08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.09.25 (Sun)

Try again, try again, try again. Never stop it-NOTE

この空の下で生きるひとりひとりの人生が、世界の広さを決めている。


#1

前回のエントリで挙げたもうひとつの試練、「挑み続けること」について書く。といっても、これはいたってフツー、誰でもやっていることだ。別に、記録を狙って日々精進しているアスリートだけのはなしではなく。

わたしたちは、後から後からやってくる大小様々な事柄に、常に挑み続けなければならない。その瞬間その瞬間に選択し続けなければならない。未来はその結果、しかも一時的なものだ。すぐに追いつき「結果」に基づく新たな選択をしなければならない。そのようにして人生は回って行く。他の方法は(おそらく)ない。

わたしたちは、平穏な日々のなかで、たまにやってくる困難が「試練」なのだと勘違いしているが、それは、寝ぼけながらでもこなせる事柄が多いことや、丸投げ・先送りが効くということ、そしてそもそも、そんなことを考えていたら人生なんてやってられないという理由で、無自覚になっているだけだ。

また、わたしたちの社会では、困難にぶつかったとき、すこしのあいだ立ち止まることは許されるが、人生そのものを投げ出すことは許されていない。すくなくとも、一般的な感覚ではまず引き止められる。その理由は「人それぞれ」だろうが、人生が「無限の困難に死ぬまで挑み続けるという試練」であるとするならば、「前提」を理由に前提を否定することは正しくないといえるので、どんな理由であれ、いちおう理解はできる。どんなにココロを叩き折られたとしても、いつかは歩き出さなければならないというのは辛いことかもしれないが、それこそが「人生の本質的な部分」なので諦めて、というわけだ。


「人生は無限の試練」といってしまうと息苦しくてしかたがないかもしれないが、しかし、だからこそわたしたちは「克服」や「変化」のドラマに感動するのではないか。

例えば、フィギュアスケート選手の安藤美姫さんは、TV で積極的に取り上げられ始めたころは「フィギュアのすごい上手い女子高生」という印象だったが、いくつかの挫折と栄光とを経て、いつしか偉大なアスリートに成長した。わたしはその事実にとても感動し、彼女を尊敬している(まあ、最近は超然とし過ぎているので、親しみやすさには欠けるかなとも思っているが)。だから、わたしはだんぜん「ミキティ派」なのだ。例え「ネコバス顔」とか「ダース・ベーダー」とか言われようとも……って、まあ、どうでも良いことだが。

とにかく、わたしたちは時に、他人の人生や物語のなかで語られる「試練」に触れることによって救われる。共感によって社会的なつながりを実感し、自らの役割を再認識できるのなら、そこに「希望」はある。

成功者のことばに多くの人が勇気づけられるのも、そのなかに「試練」に対する普遍的な教訓を見出すからだろう。ただし、「自分も成功者になれる」と錯覚させたり、試練そのものの存在をぼやけさせるような惑わしは善くない。


そうなると、Free Novel Game の「感動系作品」は「克服の物語」なのか「ただの惑わし」なのかという疑問が出てくるのだが、これはどうなのだろうか?

わたしは、その作品に込められたメッセージによって評価が変わると思っている。作品自体がどんなに上手くまとまっていたとしても、メッセージが平凡だったり下らなかったりしたら「おもしろくない」と感じるし、どんな抗弁をしたとしても、そのなかで表される「悲劇(試練の「過程」)」を「利用している」とも感じる。

まあ、あくまでわたし個人の「感覚」でしかないので、それを正当化できるとも思っていないが。評価が不当だと訴えられたときは、そのときに議論するしかない。



※逃げグセのついたダメ人間のわたしにとっては、かなり重大な命題なのですが、いまいちまとまりきらないなあ。



16:02  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2011.09.25 (Sun)

One life, A lot of death-NOTE

この空の下で生きるひとりひとりの人生が、世界の広さを決める。



わたしたちに与えられた宿命のなかで「試練」と呼べるものはなにか考えた。ひとつは「挑み続けること」。もうひとつは「死による別れは避けられない」ということ。

順当にいけば、まず親のほうが先に死ぬ。兄弟姉妹もおなじように死ぬ。伴侶があるものは大抵、男のほうが先に死ぬ。友人も死ぬ。直接会ったことのない、敬愛する人間も死ぬ。家族同然のペットも死ぬ。そして、順序が前後するにしても、あなたも確実に死ぬ。わたしたちは、死に向かって走り続けている。

これはまだ想像でしかないが、そうやって死に遭遇し続けることで、晩年、「悲しい」の「先」ある境地に辿り着けるのではないだろうか? そして、そこに「人生の意味」のひとつが隠されているのではないか? もちろん、どれほどの死を乗り越えなければならないのかは判らないが、人生に「答え」があるとすれば、それはやはり「終わり」に近づかなければ判らないのだろう。

そう考えると、近しい人の死によってココロが押し潰され、自分の人生をも投げ出してしまう人がいるのは悲しいことだ。精神的な支えを失うのは、確かに辛い。しかし、わたしたちは前半生で築き上げてきた支えをすこしずつ失い続け、やがて独りになるのではないだろうか。それが逃れられない定めなら、どうにか受け入れるしかない。もっとも、すでに死んでしまった人に「理解しろ」というのは酷なことだろうが。



全くはなしは変わるが、Free Novel Game 作品(というか、「美少女ゲー」の引力に繋ぎとめられている作品、か?)では、両親は大抵の場合、不在であるか死別しているかのどちらか(いるとしても、全肯定的な理解者としての役割が多い)なのだが、これはいったいなぜだろうかと長いこと疑問だった。

物語的な側面からいえば、最も近しい存在である両親との死別は「痛みを抱えた人間」の構成要素として適当であるといえる。また、こどもをほったらかしにして世界中を飛び回っているような両親がいたとして、そういう特殊な家庭環境で育った人間は、得てして「美少女ゲー的主人公」としての資質を持ち合わせるものだ、とも思える。

まあ。実際のところは「商業作品のコピーであるから、そんなこと疑問にも思っていない」か、「製作者の感性が未熟なので、そこまで思い至らない」か、「両親に良い思い出がないので、描写したくない」かのどれかではないかと考えているのだが。


現実世界の人間は、自分が属する環境からの影響をかなり受けている。政治家の家に生まれれば政治家になるのだろうし、音楽的な資質を持った両親に育てられれば、当然のように音楽に興味を持つのだろう。また、ムービースターの子息たちがセレブとしてもてはやされるのも必然だ。彼らは生まれたときすでに、その「資格」を持っているのだから。

もちろん、フツーの家庭から才能溢れる人間が生まれてくることもある。がしかし、例え彼らが「運命との出逢い」によって導かれ、自力で道を切り拓いたのだとしても、そこに環境の影響がないとはいえないだろう。自分のことは判らないのだから。

まあ要するに、そういう背景のこともすこしは考えてくれると作品がもっとおもしろくなるのに、ということだ。前に「テンプレ設定満載の王道作品であっても、必ず細部に差異が生まれる。それこそが個性だ」と主張していたレビュアーがいたが、ものを考えもせずに自分のフェチを散りばめているだけでは、なんの価値もない。わたしはもっと欲深く要求する。「おもしろいものを作れ」と。



※このエントリの前半部分は、上原美優さんの自殺からずっと考えていたことです。もちろん、まだ答えは出ません。



12:54  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2011.09.20 (Tue)

来年は 遊びに行けないくらい 忙しいと 良いな-NOTE

何度でも忠告しよう。

「TGS はシンドイから、行かないほうが良いよ」と。

来年のわたしに向けて。




……日曜日、「TGS 2011」に行きました。金曜日までは、ほんとうのほんとうに行かないつもりだったのですが、なぜかタイミングがバッチリ合ってしまって。貧乏性がイヤだわ。

当日券を買うしかなかったので、9時前に海浜幕張につくように家を出ました。この選択は、結果的に良かった。まだ来場者も少なく(?)、当日券も並ぶことなく手に入れられたので、前売り券を持っている人との差はありませんでしたし。

ただ、10時になるまで待たなくてはならなかったので、結局はそれなりの時間、炎天下のなかにいたのですが。そうなると当然、汗はかきますよね。今年はとくに暑かったし。後悔ポイント、その1。


で、それなりに早く入場できた(はず)のですが。まあ、人が多い。どうやら土曜日は過去最高だったそうで。あれだけ人がいると、冷房とか打ち消してしまうんですよ。後悔ポイント、その2。

まあでも、正直、試遊の列に並んでいる人は邪魔ではないので良いです。きちんと待機スペースがとられていますし、スタッフさんが誘導をしていますから。

ただ、それぞれのブースのステージでイベントが始まってしまうとね。来場者の目がついついそっちにいったりして、流れが滞るじゃないですか。そうなるともう、流れのなかに入っていくのもシンドクなるんですよ。かといって、端っこのほうで地べたに座っているのも馬鹿らしいし。


そうやっていると、帰るころにはもう「足いたーい」「腰いたーい」となるわけです。年齢のせいもあるのかもしれないですけど、すごい疲れた。もうね、あそこはぜったいデートで行くような場所ではないですよ! (と、カップルらしき二人組を見ながら)


もうね、付き合いとかでもない限り、行かないほうが良いよ!




・思い出深かったこと

「CAPCOM」の『STREET FIGHTER X 鉄拳』のステージ。いやあ、笑った。

「小野 P」と「原田 P」のコント、というか掛け合い(「愛人」がどうの、「どっちが先にアイディアをパクった」がどうの)もだけど、たまーに「社会人・企業人」としての「素」が垣間見れたのがおもしろかった。

でも、ほんとうは土曜日の「生・佐藤かよ」さんのほうが見たかったけどwww


あと、『龍が如く』シリーズの名越さんが、セガブースの前の通路に、フツーに立っているのを見た。ちょうどステージイベントの前だったのか、取材かなにかだったのか、誰かとお話をされていた。で、写真どおりに黒かったwww


それと、入場前、外で並んでいるとき、横をコスプレイヤーさんたちが何人も通り過ぎていったけど、あの暑いなかであれだけ着こんでいられる、その精神力(というか、コスプレ愛?)は、ほんとうにすごいと思った。もう尊敬できるくらいに。

SNK 系のキャラを見たときは、ちょっと悲しかったけど。また出展してくれれば良いのにな。




・恒例の「注目ソフト」一覧


<KONAMI>

ラビリンスの彼方 ... N3DS

あの女の子は正直どうでも良いけど、まあ、目を引いたので。



<BANDAI NAMCO Games>

仮面ライダー クライマックスヒーローズ フォーゼ ... Wii, PSP

ライダー愛で。オーズは全コンボと「せいやー!」があるのかな?


ねんどろいど じぇねれ~しょん ... PSP

見た目がカワイイのでココロ惹かれるけど、どうしよう、参加アニメタイトル、すべて知らない……。



<CAPCOM>

DmC Devil May Cry ... PS3, XBOX360

昨年「新・ダンテ」を見たときは、「旧・ダンテ」に比べると、「えー、これ?」って印象だったけど、今年のブラッシュアップされた彼を(実機映像で)観たときは、ほんとうにどっかの若手俳優のように映えていて、「あ、カッコ良いかも」と思った。このシリーズなんだかんだで手をつけていないけど、(ステージも観たし)この機会に。



<SONY Computer Entertainment>

GRAVITY DAZE / 重力的眩暈(略)... PS Vita

「Vita」タイトルを挙げるなら。ゲームコンセプトは魅力的だけど、日仏のミックスであるらしいヴィジュアルは、凡人的には「う~ん」かな。あと、副題が長いうえに超ダセエ。



<SEGA>

7th DRAGON 2020 ... PSP

いや、もうすぐ発売だから、きっと買うよ。



<SQUARE ENIX>

FINAL FANTASY 零式 ... PSP

いまいちっぽい大作、その1。みんなカッコ良いですのう。


FINAL FANTASY XIII-2 ... PS3, XBOX360

いまいちっぽい大作、その2。セラ? ……ヴァニラとファングが良いよう。


DEUS EX デウスエクス ... PS3, XBOX360

なんで発売日のびてしまったん? 「10月発売」としかいえない状況が怖い。


BRAVELY DEFAULT ... N3DS

たぶん『光の4戦士』の正当後継作品。あの作品、雰囲気やヴィジュアルは最高だったけど、やりこみ部分の「ノリ」みたいなものにいまいちついていけなかったので、残念だった(=長く遊ぼうという気になれなかった)。そもそも、ラスボス前で止まっていたわ。でも、今度は容量も増えているのだろうし、携帯機らしい「狭く深く長い」遊びを期待したい。



01:22  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2011.09.05 (Mon)

Anything gone, but Space on your hand !!-NOTE

『オーズ』終了の感想を書こうと思っていたけど、すでに『フォーゼ』を観てしまったので、なにか、ココロのなかがウヤムヤに。やっぱりわたし、「新しい刺激」を得るために生きてるー! って感じ。まあ、つらつらと。



せいやー!

震災の影響で1話分放送回が減ったのが逆に良かったのか、あっさりとさようなら。といっても、そこまでの流れで映司とアンク、ふたりの想いはしっかりと描かれていたので、あれくらいシンプルでも問題なかったでしょう。ただ、個人的に、例えば『電王』の最終盤の盛り上がり方はすごかったけど、今回はそれほどでも。もちろん、ぜんぜん悪くはなかったけど、最終回の予告がいちばん「燃えた」かも。

というか、完全復活したグリードたちが、ほとんど「消化試合」的に処理されていったせいで、最後ら辺はちょっと「スケールの小さい話」になってしまっていたような。カザリが消滅した時点で、「欲望の王たち」はお払い箱だったのかなあと。いちおう、物語を牽引する一因でもあったはずなのに。

あと、会長はほんとうにただの「欲望の大肯定者」で、オーズを「神」の域に押し上げて、その力で世界をより良い方向に変えようとしていたらしい。ということを、劇場版での描写も合わせて感じた。超変人だけど、決して悪人ではないと。紛らわしいけど、キライにはなれない、おいしいキャラクタだったなあ。

それにしても、「欲望」というテーマは、とてつもない可能性を秘めていると思った。字だけ見ると、ついつい俗っぽい、後ろ暗い印象のものを思い浮かべがちだけど、もっと大きく「欲し望むもの」とすれば、それはもう、人間のすべてに通じているだろうから。こりゃ、もう1シリーズ分くらいはできるな。

いやあ、でも、ひさしぶりに観た『W』最終回の「新番組予告」が、最終回を観てもなお「おもしろそう」だった。まあ、思っていたのとはすこし違う展開にはなったけど。

とりあえず、1年間ありがとうございました。『MOVIE 大戦』へ続く!



キターッ!

まず OP が楽しい。主題歌は『W』から女性ボーカリストが続いてるけど、良いね! 今回もいちだんとパワフルな御方だよね! CD はやくほしいね! oh yeah!!

弦ちゃんは、とにかく笑顔がステキ。それでいて、どこか「天の道を行き、総てを司る男」に似た表情を見せたりもして。良いね! ただ、あれはファッションヤンキーだよなあ。なんか「泥臭さ」がない。まあ、衣装だけどさ。

さすがにみんな演技が「フワフワ」しているけど、いつものことなので問題なし。その代わりに(といったら語弊があるけど)「派手な映像処理」や「美術へのちからの入れ具合」があるわけだから。ドラマが進んでいくと、規模が小さくなりがちだからなあ。

とにかく、若者たちの冒険はまだ始まったばかり! というわけで!



Next KAMEN RIDER is...?

このまま「数字を重ねていく」なら、つぎはもう

555-S (Second Generations)

にしてもらいたいね。最近はケータイも「Slim」になったことだし、「Smart phone」なんてのも普及していることだし。ベルトもちょうど「5本」だから「いつつの(リファイン)ベルトを巡る物語」で。

3つの「S」とのダブルミーニングで「555」。どう?



00:10  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2011.09.02 (Fri)

映画館でかかっているものが「映画」であるとは限らない 11.09.01-NOTE

台風が近づいているということで週明けにでも行こうかと思っていたのですが、なんとか雨にも降られなかったので良かったです。やっぱり『フォーゼ』が始まる前に観ておきたかったですから。というわけで。



『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』
『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』


まずは豪快のほう。まあ別に、テレビ本編自体がすでに劇場版のような豪華さ(が、これからも続くらしい)なので、とくにどうということもなく、いつもとおなじ強引さでした。まあ、全体的に「3D」を意識した画になっていましたね。

ただ、実はマーベラスがゴッドアイに「あの願い」をすることを見越していた「作戦」だった……というわけではなかったようで、考えてみれば、すごいムチャ。残ったキミたち、ほんとうはどうするつもりだったの?

あと、まったく関係ないことですが、ルカの衣装が「すとーん」とした感じになっていることが多く、なんか、たまに「オバちゃん」に見えることが……。市道さん、カワイイのに損だ。


世界を救う欲望と暴れん坊将軍とせいやー! 祭り。

66分とは思えないほどの充実感があった作品。……いや、ほんとうはガラが天秤でなにをしたかったのか、イマイチ良くわかりませんでしたが、ドラマのテーマはそこじゃないですからねー、ということでスルー。

雑誌のインタビューかなにかで「今回の震災を受けて劇場版の内容(=メッセージ)を練り直した」といった意味の発言を目にしましたが、なるほど、なんとなく納得できる仕上がりになっていました。一見、超強引に見える「あのどんでん返し」も、逆に非常に「映司らしい」と思えたので(ある意味)すごかったです。本編を観ていれば「こいつなら、本気でそう思いかねない」と素直に思えますよね。


あと、テーマソングにもなっている「手をつなぐ」という行為、劇場版での「明るい手つなぎ」と最終回での「切ない手繋ぎ」、このふたつの相乗効果がサイコーにすばらしかったです。

ただ、劇場版はビミョーにパラレっている(「紫のメダルを制御できていない」「後藤さんがバース装着者になっていない」「=AKR は手術前」「グリードが全員そろっている」「ただ、ニセアンクはいない」「最終回のあのカットが『フォーゼ前夜』であるならば、この時点でのフォーゼ登場はおかしい」)ので、感動もちょっと複雑なものになってしまいました。いや、やっぱりイベントがおなじ時間軸上に存在しているというのは、個人的に重要なので。


それと、やっぱり「暴れん坊将軍」の、あのテーマのインパクトはすごいです。でも、別にジョーダンなどではなく、上の世代の方にとって時代劇の主人公は「スーパーヒーロー」なのだし、案外、変わっているのは「がわ」だけで、やっていることは大昔から続く「伝統芸」なのかもしれません。ということで、将軍さまが出てこようが、まったく違和感はありませんでした。松平さんカッコ良かったです。

あ、フォーゼの登場 & 戦闘シーンも、思ったよりおもしろかったです。「オーズの初登場シーン」を思い起こさせるセリフがあったりして。でも映司、オッサンくさいことは言わないほうが良いねw


とりあえず、12月の恒例行事『MOVIE 大戦』で「アンク復活!」となるに決まっているので、待ちます。



『Cars 2』(通常上映 日本語吹き替え版)

ほんとうは字幕スーパー版が良かったんですけどね。せっかくの「日本語ネタ」が意味わかんなくなっちゃいますから。でもまあ良いです。Blu-ray でも買って確認します。


とりあえず、『ハワイアン・バケーション』からすでにもう、良かったです。ケンのメンドくさい感じがねーwww 短編にもかかわらず、キャストもしっかりオリジナルでやっていましたし。はい最高。

本編ですが、スパイ映画をベースにしていることもあってか、かなりハードでした。銃撃戦はバンバンやるし、暴力シーンの「当たり」は重いし、「拷問シーン」までありますからね。見た目は「車」ですが、これを人間に置き換えてみると……。けっこう怖い描写が多いです。それが悪いってわけではありませんが、なかなかチャレンジブルだなあ、と思いました。あと、「ポンコツ」側の人間としては、身につまされる部分があります。まあ、「そんなの、やってみなけりゃ判らないじゃないか」と開き直ってしまえば良いのですが。

とりあえず、いつものように最高でした。ただ、全編に散りばめられた「自動車トリビア」でニヤニヤしたり、なるほど確かにと納得したりするのには、すこしハードルが高めだったのではないでしょうか。わたしなんてさーっぱり興味ないので、ほとんど「なんのこっちゃ」でしたよ。


さて、みなさんもう予想がつくかと思いますが、今回も何度か泣きポイントがありました。しかも、あいかわらず意味の判らないところに。

これってなんなんでしょうかね? 例えば「泣きゲー」の愛好者の方は「(製作側の設定した)泣きどころ」で泣くわけじゃないですか(明らかな偏見なので、反論があったら聞きます)。でも、わたしの場合、もう「自分の内から湧き上がってくるなにか」で泣いているような感じなんですよね。とくに物語的な盛り上がりというわけでもない部分で泣けてくるのは。

いったい、なにに感動しているのやら。



03:32  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |