04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.31 (Sun)

知らぬ間に 街並みが変わったことすら 知らない 日常-NOTE

本の話題で思い出したのだけれど、引っ越しをするまで通っていた馴染みの書店が、今日ひさしぶりに行ってみたらサイクルショップに化けていて鬼ショック。

こういう体験、何回目?

このまま状況が進むと、マジで書店はショッピングモールのなかにだけ存在するものになってしまうのだろうか。

でも、モール系の書店って、だれに配慮しているのかは知らないけれど、品揃えに若干の偏りがあるので、それだけだとあまり嬉しくはない。


もっと、近所を散策してみろということかな。メンドい!



02:43  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.31 (Sun)

Jasmine さん。-NOTE

すみません、『夜鏡』はまだ DL していませんが、過去の BL 作品は手元にあるのですよ。

数も多いし、Jasmine さんの創作の真骨頂ですから無視はできません。



なるほどー( ぼーいず。 - れんれん堂@blog )。

確かに、ノーマル恋愛ものでも、(肉体は横に置いておいて) 精神的な、観念めいたお話が多いですよね。

Jasmine さんの作品に、どこか幻想的な雰囲気が漂っているのは、そういう意図も影響しているのかもしれませんね。わたしは好きです、そういうの。



漫画本を捨てるときって( まんがだいすき。 - れんれん堂@blog )。

「今の世のなか、必要ならすぐに買い戻せるよ」と、気が大きくなるのですよね。有名な作品だと特に「いくらでも重版刷っているだろう」とか。

実際は、改めて買い直すのって大変なので、気持ちの隅に放置なのですが。

最近は、本屋の漫画コーナーが放つ「圧」に気負されるだけで、もうお腹いっぱいです。

「なんだここは、毎日お祭りやってるズラ?」



01:36  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.30 (Sat)

現在最愛作 おめでとう記念-NOTE

れんれん堂作品群を読むなかで感じたのは、Jasmine さんの恋愛表現の基礎とは 「同性間恋愛=BL」作品で描かれている関係性に拠るものであって、「異性間恋愛=ノーマル恋愛もの」のほうがむしろ、BL の配役を男女の関係に置き換えているだけなのではないか、ということである。

だから、ノーマルと BL を読み比べても、特に「別物」の感がない。おそらく、どちらかのジャンルをもう片方に反転させたとしても問題なく成立する作品が多いはずだ。


(ただ、BL のほうが食べたらカロリーの高そうな雰囲気はある)


まあ、BL にまったく詳しくないわたしでは、そのジャンル特有の「作法」について考えを巡らせることすらできないので、ただの感覚的な感想なのではあるが。


ジャンルとしての「同性間恋愛もの」が、そもそも「恋愛」を描いているのかどうかも、ウチには良くわからんちん。



02:25  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.28 (Thu)

オレンジアームズ 役に立たん KR BRW II-NOTE

今週、偶然『FRUITS ZOMBIE 2』なるフィギュアを発見。一目惚れして購入。



ひさしぶりにガチャガチャしたなあ。


たぶん、TV 版『エヴァ』の頃だから何年? 十数年前……。



200 yen を数回、回すだけでも「ダブったら損だな」と冷や汗モノだぜ……!



収穫:「MOMO」「MELON」「DORIAN」



23:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.28 (Thu)

森めめメ-NOTE

28 日に亡くなったという今井雅之さんのやつれ具合には驚かされた。

今月初めの、例の舞台降板挨拶を観たとき、本人ではなく代理人かなにかがしゃべっているものだと勘違いしてしまったほどだ。ほんの少し前まで無人島でロケしたりしていたのに。

ああいうすがたを見ると、嫌でも病のチカラを思い知る。



健康でいるうちはつい、病というものをなにか、「非日常からの侵略者」のように考えてしまうものだが、少なくとも身体の内的要因から発症する病は、わたしたち自身が持つ生命力の「暗黒面」なのだろう、と妄想する。

生と病 (死) はどうやっても切り離せない。


聞いた話によると、「癌」とは生命が進化する過程で獲得した「能力」なのだいう。いうなればネガティヴなパッシヴスキルというわけだ。

それを踏まえて考えてみると、人類史の最先端に立っているはずのわたしたちは、しかし、数億年前のご先祖さまから受け継いだ特性が原因で、苦しんだりポックリ逝ったりしているわけなのだ。

そのタイムスケールの大げさぶりにもまた、めまいがするようである。



それにしても「死」とは何なのだろうか。

人間は、ジャングルの奥地や外気温 50 度の土地、あるいは (短いあいだでも) ゴミの山のなかでだって生きていける。

その一方で、アスファルトの上でスッテンコロリンしただけで亡くなってしまうこともあるのである。

「悪環境にはわりと耐えられるけれど、突発的なインパクトには弱いのか」という話もそうだが、運命論的な意味合いにおいても、ずっと不思議なのだ。



23:30  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.27 (Wed)

今宵、雲間の月-NOTE






過去のれんれん堂作品にも「隠された月 (ふたつめの月) 」というくだりが出てくるので、Jasmine さんお気に入りのモチーフなのだろうが、改めて「なんだろう、この文章表現は」と思わざるを得ない。

Jasmine さん本人は「ノリで書いているだけ」みたいなことを繰り返している (世間の評価も相まって、あまり納得がいっていない?) のだけれど、わたしからしてみれば、この空気感を出せるだけスゴイと思うのだ。

まあ、確かに特別、器用なことや難しいことをしているようには見えないのだけれど、しかし、文章を読むという行為に対する反応として「脳に刺さる」心地良さがある。「感動」とまで言ってしまうと規模が大きすぎるけれど。


考えるにこの文章から醸しだされる雰囲気は、きっと Jasmine さんが自分の表現 (あたまのなかの世界) を本当に好いているから出てくるものなのだろう。

Blog を読んでいても、自分の創作物に対する「自信のなさ」は垣間見えても、自分の表現が「嫌い」だという感情が伝わってくることなど一度もなかった。

その強い気持ちが、書いている文章に知らずのうちに滲み出ているのではないだろうか。直感的に書いているのだというのなら、なおさら。


そして同時に、「わたしの文章なんてダメだな」という気にもなってくるので困る。

他人さまの文章ばかり読んでいると、自分のそれが、人間を生きていない、まるでゾンビが書いているかのように感じられてしまうのだ。病気か?



そういえば、Jasmine さんに当てられて、わたしも LM 使いになろうかなあ、と夢想。

NScripter のガイドブック三冊が無駄になってしまうのだけれど、なんかな。



00:43  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.21 (Thu)

これだけで 半年は 過ごせるわけだよね-NOTE









結局、買っちゃたよ『レゾナンス』。

(先月見たときより値が下がって、新品三本で 10,000 yen くらい。やっぴ~)

やり口に疑問があっても、実際に課金するかどうかは自分で決めることだし、ゲームとして楽しめるかどうかは別問題だし。

あるいは、定価の半分以下で手に入れられたのだから、その差額を DLC に突っ込んでプラマイゼロという発想もあるわけだ。イヤだけど。



『GODZILLA』、PS4 で続編出るのかよ! タイミング悪! 不貞寝!

PS3 から PS4 へ完全に移行するまでの狭間、そのなかのすでに後半部であろう (PS4 のタイトル、いちおう PS3 でも同時発売しますよまだ行き渡っていないから。という据わりの悪い状況) この微妙な時期に PS3 のゲームばっか買う、この「ズレ」方がわたしの人生そのものだ。

というか、『ゼスティリア』も PS4 に移植されるかも、な霊感。



00:01  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.17 (Sun)

ニュクス崇拝-NOTE

ウチの近所に猫が寄り付く、いうところの「猫神社」がある。

日中にはだいたい二、三匹くらいを見かけることが多く、まあ「カワイイな」と思っていたのだが、先程 (21時過ぎ) 通ってみると、予想に反して「十数匹」が一同に介していて、正直ビビった。

これは野生的な感覚なのか、あのくらいの小さな動物であっても、そこそこの規模の群れを成してそこにいられると、警戒心が疼くというものである。しかも彼ら、人に慣れているのか、堂々と道路に寝そべって動かないでいるし。

今度、「猫との接し方」みたいな HOW TO 本でも買おうかな、と考えている。




それと、夜中の住宅地の、あの家々が眠っているかのような雰囲気が個人的にたまらないのだけれど、例えノベゲの背景素材集めのためとはいえ、バシバシ撮影していたら、それだけで通報ものだよね。



01:16  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.15 (Fri)

理由「暴力的なまでに迷惑でしかないから」-NOTE

現代日本社会で生きていく上で、最もメンドくさいのは「お利口さん」になることだ。

ちょっと前にショッピングモール内の巨大書店に行って、なんだか吐きそうになってしまったことを思い出す。

あれだけ広大な「情報の海」のなかで、しかし真に有意義な情報は、実は「コップ一杯分」すらもないのだとわかっていると、アホらしくも恐ろしくもなるというものである。

(では、わたしたちは嬉々として、あの空間でなにを得ようとしているのか?)

もうずっとバカのままでいたいし、バカのまま死にたい。




あと、あいかわらず「戦争をする国になる!」「いや、ならない!」みたいな口論ばかりに終始しているニポンジンだけれども、実は、こちらから戦争をふっかけたり、逆に近隣諸国からふっかけられたりする「以外の」理由で国が滅びる可能性から、みんな目を背けたいだけなのではないか、という気がしている。

「戦争反対!」とか「日本を取り戻す!」とか大声を上げているうちは、なにか社会のために死力を尽くしている感は出るし、それによって人間的にも満たされるのだろうから。

でも、そのうち肝心なことが手遅れになって泣きを見る気がするよ。まだわたしが生きているうちにさ。


それにしても、(良くも悪くも) 大ぼらを吹くことが仕事の政治家が「絶対」とか豪語しちゃうのだものなwww




まあ、社会が「お互いに迷惑をかけ合ってでもやっていこう」という気分のなかにあるのならともかく、実際、世間に溢れているのは「ワタシが気に入らないものは消えてなくなれ」の大合唱。

やっぱりダメだなわたしも含め。




21:29  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.15 (Fri)

大量消費 溢れ 掃き溜めと 化す世界。人間こそ「捨て場のない 核のゴミ」-NOTE

昨年末に発売された SEGA の某 RPG (PS3) が気になったので、website を見ていたら、DLC 群のなかに「主要キャラクタの追加イベント 各 1,000 yen 」とか書かれていて、いやイカレてんのかと。

「本体希望小売価格 8,222 yen (税抜) 」と比べてみてもおかしくないかい?

別に、それで本編の遊びが劇的に変化するわけではない。というかむしろ、やりこみ拡張型の DLC は無料で配信しているわけだから、これはもう完全に二次元のキャラクタ自体に付加価値をつける類のビジネスなのだということになる。

もちろん、これだけ巨大化したゲーム市場、制作費や宣伝費も莫大なものであろうから、消費者が思い至らない「真実の適正価格」が存在しているのかもしれないが、単純に、あまり愉快な光景とはいえない。


こういうものを見せつけられると、(特にオタクの世界で顕著な) 「コンテンツに対する『愛情』を表すために大金を注ぎ込む」感性は、(始まりこそ自発的なものであれ) 取り巻く環境によって誘導、強化されているのではないかと思いたくもなる。

(ゲーム本編のなかで収まらない、リアルマネーが絡む「ゲーム内追加型ファンサービス」に『善意』があると言えるか?)

社会全体が「いかにして他人からお金をむしり取るか」に腐心しているようで、(しかも、自分たちもまた、その競争にしっかりとエントリーしているということに) 絶望するしか道がない。



まあ、『シャイニング』なんて、だいぶ前から「二次元ゴロ」みたいなシリーズになっているわけだけれどさ。あ、なまえ出しちゃった!www



20:31  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015.05.02 (Sat)

ログイン情報 打ち間違ってた ウケる-NOTE

人生、購買欲求が麻薬的に高まるときがある。

しかし、実際にお金を使い、商品を手に入れてしまえばそれで満足して、同時に潮が引くように意欲そのものを失ったりもするのだ。


新しい PC を手に入れて「さあ、出来ることが広がったぞ」と盛り上がったのも束の間、未だやるべきことが特に思いつかない現状に薄ら寒さを覚える。

(いや嘘。最近暑い暑い死ぬ)


とりあえず、手軽なゲームに逃げるのは良くないよね。



19:08  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |