09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.31 (Mon)

It is a large world-NOTE

この空の下で生きるひとりひとりの人生が、世界の広さを決めている。


#1
#2

一般的に見て、こどもがいたり離婚歴があったりしても何ら不思議ではない年齢になってもなお感じるのは、自分がどれほど世間知らずであるかということだ。

世界はとてつもなく広い。自分が無知であるのなら、なおさら係わり合う価値がある。


JR新宿駅は1日の利用者数が日本一らしい。当然、毎日新宿駅を利用したとしても、昨日見かけたひとと2度出逢うなんてことは、まずないだろう。

そこまで話を膨らませなくても、例えば、たまたま乗り合わせた電車の1車両のなかに押し込められた人々とは、一期一会の出逢いである。そして、そのひとりひとりには必ず人生が存在する。

その「事実」を感じるだけで、わたしは密かに幸福になれる。目の前に確かな「世界」があるからである。わたしはもっと世界を知りたい。そして、できることならすべて「消費」してしまいたい。わたしの「アウトプット」のために。わたしを「破壊」するために。


有尾さんが不思議がっていた「わざわざ」素人が作ったフリーゲームを愛でる、わたしなりの理由もここにある。フリーゲームには「作家性」と呼ぶには稚拙な……もっと原始的な「製作者自身」が焼きついていると「わたしは信じている」。実生活では通り過ぎていくだけの、いや、そもそも一生出逢うこともないような人々の「ココロの内に宿るなにか」に触れられるのだ。こんなにすばらしいことはない。

だからわたしは「手垢に塗れただけの美しいはなし」が嫌いなのだ。それは「価値のある模倣」ではないから。「上っ面」の部分だけしか見えないものなんて意味がない。だからまた、憎らしくもなるのだ。



※やっぱり、考えたことはすぐに文章にしないと、ぼんやりしてしまうなあ。要は、電車内でたまたま見た「ネイティブ・ルー大柴」な女性に感動したってだけのはなし。わたしの貧弱な想像力の外側から「襲来」するものは、すべて「おたから」だわ。



15:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |