07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.31 (Fri)

映画館でかかっているものが「映画」であるとは限らない 12.08.29-NOTE

「上映開始から 1ヶ月経ってしまっているけれど、まだ余裕だろう」と高を括っていた『メリダ』が、予想に反して近場のシネコンで全滅していたので、遠出することになってしまいました。これで暑くなければ街の散策でもしたかったくらいの場所だったのですが、実際は「エアコンの効いた場所から一歩も出たくない」という気分でした。

それにしても、学生はまだ夏休みだったのですね。小中学生(と、その親御さん)の生活サイクルからいうと、正午までが最も動員数が多いのだと知りました。昼と夜では、ちょっとビックリするほどの違いでしたね。




仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!
特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!


まずはスーパー戦隊から。完全に本編の「いちエピソード」でしたおわり。

いや、実際、テレビ放送に数分足した程度の尺で、劇場版オリジナルキャラクタを登場させて、それに絡んだドラマを描いてオチまでつけて……というこれまでのシリーズの劇場版こそが「無理があった」のだと常々考えていたので、むしろこれで良かったのだと思いましたよ。

ただ、エンドロールで「エネたんの声優さん」を確認してビックリはしましたけどwww まったく気がつきませんでした。アイドルってスゴイなあwww



お次はフォーゼのほう。「原幹恵まつり」でしたおわり。

いや、原さんがいちばんガンバっていたし、いちばん目立ってもいましたよ、ほんとうに。そりゃあ、全身アザだらけになって、周りから「DV 被害」を疑われもするわな。

次の映画までの待ち時間に特撮雑誌を立ち読みしていたのですが、どうやらキョーダインだけでなく「XVII」にも元ネタがあったようですね。要は、最近とくにちからを注いでいる「幅広い世代にアッピールしよう」という意図なのだと思いますが、正直、「元ネタがあるうんぬん」という余剰価値をとっぱらって考えたとき、「それほどおもしろくはない」という気分になるというか。

なにか、「元ネタありのキャラクタ」を登場させるためにおはなしを組み立てたようで、「懐古主義的」というか「オトナの悪ふざけ」というか、あまり良い印象ではありませんでした。


でも、やっぱり過去のゲストキャラクタがいっぱい出てくる、という演出は良いですね。『W / Double』の劇場版でもそうでしたが、4クールを通して観続けた積み重ねが、あの一連のシーンでの登場人物の感情に呼応するというか。

きちんと 40個のスイッチを順番に押していく様子を映すのも、弦ちゃんへの想いの強さが表れているようでグッときましたね。まあ、スイッチがぜんぶ壊れちゃう、というのはちょっと都合が良かったのですがwww

しかし、理事長がスイッチを押すのを本気で手伝ってくれることといい、最終回に通じる部分がありましたね。いちおう本編ともつながっているようですから。どおりで、最終回に登場するゲストキャラクタが教師陣しかいないわけですねwww


気になった部分。「財団 X」に提供しようとしていたホロスコープススイッチは 12個すべてあったのですけど、あれって複製品なのでしょうかねー。それってありえない気がしますけど。でも、理事長たちが自分のスイッチを手放すとも思えませんし。あと、理事長自身は変身しないのに、エネルギー体のサジタリウスはいるという。なんでや。

あと、最終決戦は宇宙でやるわけだからしかたがないことなのですが『Wiz』の登場がけっこう早かったですね。その際、フォーゼから「仮面ライダー」の存在を知らされるわけですが、『Wiz』で「仮面ライダー」を名乗るのかはまだ判りませんが、ここでのやりとりから「仮面ライダー」を自称するようになった、ということが見えれば最高なのですけど。まあ「大戦」限定なのかな。




MARVEL'S THE AVENGERS <字幕版>

TBS radio の『Weekend Shuffle』での映画評を聴いて、これはぜひ観てみようと思ったわけですが、気がつくと宇多丸さんの指摘した注目ポイントを確認しながら鑑賞していて、終わってみると「純粋にまっさらな感覚で楽しんだ」という感じではなかったのがちょっと残念でした。

いや、もちろんおもしろい映画だったことには違いないのですが、意識的な問題として。どちらかといえば「ストーリーテリングの勉強」といった臨み方になってしまいました。

まあ、Blu-ray 待ちかな。




メリダとおそろしの森 / BRAVE <吹替版>

短編『ニセものバズがやって来た / Small Fry 』

というか、「取り残された販促トイズたちのグループセラピー」というネタのなにが可笑しいのか、こどもたちに判るわけないじゃん、というかwww こういう、けっこう攻めている(?)ところ、好きだわーwww

あと、TBS Radio(またまたですみません)の『日曜サンデー』で、『Monsters, Inc.』の主役コンビが次回作『Monsters University』出演のオファがまだ来ていなくてちょっと心配、と話していましたが、この 7分の短編でもきちんとオリジナルキャストを呼んでいるところを見ると、たぶんだいじょうぶなのではないでしょうか。というか、来年公開ですし。



短編『月と少年 / La Luna 』

いつもの無声的短編。童話的というか優し気なファンタジィ。

少年の肌のプニプニとした質感や、月に落ちた流れ星の「柔らかな硬質感」が美しかったです。星を蹴った時の「キンキン」という音が、どこか幻想的で良かった。

物語的も、親から押し付けられたものをただ受け入れるのではなく、自分に合った自分だけのやり方を発見する、という『メリダ』にも通じるものになっていてココロに沁みました。

というか、この短編がいちばんおもしろかったですよwww



『メリダとおそろしの森』本編

いや、なんというか、「こじんまり」としているなー……と。

要は、ほんのできごころで思わぬ大惨事、トラブルのおかげで母娘の理解が深まる、そのついでに人助けというシチュエイションコメディですよね。ほんと、お城と森を行き来しているだけだし。

魔女のおばあさんだって悪意があってどうこうというわけではなく、ただお客の依頼に応えていただけだし。魔法の解き方もどこか「説明的」で、ちょっと上手い感じがなかったし。あれれ~?

個々の「小ネタ」の切れ味は「さすが」の一言だったのですが、全体として見ると、物語が「想像力の外側」に広がっていくような感動が今回は感じられませんでした。な、なにゆえ?


ただ、映像表現の良質さは変わりありませんでしたね。「Pixar」の Website ではじめてメリダの「くりくり」とした髪質を見たとき、この複雑さを表現できる技術力を誇示したいのだなー、と邪推してしまったというか。

先日観た『The Incredibles』では、ところどころ「作り物」めいて見えてしまった部分がありましたが、あれから何年も経て、もう「顔の造形」や「複雑なデザインをした服装の自然な挙動」も完璧、といった感じではないでしょうか。メリダの表情や肌の質感も美しかった。熊の身体つきもリアルでしたし、鬼火もかわいかった。

画がすばらしかっただけに、物語にハマりきれなかったのがとてもおしかったです。あー……。


来年は「モンスターの大学時代」か……。これもだいじょうぶなのでしょうか? ただ、予告アニメでは笑ってしまいましたけどwww


追記:

どちらかといえば、魔法で熊に変わってしまったことで、人間のメンドくさい理屈から弾き出されたエリノア王妃のほうが先に、娘に対する理解を深めたように見えた。メリダの意識は母の変化に引きずられていただけだったような気がする。

お城でのメリダの「演説」にヒントを与えたのも王妃だし、クライマックスでメリダのことを身を挺して助けたのも王妃だし、最後の魔法が解けるシーンを観ていると、王妃がメリダを許し認めたことで「娘の運命を解き放った」のだとも思える。その役目を終えたから人間に戻れたのだと。

この作品の原題『Brave』はもちろん「勇気を持って物事に挑めば、運命だって変えられる」という(けっこう明確に語られる)テーマを端的に表したものであるが、主人公の「メリダ王女」は、そもそも勇気と行動力を持ち合わせた活発な少女であるのだから、とくにカタルシスがあるというわけでもない部分が、「あれれ?」の理由かもしれない。

おそらく物語のその後、メリダは父であるファーガス王の跡を継ぎ「女王」になるのだろうな、と想像できる。(三人の王子には旅にでも出てもらおう)そして、メリダはそれまでの慣習を自らの行動力で変革した「偉大なる王」として新たなる伝説になるのだ。そういった未来が「古い伝説」であるモルデューの魂を開放したことで表されているとも思える。

まあ、妄想だけど。……そういうはなしが好きなのですよwww



02:50  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.31 (Fri)

新番組 「仮面ライダー サジタリウス」 このあとスタート!-NOTE

sagi2



見た目、「最後の追加ライダー」みたいでカッコ良いよねー。カラーリングも「フォーゼ(白)」「メテオ(青)」と続き、きちんと差別化されているし。

それに「ライダーキック」も放っているしwww その際に発した「月面の塵と消えろッ! コアチャイルド!」も、ディアボロあたりのセリフっぽくて良い。



00:07  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.28 (Tue)

「最も正しい側」にいなければ という 強迫観念-NOTE

以前「au なんとか」とかいうインテリ製作者クンに(知らないところで)小馬鹿にされていたとき、彼の書いた「akino」の人格的部分に関する印象を読んで、「あー、親の影響って怖いなあ」と思ったことがある。

わたしはおそらく「正義感に中毒している」人間なのだろう。


まあ、そんなことはまったくどうでも良いことなのだが。いまさら治りもしないし。






AKB48 のセンターであった前田敦子さんの「劇場最終公演」を生中継するという特番を観た。


彼女たちのこれまでの活動のなかでの悲喜交々、さまざまな葛藤や達成感、一般人だったなら味わうことのない苦渋や幸福感、これからも増え続ける思い出などのすべてから発露した、メンバーの前田さんに対することばやなみだは「真実」なのだろうと思う。

その一方で「アイドルの成長とは『奴隷』としての成長である」という指摘もある。「恋愛禁止」などの人間性を否定するようなルールに縛られているアイドル活動を通しての「成長」など、「真に人間的な成長」だとはいえない、というのだ。(この論は、指原さんの「左遷騒動」の際に、ある Blog で目にしたものだが、指原さん、もうフツーに「AKB」にいるよなwww)

この「アイドル=奴隷」論が仮に正しいとすると、社会の腐敗や不正義というものは、前田さんの卒業イベントのような「美談」というかたちで緩やかに温存され続けるのだな、と感じた。まさに「地獄への道は善意で舗装されている」である。



AKB の栄華を礼賛するような特番と、それをほぼ全否定するエントリとを並べてみたとき、改めて「当人以外にはまったく価値のない人生」の集合体が、わたしたちの「社会」というものなのだなあ、と思う。

例えば、自殺者ひとりひとりにフォーカスすれば、それぞれの事情が必ず存在するはずなのに、しかし、アングルをグッと引いてみればそれは、「年間自殺者:三万人」という数字の上での出来事でしかない、というような。

(考えがまとまらない……)



それにしても、「制服なんて着てらんねーよ」と AKB48 の本格的なブレイク直前に「卒業」していった大島麻衣さんは偉大だよねーwww



02:31  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2012.08.23 (Thu)

Paul Valéry 氏 曰く-Hell in the mind.



人間の本性は「善」である。


なぜなら人間は忘れっぽく、


なまけ者で軽々しく信じ、


浅薄であるからである。




01:26  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.21 (Tue)

いまから ガンバっても 30代半ば じゃね?-NOTE

むかしから知る同年代の親戚が、例えば「どこそこに就職した」とか、「結婚した」とかいう近況話は、ただの「事実」としてフツーに受け入れることができる。

しかし、その親戚が(しかもおなじような時期に相次いで)いつのまにか妊娠・出産を経て人の親になっていたことと、それを自分の目で実際に確認したことは、自分の人生を省みざるを得ない、少々複雑な体験だった。

おそらく年齢的なものなのだろうが。


というか、平均年齢から厳しめに比較してみても、まだ人生は半分以上も残っているというのに、この「すでに終わった感」はなんなのだろうか。やってらんねーの。



02:03  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.16 (Thu)

Madrid or Istanbul ?-NOTE

「London 2012」の閉会式を観たけど、「Fatboy Slim」と「The Spice Girls」と「Queen」くらいしか判らなかった。さらに、テンション上がったのは前の二組くらいのもので。




それにしても、仮に「Tokyo 2020」が開催される運びとなったとして、「開会式」と「閉会式」でどんなパフォーマンスをするのだろうなあ、と気になった。

なんといっても全世界で中継されるわけだから、ヘタなことできないよなー。でも、こういうイベントで力を入れても、いまいちパッとしなさそうで怖いよねwww

まあ、世界でもウケる日本の文化といえば、「オタクカルチャ」と「伝統芸能」くらいだから、思い切ってそこらへんを推していけば良いのではないか、と思う。

開会式では厳かに「大カブキ・ショウ」とか、閉会式ではちょっとハジけて「コスプレイヤを大量に投入したなかで初音ミクにでも歌わしておく」とか。あるいは全国のアイドルを集めて、国際社会からヒンシュクを買うとかwww

まあ、8年後の日本で、いったいなにが流行っているのか読めないから、こんな予想もムダなのだけれどねー。

というか、こういう場合、だれあたりに演出させたいのだろう。たけしさんとかかな?




でも正直、こんなクソ暑いなかで競技をしてもらうというのも酷だし、なんだか申し訳ない気分になるので、止めたほうが良い気がするけれどwww

ロンドンと違って、いまの東京で 20時頃に気温が 20度を切るとかありえないからなあ。日本人でもウンザリするのに、外国人とか耐えられないと思うよ。

よほど好きにでもなってもらわない限りさ。



00:29  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.14 (Tue)

あたま 良いひとも 大変だよなあ-Hell in the mind.

というかさー、

logic

logic-2


※「おっと長めの追記だ」



02:04  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2012.08.14 (Tue)

To infinity and beyond !!-NOTE

sagi

「我が望みこそ(人類の)光明である」



理事長は『ジョジョ』のボスのように「悪の信念を持った強敵」という人物描写になっていて好きだ。序盤ではほとんど露出がなくて、どうなることかと思ったけど。

「Next Decade」のラスボスはどちらも、なにを考えているのかいまいち判り辛い「変人」だったからなあwww



01:09  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.13 (Mon)

くだらない 人生を 切り出すよっ!-NOTE

ウチの洗濯機はフタのロックがバカになっているので、放っておくとロックが解除されない。


そのため、回すたびに最低一回は止まってしまう。ロックを外すさないと、つぎの作業に移れないときがそうだ。


そういうときは、「Start」ボタンを押すと一時的に「ロックを外そうとするが外れない状態」になるので、タイミング良くフタを持ち上げる。上手くいくとロックから逃れられるので、洗濯機は通常通りに動き出す。フタを閉めるとまたロックがかかる。その繰り返し。


それ以外はフツーに動くので、結局そのまま使っている。修理に出すのもメンドくさいし。


ロックが外れないと異常を感知して警告音を発するのだが、毎回「ピーピー」鳴いているのを聞いていると、「犬とか飼っているとこんな感じなのかな」と考えたりもする。



……泣いてないよフラメンコ。



02:30  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.10 (Fri)

恐怖! わんぱく腕力男-NOTE

今日、電車に乗った。

改札口を通るとき、近隣の駅でホームから線路に落ちた人がいたとかで、確認作業のために運行が滞っているとのアナウンスが聞こえた。

そのため、ホームに降りてみると、けっこうな人が待ちぼうけをくっている状況だった。わたしは今日がまだ、過ごし良い気候で助かったと思った。


やがて、通常運行から十数分遅れで電車がやってきた。時刻は日暮れ、もともと乗客の多い時間帯に運行の乱れの影響でさらに人が増えたような状況だった。見るからに暑苦しそうな光景に、すこしゲンナリとする。

そんな車内に乗り込むも、当然座れるわけもなく、立ち隣り合う人々との微妙な距離感が煩わしいまま、次の駅までは十数分。


走行中、空間が密閉された時間が半分も過ぎた頃、男性が声を上げた。



00:44  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.08.04 (Sat)

クチに してはならない コトバ-Hell in the mind.







有尾さんの文体が「幼稚園児の目線に合わせるようなの」になっているwww

情けなくて、死にたいwww







00:10  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2012.08.01 (Wed)

Erect-ric Parade-Hell in the mind.

わざわざ語ったり考えたり批判したりするだけの

時間と労力を割く価値のあるものではない
」というとき、

「わたしに考えさせたくない」のか、「自分が考えたくない」のか、

「見たくない」のか、「見るべき」なのか。


しかし、「先程 30円で買ったガム」の理由、その「なんとなく」の先を

夢想することこそ、「わたしという世界」を「編集」する作業である。



23:52  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | HOME |