03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.04.19 (Sat)

無線の アンテナ ゆらゆら-NOTE

「今日の『あさイチ』、綾野剛かあ」と、なんの気なしに録画してみたら、『555』の話が出てきてビックリ。

日頃、『555』大好きと公言しておいて恥ずかしいのだけれど、綾野さんが「カッパフェノク」のあのコだったとは。最終的には死んではしまうけれど、物語上、それなりに重要なキャラクタだった。(「怪人」は「怪人」でも、『555』では意味合いが違うって、まあそこは良い)

まったくの演技初心者だった綾野さんも学ぶことが多かったとのことで、思いがけず良い話を聞けたなあ、とわたしもなにか幸福な気分に。

世のなか、キレイゴトばかりではないのだろうとは思うけれど、こういうものを信じてみたくなるのは、やっぱりアマちゃんの証左だわなwww







これはただの刷り込みなのかもしれないのだけれど、現在放送中のドラマ『アリスの棘』が海外ドラマ『Revenge』に強く影響されているように思えてならない。

むしろ、「『Revenge』面白れー! ワタシもこんなドラマを作りたい! よーし、医療もの要素を足して、日本風の味付けをしよう!」とか考えて企画を出したとか言ってくれたほうが好印象かも。

上野さんも、役の幅を広げなきゃならないお年頃よねーという感じで観ている。それにしても、もう友近が喋っているようにしか見えない、ホンモノの紀香さん……。「紀香です!」www







やっと『KILL la KILL』を最後まで観た。

それこそ「最初から最後までずっとクライマックス」というテンションに引っ張られ、「観させられている」という強制感もないノリの良さに、個人的には満足だった。(惜しむらくは、引越しの影響で二十、二十一話を録り逃したことか)


そういえば以前、有尾さんが(探したけど見つからないから、削除してしまったコメントのなかかな?)「熱いことは熱いけど、主人公がオンナノコなので不完全燃焼」と書いていた。

確かに主人公があの人格設定で、かつ女性でなければならない理由は「どうせ裸にするのなら、オンナノコのほうがウケが良いだろう」という営業的な「sex & violence」でしかないように思える。(といっても、男性キャラクタの裸だって、Photoshop で修正したかのようなダビデっぷりで、まったく「汚い」ものではなかったのだが)

「世界中の人間が着る衣服がたった一社の企業にすべて独占されている」といった設定を見てもわかるように、この作品で語られる「服」とは、例えば『アイカツ!』の衣装のような「ファッション」的な側面を完全に削ぎ落とした「制服(戦闘服)」でしかなく、それもやはり「なぜオンナノコ?」という気分になる。


(ラスボスであるオカンなんてもう、デビルマンみたいな顔になっていたな)


こうなると、いつかに見聞きした「女性を解放するためのフェミニズムが、敵であった父性を『喰らって』、日本社会を『母性社会』に変えてしまった」という話が(ほとんど理解できていないながらも)真実であるようにも思えてくる。

ようするに、今日の「男性性」というものは、すでに「戦闘美少女」で代替可能なほどに希釈されてしまっているのではないか。いまのオトコは「男」というよりも「劣化したオンナ」といったほうが適切なのかもしれない。

そう考えると(わたしはまったく好きではないが)「美少女しか出てこない日常系ダラダラ作品」も、なんとなく理解できるような気がする。あれは「男性が排除されている」のではなく「美少女に代替されたオトコノコ」が乳繰り合っているだけなのかもしれない。まさに「オンナの腐ったようなオンナ」。ぷっぷー。



02:03  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.04.15 (Tue)

地元愛なんていらねえよ、夏-NOTE

Jasmine さん。

わたしが生まれてから成人するくらいまで住んでいた市営 (?) の社宅は、いまはとっくに取り壊されて、狭小住宅の密集する住宅地に変わってしまいました

その社宅には同級生もそれなりにいて、ちょっとした遊び場 (?) のようなものもあって、幼い日の思い出もあったはずですが、もうそれを思い起こさせるようなものはどこにもありません。この頃からでしょうか、自分のことを「戻るべき場所のない根無し草」のように感じているのは。


そういえば、まだ勢いがあった頃の mixi で、当時の級友のその後をいくらか知ることができましたが、なんかダークな気分になって、あまり面白いものでもなかったですね。わたしもともだちいないのですwww

個人的に、社会人になったらもう、学校で出会うような類の「ともだち」はできないのだろうと考えているのですが、Web 世界ではそうでもないようです。

まあ、「ともだち」というか「ご近所づきあい」くらいの距離感であるような気もしますが、無条件に相手を思いやるというのも良いものですね。







「感想文」。

なんかやっぱり、Blog でちょちょいと書き上げるよりも、ちゃんとしたサイトとして遺したほうが良いのかなあ、と思えてきた。

結局のところ、こんな「毎度毎度、ジェネレータが出力したかのような文章」に成り下がったものだけがこの先、遺っていくのだとしたら、アホらしゅうてやってられんし。

以前、ガムベースさんと『笑わない』について、あーだこーだと語り合ったのが面白かったのだよなー。ああいう、ひとつの作品について建設的に語り合うようなことを、もっとたくさんの人と行えるような場所、それこそ「なんとか Cafe」みたいなことをやりたいなーwww




03:27  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.04.15 (Tue)

日本全国 だれひとりとして 上手くいくだなんて 思っていなかったから-NOTE

ケータイで芸能ニュースを漁っていたら、どこかでだれかが「仁科克基も矢口真里のように謹慎でもするのが筋なのではないか」と発言したらしい。

確かに、仁科も矢口も似たような人種だろうに、仁科だけがヘラヘラとしていられるのは(表面上のキャラの違いはあれど)ヘンな感じである。

というか、キャバ通いが善い・悪いという以前に、仁科の人間性が疑わしいものであることは間違いないのだが。前の結婚(生活が継続できていたころ)のエピソードトークとか、気持ち悪かったもの。(ソクバッキーのくせに自分だけ好き勝手したいとか、幼稚なだけだよな)

まあ、だれの興味も惹かないもの同士の色恋沙汰なんて、心底どうでも良いことなのだが。世間が憤慨するとかなんとか、そういうことすらも起こらないだろうに。(矢口も小器用で好感度も良いタレントなどではなく、もっと下品な立ち位置で売っておけば良かったのか?)

それにしても、仁科克基って『メビウス』のレギュラーだったらしいじゃない? 『列伝』のメビウス回とか、みんな、どういう目で見るのかね?







今クール、(すべてがレギュラー出演ってことではないのかもしれないけれど)オダジョーが多数のドラマに顔を出していて、「どうした!?」って感じ。

今日の『ネプリ-グ』を観ていても「あ、仮面ライダー」ってなもんだったし、あと何十年かしたら、ドラマの顔ぶれが「特撮ヒーロー出演経験有り」とジャニーズだけとかになるのではないか、とかは飛躍しすぎか。







小保方さん、こうなったら「(今後の研究に差し支えるので)世間に公表できない情報が多いんですう」とかなんとか、ウヤムヤに引き伸ばしに伸ばして、二、三十年後に「これが『ホンモノ』の STAP 細胞です!」みたいな大逆転をやってほしい。というか、実際そうなりそう。

でも、この「発見」が、世間に向けてあれだけ大々的に発表されたものではなかったら、つまり研究者のあいだで話題になるくらいの、一般ぴーぽーが認知しない規模でのものだったら、STAP 細胞が(最終的に)あろうがなかろうが、ここまで大きな騒ぎにはならなかっただろうになあ。(最悪でも)研究者が数人、失職するくらいのことでは、だれも関心を抱かないだろうから。

最初に色気を出したのはだれなのだろうね。



02:35  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.04.13 (Sun)

生徒の時期-NOTE

日本語では小学生を「児童」、中高生を「生徒」、大学生を「学生」と呼ぶ(らしい)。

さて、Free Novel Game も含んだオタクコンテンツにおいて、なぜ「学生の時期」を舞台設定とした作品が多く描かれているのか、ということを考えた。

「ラブコメ」は当然のこと、「バトルもの」だろうが「伝奇もの」だろうが、「ファンタジィ」だろうが「SF」だろうが、ジャンルを問わず、とりあえず「学園生活」か、すくなくとも「学生」の身分なのである。(そこまで積極的にアニメを追っているわけでもないわたしでも良く見るのだから、相当量が作られているものと思う)

ただこれは、その作品の主要なターゲット層が中高生であるから、彼らにとってある程度のリアリティを持った設定になっている、とも考えられる(し、実際、そういう側面はある)が、しかし、未成年はアクセス不可能である(ということになっている)PC ゲーなどのアダルトコンテンツでも似たような傾向が散見できることから、営業的な選択ということだけでは納得できまい。

結局のところ、日本人にとって「義務教育+高校生」の時代は、恐ろしく強烈な原体験として記憶されているのだろう。逃れえぬ質量を持った天体のごとく、ココロのまんなかに鎮座しているのだろう。ある意味で日本人は、この「学生の時期」に囚われているのだともいえる。

とても下品な推測をすれば、あまり良い思い出のなかった「生徒の時期」を、小気味の良い幻想でもって上塗りしているのではないかとも考えられるが、現実はどうなのだろうか。



と、ここで自分語りをしてみれば、「生徒の時期」を早々にドロップアウトしたわたしには、この時期に対してある種の「羨望」や「後悔」の念はあっても「共感」のそれはないのだ。この共感の欠如が、わたしの「学園もの」への苦手意識につながっているように思えてならない。

しかし、それでいて「生徒の時期」を舞台にした映像作品は好んで観るという矛盾もある。これはなぜかと自問してみると、映像作品のほうは「俳優さんが演じている」という明確な「フィクションの構造」を理解しながら目にしているから冷静でいられるのではないか、と思う。

そして(ほぼ制作者ひとりが物語部分のすべてを司っている)Free Novel Game ではその「歴然とした虚構」の部分が薄ぼんやりとしていて、ココロの距離の取り方がわからないのでは、と自己分析してしまう。




00:59  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.04.12 (Sat)

クリティカルで 戦闘終了すると 損した気分 になる-NOTE

いまさら『真・女神転生 III NOCTURNE』の『MANIAX』(追加要素を含んだアップグレード版。『DMC』シリーズの主人公・ダンテがゲスト出演している)の『chronicle edition』(ダンテに変わってデビルサマナー・葛葉ライドウがゲスト出演)をプレイしている。

オリジナル版が発売されたのはもう 10 年以上前になるのだけれど、面白さに陰りはない。(若干メンドくさい部分はあるけれど)

ただ、そのなかに出てくる悪魔、原初の女神ニュクスさまが「長身のケバいマダム」になっているのだよなー!

メガテンに登場する悪魔のデザインは時期によって刷新され、それ以降の作品では、新しいほうを引き継いだり古いほうに戻ったりして、さまざまなテイストのものが混在しているわけなのだけれど、個人的には『if...』のときのような「黒いワンピの女」が良かったのだけれどなー。

なんかテンション下がった。アマテラスも男性版みたいだしさー。オベロンは「カブトムシ」じゃないほうだけれどさー。







ノート PC 本体のキーボードを使いたくなくて、わざわざ別のものを外付け接続するという USB ポートの無駄遣いのようなことをしているのだけれど、ちょうど今夜その USB キーボードが壊れた。(どうせやっすいヤツなので、これまでもおなじようにダメになったことはあるのだけれど)

夜中にこうなると、もうどうしようもない。慣れない本体のキーで打っている (´・ω・`)







ナナシ@419 さん。はじめましてでしょうか、コメントありがとうございます。


れんれん堂さんのところのゲームって面白いんですか?

これが、いわゆる「一般的なレビューサイトで高評価を得る」という意味での「面白い」であるのなら、たぶんご期待には沿えないのではないかと思います。

特に(もうあまり残っていませんが)初期の作品は「娯楽作品」というよりかは「制作者の抱くなんらかをそのままアウトプットしたもの」になっていますので。

ただ、れんれん堂作品、わたしは好きですよ。まだゴツゴツとした「原石」って感じで。


プレイされたり感想を述べたりはしないんですか?

最近は Free Novel Game もご無沙汰気味です。怠慢ですね、すみません。もしも、そういったエントリを期待されていらっしゃたのなら申し訳ないです。

そのうち更新できれば良いのですが。「商業ゲームやってんな」って感じですが。



02:08  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.04.08 (Tue)

一日中 TV つけっぱ は 無駄ではないのか-NOTE

4月4日、テレビ朝日の『伝説アイドルから歌姫まで 不滅の歌謡曲 5,000 人アンケートで選ばれた日本の歌謡曲 超豪華 !! 3h SP』という懐メロ特番でのこと。

確か、西城秀樹だかの過去映像のなかで、彼に向かって熱心に声援を送るオンナノコたちが皆、揃いも揃って「ずんぐりオバハン体型」だったので、思わず笑ってしまった。

『ちびまる子ちゃん』では、まる子のお姉ちゃんがヒデキの大ファンという設定なので、さくらももこの世代はきっと、誰でもあんな感じだったのだなあ。違和感があるのは、現代の視点から見ているからというだけで。

あと、これこそ三ヶ月で終わりそうな『いいとも』も後番組『バイキング』の初回冒頭、『いいとも』放送開始時の茶の間を再現した映像が流れていたのだけれど、32年前って、あんなに「昭和感」漂う感じだったのかあ!? なんか信じられないなあ、自分の年齢からすると。

この若者の体型の変化は、良く言われているように食生活や社会環境が欧米化していった結果なのだろうが、いまからまた 30 年経過した後の日本では、例えば女子バレーボールのナショナルチームも、全員が 2m 超のモンスター軍団みたいになるのだろうか。それは無理だろうか。


あと、ジュリーが単独で小コーナーとして特集されていたので、Jasmine さんも観ていれば良いなあ、と思った。







日曜深夜、NHK の音楽番組で SKE48 とオアシズ大久保さんが共演したらしい(まだ観ていないので詳細は知らない)ということで、早く『エビフライデーナイト』の 2 がやらないかなあ、とあらためて感じた次第。

まあ、同枠(日テレの「48 group 枠」)でいままでやっていた『NOGIBINGO! 2』はクソつまんなかったけれど。

「HKT48 との対決形式」がウリだった (?) 前回『NOGIBINGO!』も、回を重ねるごとに尻すぼみになっていってアレだったのだけれど、やっぱり印象は覆らなかったなあ。乃木坂自体は好きなのだけれどなあ。



01:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.04.05 (Sat)

ひさしぶりに PS2 の画面見て びっくりした。でも慣れた-NOTE

「本、捨てなきゃなあ」とか言っていたくせに、書棚替わりのメタルラックにジグソーパズルをはめ込むかのごとく押し込み、まるでテトリス(4 lines 消すときのアレ)のような征服感を噛み締めていたのだけれど、急に耐荷重が不安になったりなんなり。

あともうちょい、細々したものをづ収めるかというところで、ゲームに走ってしまったぜ……。

ぶっちゃけ、もう飽きたわい。消費税も上がったし。ところで、一年半後には、また 2 percents 上乗せされるのね。この狂騒もすでに一時の夢よ……。







Jasmine さん。

引越し前、実家の冷蔵庫をさらってみたら、賞味期限「2010年」とか、それ以前とか、フツーに出てきました。ぜんぶ捨てましたけれど。

主婦、というか「冷蔵庫の管理者」にとってはある種の「宝箱」のようなもので、とにかくそこにたくさん詰め込むのが気持ち良い、ということなのかもしれませんね。

わたしからすると不経済の極みなので、反面教師にしていますが。

それにしても Jasmine さん、料理でもチャレンジブルなお人ですねwww







アニメ等のことで有尾さんに「女児向け作品については、女児に対する『健全な特性』を有しているかどうかを評価基準としているが、男児向け作品については、その姿勢がないのではないか」と指摘されて、我が身を振り返ってみれば確かにそのとおりだった。

というか、『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』が「男児向け」だと意識に上がったこともなかったかもしれない。少年マンガが少年向けだけではないように。

まあ、オトコはバカだから、「ちいさい子向け」だろうが「大きい子向け」だろうが、やってることに大差ないじゃん、と感じている部分はあるのかも。朝のアニメと夕方のアニメと深夜アニメ、どちらのどこにどれほどの違いがあるのか、良くわからん。



20:18  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2014.04.01 (Tue)

『牙狼』新作 またやるのね 有尾さん-NOTE

アニメであれゲームであれ、女性キャラクタはみな、右を見ても左を見ても、巨乳ばかりである。

あまりにも多いので、キャラクタを描く絵師さんにしてみると、乳がデカいほうが全体のバランスとりやすいのかなあ、くらいに思えてくる。

とはいえ、例えば「ブレザーまで着ているのにボディラインがハッキリとでている JK」などを見ていると、やっぱりイミフだなあ、という感想しか抱けない。


それと、ニポンジンは「とにかく乳を揺らさないと気がすまない」国民性なのだろうが、現実的には、乳を揺らしていると乳腺を吊っている腱だか筋だかヘタレて乳が垂れてくるそうだ。(しかも大きさは関係ないって)

グラビアアイドルとか、受難の極致だな。あと、欧米人は一般ぴーぽーでも谷間を強調したりしている。狩猟民族。



わたしが女児向けアニメを好むのは、そういった面も関係しているもかもしれない。別に巨乳キャラがまったくでてこないというわけでもないのだが、それでも胸を強調するようなデザインはすくないから。(リボンとかのラブリーなのは多いけれど)

そういえば、女児向けアニメの主要キャラって中学生ばっかだ。『アイカツ!』も『ジュエルペット』も『PR』も『プリキュア』も。

むかしの女児向けアニメのヒロインが魔法で変身するオンナノコは、もうちょっと年齢高かったように思うのだけれど、最近、芸能人も低年齢化しているし、JK までいくと女児的に未知すぎるのかもしれない。いや知らんけど。



はなしは変わるけれど、『PR:RL』の最後は力技だったなー。そのわりに、前二作のクライマックスで見せた「狂ったテンション」もなかったし、新作がないのもやむなし。再放送はただのリサイクル。

『ハッピネス』も最終エピソードは長いし、上に輪をかけて力技だし(作画はシッカリして終わったけれど)、さすがに次は……と思っていたら、フツーにありました『レディ ジュエルペット』。

番組ロゴの「レ」の字が「6」をひっくり返したように見えるのは妄想ではないはず。

あと、予告スポットで観た『レディ』のキャラデザは、まるっぽくやわらかい印象だった『ハッピネス』とは違い、線が細くて若干、戸惑ったのだけれど、上記リンクの公式サイトのイメージはカワイイな。主人公、またピンクに戻ったか。



02:51  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |