アニメ情報番組でのインタビューの際に、顔出しでしゃべっていたときの、あの「相変わらずの misono」の印象と対比すると、さらに好感が持てる。

早くサフィー、出てこないかな。







ご本人にはまったく落ち度はなく、ただただ申し訳ない話なのだけれど、わたしのなかでの「沢城みゆき」さんの「声のイメージ」が強すぎて、(その出演作品の多さも相まって) 「またかよ感」が出てしまうという。

(何気にシリーズ皆勤賞な) ラブラはともかく、『プリンキュア』ではどうせ「四人目」なのだろうし、『レゾナンス』でも出てくるのだよ、なー!







タイトルのある箇所から縦読みすると秘密のメッセージが!」ということは当然ない。



01:45  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.06.18 (Thu)

書きたいことあったのだけれどやめた-NOTE

ひとことで言うと「月刊ゲーム雑誌が 890 yen だったので、BIC CAMERA で声が出た」という話。

出版業界 (ゲーム雑誌) の実情なんて知らないのだから、とんちんかんなことになるのが目に見え、まあ良いや、みたいな。







『FRUITS ZOMBIE 2』を、おコンプ。占めて 2,200 yen なり。

実物で見ると、フィギュアのサイズ感が、実際の果実の大きさに (比較的) 準じていることがわかって、なるほどと。

(ガチャガチャの販売機に貼ってあるプロモーションのスチルとかを見ると確かに大きさが異なっているのだけれど、あらためて実感できたというか、わたしの注意力が足りなかっただけというか)


ただ、ディスプレイするにも、ダブりがちょうど二体ずつなので、ゾンビの「わらわら感」より「 (規則性のある) 整列感」が出てしまい、気に入らない 困った。

もうちょい買い足して「群れ」を演出したいところなのだけれどあまり意味が……。

どっかにコッソリ第一弾が置かれていないかしら。







つーか、過去作のリメイク版の公開は? という感じ。



あるいは「くたばっちまえアーメン」というかwww



(あのマンガ、あのマンガなんだっけ?

「犬の交尾曼荼羅」「破廉恥な新体操」「スドーザウルス」「それだよ!」「人生の壁にぶち当たったー!」「くたばっちまえアーメン」「地球のオトコに飽きたところよ!」

勉強しすぎて脳ミソ人間になったりするアレ……)




00:30  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.06.12 (Fri)

現在進行形で 風邪をひいている感覚 があるへぷち-NOTE

大きなお世話を焼くまでもなく、Jasmine さんはアイディアの再利用やらミックスやらをしているということで、わたし恥ずかしいね、ちょっとね。

こうなるともう、なにも言うこともないのだけれど、でも、Jasmine さんの「寝しなに書く」という習慣が「くせに任せてまたかよ!」の原因のひとつなのかもな、と感じる。







最近、とんとご無沙汰で知らなかったのだけれど、『週刊ファミ通』っていま、450 yen もするのね。

あと 300 yen 積んだら新書が買えるじゃん。紙の問題? DLC のせい?

で、調べてみたら電子版は 350 yen だって。ふーん。







せっかくの windows 8.1 なのに、火狐でちょこちょこっと website を回るだけの現状。

まだ 1percent も使いこなしてねーわ。おばけくるわ。



02:18  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.06.07 (Sun)

『 女王。地上に降りた月、あるいは地上にしかいない月 』-NOTE







ミステリっぽい雰囲気。


そういえば Jasmine さん。

Blog では度々「ボツった」と報告がありますが、Jasmine さんの場合、ボツったアイディアは永遠に日の目を見ることなく、脳内からも抹消されてしまうのですか?

それとも、例えば数年の後、作品としてアイディアが結実することもあるのですか? 過去には学生時代のアイディアを元にしたという作品もありましたが、それはものすごくお気に入りのモチーフで記憶にも鮮明だったりするから、特別にサルベージできたということなのでしょうか。

個人的には、すでに Jasmine さんのなかで「意味不明」となってしまった文章群を再解釈してカタチにしてみてほしいな、と思います。苦痛でしょうか。



あと、Jasmine さんのおうちは、過ごし良い方ですか。

わたしのウチは太陽光を浴びた壁面が熱を保ち続けるようで、夜のほうがむしろ暑い気がするのです。大変です。

それに、最近の体験では、必ずしも「雨が降っているから湿度が高くなる」というわけでもないようです。不思議ですね。



00:20  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.06.03 (Wed)

「ポチ」の魔力-NOTE

Jasmine さん。

Amason だと漫画 20 巻で 600 yen のセットとかがあるのですか。

それはたしかに魅力的な価格だし、自動的に玄関まで持ってきてくれることになるので良いですね。

なんか、パッと思いつき、「中古販売でも全巻セットは数千円くらいするのだろうし、店頭で 20 冊も買ってどうやって持ち帰るんだ」とよぎったわたしアナログ人間お恥ずかしい。


そういえば、(漫画に限らずの場所ですが) 一度は「中野ブロードウェイ」なる商業施設に行ってみたいですね。

別に、距離的にぜんぜん不可能ではないところですが、こちらの気合いが乗らないとキツそうなので。

ディズニーシーも外から見たことあるだけなのですが。







買う買わないは別にして、フィギュア一体 10,000 yen という価格を見ても「スゴい高い」と思えないほどには毒されているのかわたし。

(新作フィギュアの相場がどれくらいなのかは知らない)

なんか、オタク趣味って、いまや 10 代でもカンタンに入門できるような敷居の低さを得たわりに、金銭感覚を狂わせる要素が強いような気がするなあ。

特定の人種だけがお金を落としているというのなら良いのだけれど、それなら市場規模が膨れ上がることもないわけだし……。欲望の重力場。


あ、でも、それを言ったら仮面ライダーのドライバー 7,000 yen も高いよな、やっぱ。



00:34  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |