06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.07.31 (Tue)

Inspire a generation-NOTE

自分の限界を超えられないのが凡人。


人間の限界を超えていくのがアスリート。


しかし、例えアスリートであっても、長い期間


「王」であり続けることは難しい。


留まることのない時のなかにあって、すべてはただ


歴史の一部として過ぎ去っていく。


わたしたちはその刹那を目撃している。



01:32  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.07.30 (Mon)

「朝生」から 続けて 観てやったぜぇ~! ワイルドだろぉ~?-NOTE

「the London 2012 Summer Olympics」の開会式を観た。

「3時間とか、持つのかなあ?」などと思っていたら、結果的に「45分押し」だった。しかもその後も起きていなくてはならなかったし。眠くて気持ち悪くて死ぬかと思った。いまも眠いよ。




前半部も高評価だそうで「まあ良かったわね」という印象ではあるが、個人的には後半部の 200超にも及ぶ参加国・地域による入場行進のほうが見応えがあった。

単純に知らない名前が出てくるとワクワクするし、また、英語表記と日本語での呼称との違いを知ることができたのも有益だった。どうでも良いことだが、そういうのが好きなのだ、わたしは。


「商業主義の支配」や「逃れる術もない薬物汚染の宿命的蔓延」など、オリンピックが掲げる高潔な理念とは程遠い側面も確かにあるのだろうが、(何百人もの大選手団を送り込み、『メダル争奪戦争』に興じている国は別として)代表選手を「片手で足りるほど数」しか出せない国・地域のなかで、それでもスポーツに人生をかけようと奮闘している人々にとっての「ひとつの大きな目標」としては、やはり意義深いものがあるのではないかと感じた。




それにしても、性格的に「いらち」気味のわたしとしては、ある程度粘れたり、そもそもの時間がかかってさっさと結果が出ない「柔道」や「サッカー」のような競技より、「競泳」や「陸上」や「重量挙げ」のような、チャキチャキと勝者が決まっていくもののほうが、やはり好ましいな、と思った。

そういった競技は、アスリート特有の美しい筋肉が際立って見えるし。男女を問わず、「肉体美」ということばはトップアスリートのためにこそあり、あの美しさの前では、そこらの「Korean Star」など取るに足らないものだと実感させられる。

あと、「競泳」の水中カメラで撮らえられる「水着にまとわりつく気泡」が「ハイビジョン映像」という雰囲気でちょっと感動した。このクソ暑いなかで観る水中競技は格別だ。




それにしても「イスラエル」と「パレスチナ」が綴りの上では遠くにあって良かったなあ、とか、「Jamaica」の真後ろである「Japan」は不運だなあ、とか、まあどうでも良いことだが。



03:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.07.17 (Tue)

「未来は より 良くなる」は アマい んだって-Hell in the mind.

「嫌原発・脱原発」派が、どうあがいても結局は「敗北」へ続く道を歩むしかないのは、日々の生活(「電気に依存する生活様式そのもの」であり「生活費を稼ぐための職場そのもの」であり)を人質に獲られているような現状では、「原発は憎いが……しかたない」という論調に落ち着くしかないからである。

原発事故当時、他人事のように原発擁護的な「正論」を唱えていた連中は、自分たちの「勝利」を疑っていなかったので、あれだけエラソーに振る舞えたのだろう。いま現在でも「来るべき未来」を想像してニヤついているのかと思うと、心底ムカついてくる。




現実的に考えれば、電力は必要不可欠である。

電力の安定的な供給が確保されなくなって海外のように停電続き、というような状況はありえないし、「節電、節電」とどれだけ宣伝されても、殺人的な酷暑を前にすれば生命維持のためにエアコンにでも頼らざるを得ない。

製造業が瀕死の状態になって国全体がビックリするほどの貧乏になるのもゴメンだし、オタクカルチャーがカラッポになってしまうのも(ジャンルにもよるが)耐えられないことだ。


だが一方で、あの未曾有の大事故を体験して、自分や家族や友人やこどもたち、あるいは遠い子孫の未来について真剣に考えた末に、「脱原発」の声を上げることもある。

そもそも、すべての日本国民は「不当に健康を害されない」権利を有しているのだから、原発が生み出す膨大な電力など無視してでも「よりクリーンな社会」を追求する、という態度は「間違ったもの」ともいえないはずだ。


はっきりいってしまえば、これは「エゴ」である。それぞれを並べてみれば明らかに相反するものであるし、現実的でない面も多分にある。だからといって、この「剥き出しの本音」を「愚かで醜いもの」として断ずることができるのか?

仮に「嫌原発(というか、わたしのような人間)」が「お花畑」だとして、その対極にいる原発擁護派、例えば「あの規模の津波に襲われても、あの程度の損壊で済んだのだから、むしろ原発(=日本の技術力の高さ)を褒めるべき」といったような、パンピーには良く判らない理屈で東電を擁護していた「技術者脳」や、「原発事故による『直接的な』死亡者などいなのだから、大した問題ではない」とか「原発止めたら電気がなくなるぞ!(ドヤ顔)」とかいっていた「科学主義のリアリスト」などの態度は、「正当で美しい」というのだろうか。

わたしは「そうは思いたくない」。



この先、「嫌原発・脱原発」派が惨敗したとしても、それは「原発擁護・推進」派の勝利などではなく、ただの「日本終了」への通過点に過ぎない、と思うことにする。

とりあえず、全員くたばれ。



01:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.07.16 (Mon)

いますぐ会いたいよ I'm just crazy for you-NOTE

そろそろ寿命が来てもおかしくないけど、いま壊れられると非常に困るもの。




HDD レコーダ

なんとビックリ、『電王』のゼロノス登場直後くらいから使い始めて、いままでとくに不具合もなく、まだまだ現役なコ。つまりはもう 5年以上のつきあいになる。

正直、このコがいちばん可能性があって、いちばん困る。わたしのいちばんの趣味が消し飛ぶのだからねっ!




AQUOS 20v

上記レコーダとともに購入。まあ別に、このコはまだそれほど心配していない。

だけど、HD機でゲームするなら「32v」以上のフルハイビジョン対応でないと、ちょっと損した気分になる。テレビ自体の性能も、もっと進化しているはずだし。




FRONTIER 製 BTO ノート PC

「XP」でメモリは「512MB」。いま、このエントリを書いている、このコのことである。

正直いって、現在や近い未来のインターネット環境のことを考えると、すでに「遺物」みたいなものかな。ちょっと重い動画を再生したとたんに flash が crash するとかヘコむしかない……。

次に PC を買うときはきっと、メモリを「8GB」以上積むんだ……。あるいは『windows 8』の発売直前に『7』搭載機が安くなるだろうことに当て込んでみるとか。




緊急にほしいもの / 外付け HDD

上に書いたように低スペックなウチの「XP」さんは、当然のように積んでいる HDD の容量も「80GB」しかない。

まあ、別に「外付け HDD」にデータを移してしまえば、それでなんの問題もないのだけれど、手持ちの HDD の容量がつきた。

山のように積んだフリーゲームが、ムダに HDD を圧迫しているよー。「100MB」以上の作品とか、当たり前の世のなかさ。




おまけ

「Kylee」の『17』を、いまちょうど聴いているところ。

彼女の思ったより「ドスい声(専門的にはどういう声質といえるのか?)」が心地良い。



23:56  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.07.15 (Sun)

悲しみょ こにゃにゃちゎ-NOTE

上野動物園の子パンダちゃんに献花しにいって、カメラの前で号泣しているひとがいた。

そのひとの「短い間だったけど、わたしたちを楽しませてくれてありがとう!」といったようなコメントを聞いて、ああ、子パンダちゃんは、その小さなカラダでは割に合わないほどの速度で「消費し尽くされてしまった」のだな、と思った。


ところで、子パンダちゃんのためにわざわざ献花しにいくような「二百人超」の方々は、家の近くの交差点でひき逃げ事故があったとき、おなじように悲しんでくれるのかな?

絶滅危惧種でもない、外交上のカードにもなりえない、そしておそらくたいして愛らしくもない、ただの「人間」なのだけれども。



01:20  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | HOME |