03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.04.30 (Mon)

髪色に関しては 母親の血が 濃ゆいのな-NOTE

みなさ~ん、『ガンダム AGE』、まだ観ていますか~? わたしはもちろん、まだ観ていますよwww

そもそも、わたしは「ガンダム」にそれほど思い入れはないのですが。というか、すこしでも思い入れがあるひとは、とっくに観るのを止めているかな?www


『ガンダム AGE』に評価できる点があるとすれば、それは「大河ドラマ」であることでしょう。すくなくとも、わたしはその一点だけの理由で観続けています。

「大河ドラマ」は、「現在」がすべて過ぎ去っていくなかで、「変わるもの・変わらないもの」「変えたもの・変えられないもの」が幾重にも積み重なって「深み」を生み出すものです。例えば、「あのキャラがああなった」とか「過去の事件が現在に大きな影響力を持っていた」とか、そういった枝葉のように広がっていく因果関係を「外側」から俯瞰的に体感できるのが大河ドラマのおもしろさではないでしょうか。

といっても、『ガンダム AGE』の「世代間の引き継ぎ」には「意外性」も「人間ドラマ」も「伏線らしい伏線」も、なにもないのですが。だからこそ、主要キャラが殉死しても、そこになんの感慨も生まれない。ただ加齢しているというだけでは、「時代を経た」ことにはなりませんよねー。

結局、「地球種・ヴェイガン間の戦争」という主軸部分を消化するだけで物語が進んでいますからねー。ずっと「戦争状態(似たような状況)」であるなら、あるべきはずの「時代の移り変わり」が空気になるのも当然かもしれません。それだと何十年も交戦している意味がないけど。

そもそも、コールドスリープで年齢を操作できるのも、時の移ろいのなかで古いものは去り、新しきものが現れる(=だれも時の流れに逆らえない)という「大河ドラマ」の基本的な思想に反する設定ですよね。


まあ、現在の商業ゲーム業界を牽引する「時代の寵児」も、「ナゾトキ」や「こども向けサッカー」ならともかく、「戦争」や「人間ドラマ」といった難しいテーマを扱うには、ちから不足だった、ということなのでしょう。

それにしても、あのメガネのメカニックの子のほうに死亡フラグが立っていたのには驚いた。死ぬのはぜったいキノコあたまだと思ったのに。



02:49  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2012.04.30 (Mon)

趣味の、さらに 最もニッチなる 作業 について-NOTE

カルフォルニア・キング・ベッドちゃん!(形式的挨拶)



別に、じぶん発信で始めたことが「一定の成果」を出さなければいけないわけでもないし、また、成果の「量」をもって物事の価値をジャッジするという考え方に同調する必要もない。

とはいえ、例えば、わたしがそれにかけてきた時間と同等の撮影時間で、いま流行りの「超人気子役」が数百万クラスの稼ぎを叩き出すのだと考えると、それ相応の虚しさを感じずにはいられない、というのも事実である。


……で、結局なんのはなしをしたいのかというと、「ぷれびゅー」のことである。

決して無限ではない人生の、そのなかでもことさら輝かしく重要な時期の、貴重な時間を費やす「趣味」としては、最もニッチで最もムダな部類にはいるのではないかと、いまさら思えてきた。

もともとは、「感想文」で結果的に「自爆」した際に、「主観を廃したレビュー(しかも素材サイトの)」を書けばおもしろいのではないか、という「つまらない思いつき」に至ったのが出発点だった。

その当時は、じぶんで素材利用するときに役立てば、と思っていたくらいの軽いノリであったし、また、そのまま Web 世界に居座り続けるためのエクスキューズのような意識もあった。

あれから約2年が経ち、素材サイト数も 1,200 を超え(その半分が、実質的に「Novel Game」製作で有効活用できるのだとしても、相当な数である)はしたが、しかし、それがどれほど有益(すべてのひとにとって、とはいわないが、せめてすこしくらいは)であるのか?

例えば、「複数のページにまたがって大量の素材が掲載されている」とか、「Blog を利用してエントリ単位で素材を公開している」といったサイトさんの素材を、ひとつのリストにまとめるのは、まあ、すこしは有益かもしれない。

ただ、もとの素材サイトさんが、きちんとしたレイアウト・優れたサイトデザインで素材を掲載しているのなら、わざわざこちらで「整形」してやる必要はない。それこそ、リンクを張るだけで充分だ。

そう考えると、「ぷれびゅー」はまさに「時間のムダ」になってしまう。ムダはムダでも構わない(わたしの人生自体がムダだし)が、他人に陰で嘲笑されるような「ムダ」は、なんだか気に喰わない。


とはいえ、素材サイトさんの「内容」をじぶんなりに消化し、じぶんのルールで再構築するのは楽しいし、「かてごり」のリストを「?」で埋めていくのは、「作業ゲー」的な中毒性がある。

さらに、例えば「楽曲の作品名」や「それに付けられたコメント」を読むだけでも、その製作者さんの感性や人となりが判っておもしろいし、扱う素材の種類によってサイト運営の傾向やサイト閉鎖の頻度に違いがあったりして、その理由に想いを馳せてみるのも、悪くはない。

それに、これだけダラダラと続けていると、何回か、それまでの価値観がひっくり返るときがある。例えば、いままでは「多くの情報を、どれだけ短くつめこめるか(そうしないと、エントリが長くなってしまうので)」を追求してきたが、大部分の情報を追記部分に収納するようにしたことで、今度は「正確、かつ読みやすいエントリ」になるように考えが変わったりとか。そうやって、昨日までは「最良」であると思っていたことが覆るのは、なんだかとっても「生きている」感じがして、ワクワクする。まあ、それもこれもすべて、わたしの自己満足でしかないのだが。



でも実際、わたしが気づかないあいだに「妖精さん」が残りぜんぶを片付けてくれていたら、こんなにうれしいことはないなwww



01:49  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.04.13 (Fri)

Pretty Cure って なんなんなななな-NOTE

「プリキュアって、地上波でもけっこう再放送しているのだな」と思いながら『ふたりはプリキュア!』を観た。まだ序盤の数話だけではあるが。

そもそも「アナログ時代の作品」という時点であたりまえなのだが、最近の「プリキュア」とは、テンポも演出もまったく異なる雰囲気である。これが時代のせいなのか、志のせいなのかは判らない。

というか、『ふたりは』の変身バンクは正直、昨今の「デジタルはではで演出」と比べると「え? こんなん?」という印象である。なんか「みょみょみょ~」って。まあ、比べるものでもないのだが。おなじように再放送していた『フレッシュ』の変身バンクでさえ、画的に物足りない印象であったし。

しかしビックリしたのは(まあ、たまたま序盤だけ・その回だけなのかもしれないが)変身したあとに、いきなり必殺技でケリをつけていたところである。昨今のシリーズでも「消化試合」のように戦闘を済ましている回もあるが、いきなり必殺技というのはほとんどないのではないだろうか。それだけドラマ部分に時間を割いているということなのかもしれないが、個人的に衝撃だった。


とにもかくにも、長く続くシリーズの初期作品は、作品に込められた「精神」が最も純粋に顕在するものである。それは延命のためにテンプレート化されるうちに失われていくものである。

……ということを『ジュエルペット きら☆デコッ!』を観て考えた。というか『サンシャイン』で「ひとつの頂点(別名:おもしろけりゃあ、なんでもあり)」に到達したので、もうてっきりやらないのだと思っていたのだが。

正直、あのオチは個人的によろしくなかった。ある種の「伝統」としての「ダージョさま(=最後は「闇のちから」が絡んでくる)」だったのだろうが、「なんでもあり」が売りの『サンシャイン』では、その部分は無視しても良かったのではないだろうか。

恋愛部分も、とってつけたような印象であったし。しかも、そのとってつけたような恋愛で、すべてを締めてしまったし。なんだかなあ。

……まあ、『サンシャイン』のハチャメチャは、この作品のすべてなので、もう良いのだ。それよりも『きら☆デコッ!』のはなしである。この『きら☆デコッ!』、末期のシリーズ物にありがちな「説明不足」というか「スカスカ気味な密度」というか、かなり不思議な雰囲気であった。これはこれで「味」とも言えるのだが、新しい作品を前にしての「ワクワク感」は薄かった。

それに、オパールが「主要ペット」になったのは良いのだが、かなりイヤな子になってしまっていてショックだった。『サンシャイン』の「卯年の扉」が閉まるのを阻止しようとする回で感動してしまったわたしとしては、とても残念なのである。そもそも「伝説のジュエルペット」だったのになあ……。

それと「ミラーボールがうんたら」「独りでゴーゴーを踊るのが寂しいジュエリーナさま」というはなしなら、テーマ曲は「Disco」風にしてもらいたかった(いや、ゴーゴーはさらに上の世代だろうが)。あの雰囲気が大好きなので。とりあえず、芦田のお嬢さまには一切興味が湧かない。


あと、『ディアマイフューチャー』は……前作よりもまともな導入になっていたのではないだろうかwww とりあえず完全な続編なのだから、もうみんな「Aurora Rising」を跳びまくって、最後にはスタンドバトルみたいになってほしいwww



03:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.04.13 (Fri)

アテナが いちばん しっくりくる 現状-NOTE

今日で『KOF XIII』を「卒業」します。ほんとうにありがとうございました。



……いやあ、生身のひとは強いですよね~。CPU の 100倍強いです。

なにせ、発売からすでに5ヶ月以上経っているわけです。もう、「2,000 戦」しているような方がいっぱいいるのです。というか、初っ端に当たった方がそうだった……。

『KOF XIII』の「RANK MATCH」は、全員共通の全国ランキングでどこまで上を目指せるか……という、シンプルかつガチンコな仕様になっているようで、もうほんと「上級者上等」なわけです。

自分とおなじ技量の方と対戦をしたかったら、「PLAYER MATCH」で「ROOM」を立てるか、他の方の「ROOM」を検索してお邪魔するかをしないといけないので、ちょっと効率が悪いですね。


それにしても、いちおう長々と続けている「2D」よりも、ほんの最近始めたばかりの『SOULCALIBUR V』のほうがルール的にしっくりくる、というのは意外でしたね~。

『KOF XIII』は、立ち回りの他に、ある程度の火力があるコンボまで覚えていないとはなしにならないので、より難易度が高い印象です。そもそもわたし、指の運動神経がない・指が短いので、コンボゲーを実践するのはちょっと厳しいのです。

これが『SOULCALIBUR V』なら、「基本動作で相手の攻撃をスカす」>「斬りを当てる」だけでも、そこそこのダメージにはなりますが、「2D」では、小パン当てただけではどうにもなりませんからね。

とはいえ、もちろん『SOULCALIBUR V』のほうでも格上の方にボコボコにされてはいるのですが、相手の立ち回りがすごい勉強になるというか、やられるのも納得がいくという感じなのです。すくなくとも、壁際まで押されたら最後、相手の方の「コンボ鑑賞会」になってしまうよりかは楽しいwww


ここはもう、「負ける」ことはあたりまえの大前提として、さっさとカラーを増やしたあとに、ちまちまとサバイバルでもしていれば良いって感じですが。「40敗」とか余裕ですが。

でも、こっちがあんまり弱すぎると、対戦をしてもらうのも、逆に申し訳なくなってくるというか……。相手も気を遣ってしまうと思いません? ……まあ、「とにかく練習しろ」ってことですよね。『KOF XIII』の公式 Blog を見ていると、まだまだ新規参入する方もいるようですから、未来がないわけでもないはずです。

ただ、正直『CLIMAX』がアナウンスされてから、やる気が失せ気味なのは事実だったり……。無料アップデートとかあるんですかね。ムリめですかね。



とりあえずいまは、秋頃に発売される『鉄拳 TAG TOURNAMENT 2』を楽しみにしています。「この時点から初心者が入っても勝てるわけがない」という意見もありますが、がんばってみたいですね。



02:05  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.04.07 (Sat)

Complex × tkool-Category

以下は「カテゴリの異なる素材(「RPG ツクール」向け含む)」を複数扱うサイトさんです


01

3代目代理素材保管庫
aul's factory
B. F:老人ホーム
 Dream Of Intersecting
INSOMNIA
SFOG - Sprouting Field of Graphics まとめサイト
Sound ward
 Stone lane
Sulptenon
Tas+

 Uのドキュメント
VIPRPG 3代目素材保管庫
春日屋 - 跡地
Anti-Belphetan
きまぐれ保管庫
ソザイバコ
 タクポン-RPG-FACTORY / エターのフラグが立つ前に・改
たぬきだたいちの小屋
ちょっと一息つきませんか?
テェッタのワールド

なんか凄い千年のヴぃっぷツクスレ素材金庫配偶子バンクツヴァイ
にゃんこ堂
ひねくれソフト工房
ま堂
回想領域
空色並木道
現代RPG - イリーガルシリーズ・ウェブサイト
光の軌想曲
消失点
素材屋 Collet-DollGirl

半生@Page(仮)
未完のダンボール
零空世界

33



04:38  |  +素材サイト一覧  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.04.06 (Fri)

RPG Tkool × Graphics : for all IP-Category

以下は「RPG ツクールシリーズ向けの画像素材」を扱うサイトさんです


01

Rド ※アドレスその2
えたぐら
FireDream
akiroom.com
Bubble Blog
Ever Juvenile
Extra_Mebe ※仮設
green leaves
GSROOM
JUNKIE Junk Shop

JunkYard Nanikasira Tkool
Loose Leaf キャラクター素材合成シミュレータ
MCG CreativeStation Ready
Mutation Genes Simulation T.D.Lab.
Ty.com
しゅがーぽっと
デイエムストアR ※別URL
レンガの創作小屋
ワクワクの1頁
紅蓮書-黙示録

森の奥の隠れ里
素材屋 - J. c. r.
超少量TalesWeaverツクール素材

23



03:19  |  +素材サイト一覧  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2012.04.06 (Fri)

RPG Tkool × Graphics : for 200x-Category

以下は「RPG ツクール 200x シリーズ向けの画像素材」を扱うサイトさんです


01

FullMetal Breaker!!
かずさ堂本舗 
Merry Party
ABSOLUTE WORLD
CLAMOUR -クレイモア-
coffee blend
COLORNIX
Copper ※別URL
FROST BLUE
GAME FACTORY

rinnest(旧・In An Eternal Stream)
Inside Brain
Melthelm/TYPE=B
One of the story
R.C.O.
RPGツクール2000の素材!
RPGツクール2000対応快適画像素材集
RPGツクール研究同好会
SWEET POISON CANDY
Time Passage

伽藍堂
Topping Games
Uteki Studio
うにうにワールド
うめこぶっちゃ
エキストラの倉庫
ココロ箱庭
すきまの素材
ソラノタカラ - RPGツクール2000 . 自作ゲーム . 素材 . テクニック
チームするめ

鳥工房
HOP STEP αデジタル増刊号 2
ぽちの部屋
モクセイノミヤコ 木星の都
ユッチーズなホームページ ※2007 version
ラプラスの宮
りりはうす
虚構の地
極小部屋
時の庵

泉獺の植民地
蛸のツクールファン
道楽まにあ
排他的論理我
白螺子屋(基本はツクール素材サイト)
瓶詰めヒツジ
密林の微笑み
夢幻の気まぐれ
丼の外れサイト

49



03:18  |  +素材サイト一覧  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |