08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.17 (Sun)

過去と決別するようなもの-NOTE

今日は一日かけて本を捨てていた。

優柔不断な自分としては思い切りが良く、80 点くらいの自己評価をしてあげたいくらいなのだけれど、残りの 20 点がどうにかならなかったのかなあ? と心残り。

まあ、またしばらくすれば気持ちも変わるかもしれないので、今回はこれまで。


とりあえず、中身を読み返さずに表紙だけのイメージをもって判断すると、余計な時間もかからず悩むことも少ないよ。



01:02  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.09.05 (Tue)

「殺人犯の you を捕獲しに来たんだよ」-NOTE

『仮面ライダービルド』。



OP が省略されて『Be The One』をきちんと聴けなかったとガッカリした人は、『クウガ』や『カブト』の第一話を観てみよう! あんなにカッコ良い導入はないわ……。



開始数分で「今回も『仮面ライダー』と呼ばれるライダーか……」と苦笑い。

それにしても、ビルドのあの風貌から「仮面ライダー」という呼称を思いついた人の、その発想力がすごい。

あんなのパッと見、「赤鬼青鬼」じゃん。走行中を目撃されたとしても「バイクを乗り回すカラフルな妖怪」って感じだよ。(ナイトローグも一本角だったし)

まあ、近未来 (か別宇宙) の日本が舞台だから、それこそ「ベルトをした異形のなにか=仮面ライダー」という認識があるのかもしれないけれどね。

さすがに「平成」も「TV シリーズ自体」も終わっていそう。



それと、ものすごく今更なのだけれど。

例えば、音声認識でシステムが作動するとか、あるいは感情が高ぶって思わず叫んでしまったとかならともかく、いちいち毎度毎度、仮面ライダーに変身しようとするとき「変身!」と宣言するのは、おかしいといえばおかしい。

いや、これは個人的に仮面ライダーでいちばん好きな要素だから、まったくいまのままで良いのだけれど、「変身!」と言わなくても成立するライダーもいたよね、おそらく。



…… YouTube に『Be The One』の MV が出てる。avex の公式のヤツ。

さすがにアイドルの歌唱とはモノが違うなあ。



01:09  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.09.05 (Tue)

エリザベェト-NOTE

そういえば Hulu で『劇場霊』を観たのだけれど、あまり面白くはなかった。

人形の魅力を感じることはできたけれど、ホラーとしてはあまり。(まあ、若い俳優さんを起用したホラーで「ものすごく怖い」が成り立つのか? という話だろうが)

どちらかといえば、ぱるさんの佇まいのほうが幽霊のようだった。



そのつながりから思い出したのだけれど、『女優霊』も最後、幽霊が顔出ししてきたところでズッコケてしまったなあ。

「なにかがいる、でも見えない」くらいの露出のしかたが想像力を掻き立て、それが恐怖につながっていたのに、ドバーンと顔面を見せられてしまってはね……。

(Wikipedia からの情報によると、似たような感想を抱いた人は多かったらしい)



つぎは『クロユリ団地』か、沢尻のヤツでも観るかな。



00:35  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.09.04 (Mon)

『封じ』-NOTE

ちなみにこれが「https://www.youtube.com/watch?v=VbvtRv5kNkQ」最初に観た朗読動画。「恐い話」で検索をかけた結果。


最後にタネ明かし的なひとことがあるのだけれど、なんだか良くわからなかった。


恐い話には不条理や正体不明の怪異が付き物だけれど、あたまに「?」というのは、あまりない。逆に印象に残るかもしれない。



22:30  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.09.03 (Sun)

奈良 E 佐賀 ニナール-NOTE

初めて恐い話の朗読動画を観たとき、どこかゾクゾクと寒気がしてきて、思わず聞き入ってしまった。(ただ、その動画が長編な上にオチが若干、意味不明だったのが惜しい。怖くて聞き返せないまま今日まで来てしまった)

それが、関連リンクを片っ端からたどって数十本以上の動画を視聴してしまった現在は、恐怖心もだいぶ薄まり、作業中にながら聞きして受け流せるくらいになっている。

これはおそらく朗読動画の構造や様式を理解したことで、恐い話の内容を想像し追体験することもなく、ただ情報収集をするかのように受け取れるようになったためだろう。

単純にいえば「慣れた」のだ。どれだけ新しい話に出会っても「未知」は感じない。



そして、『仮面ライダーエグゼイド』に対するわたしの感情も、もしかしたら似たようなものなのかもしれない。

客観的に見れば、『エグゼイド』は平成二期のなかでもそうとう出来の良いほうだとは思うが、最後まで感情的にどうも乗り切れない部分があった。

これも、平成ライダーをずっと追い続けてきたことで、わたし自身、なにかしらの終着点に到達してしまったのかもしれない。もう戻れない場所に。



まあ、数週前からすでに、『ビルド』に気移りしていただけかもしれないが。



23:24  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.09.01 (Fri)

『マジガール!!!』、無事死亡!-NOTE

スマホゲームアプリの『マジガール!!!』が 10 月末日にサービス終了との通知が。

このゲーム、キャラクタがなかなか可愛かった (若干名、あざとい人格設定のメンバーもいたけれど、まあ「性的なほのめかし」程度のことなので無問題) し、星 5 衣装のデザインもなかなか凝っていた (というより、星 4 以下の衣装が無難なものばかりなので、相対的に星 5 衣装が輝いて見えたのかもしれない。あと、やたらと露出度が高くて苦笑い) と思う。



その一方で、ガチャは最低レベルだった。

このゲームのガチャで手に入るのは「武器」と「衣装」のふたつで、とりあえず、どちらも揃えてキャラクタに装備させないとお話にならない。

……のだけれど、このゲームでは「武器」と「衣装」はひとつのガチャ内に両方が入れられていて、唯一 11 連ガチャの確定一枠のみが星 4 以上の「武器」か「衣装」という仕様になっていた。

つまり、「武器」と「衣装」でガチャのタブが分けられてはいるものの、ユーザーが能動的に獲得できるのは確定枠ひとつのみで、例えば、武器が欲しくて「武器」ガチャを回したのに、確定枠以外の残りは「星 3 衣装が十個」という結果も起こり得る、ということだ。

いや、「起こり得る」というより、現実ほぼ似たような結果になる。通常枠ではタブが変わろうが「武器」と「衣装」で確率の違いはないので。

いちおう、新しいアイテムほど抽選確率が高く設定されてはいるものの、そんなものは焼け石に水程度の体感でしかない。実際は、初期アイテムも良く出るので、期待感もほとんどなかった。

もしかしたら、この無体な仕様であたまに血が上った人が大枚を突っ込むようなことがあるのかもしれないが、フツーは嫌気がさして回し控えるというものだろう。リリース直後からずっと難があると言われていたガチャだが、最期まで仕様が変わることはなかった。(有償石で回すとピックアップ確定などのボーナスが付くようなガチャはあったのだけれど……)



それと、編成や強化の挙動が微妙に重く、それがストレスにもなっていた。

キャラクタ数が多いこともあり、冗談抜きに編成作業だけで疲れてしまうレベルだった。これもまた、客足が遠のく遠因であったと個人的には感じている。それくらいダルかった。


まあ、課金の総額は 3,000 yen 以下だったし、あまり未練もないのが本音。

もしも、遺されたキャラクタを再利用して別ゲーを製作してくれたら、また乗ってあげても良いかな、という感じではあるのだけれど。



02:36  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.23 (Wed)

珍味-NOTE

ちなみに『仮面ライダーゴースト』は元々、いまいち盛り上がりに欠けていたので、穏やかに終りを迎えられた。

ただ、素材を活かしきれなかっただけで、『ゴースト』にも面白くなる余地はあったと信じている。

なんだか皆からは好かれていないらしいけれど、タケル殿のことも好きだった。主人公としてはかなり上位のほう。


どちらかといえば、『ゴースト』こそ、話数を切り詰めてテンポを上げたほうが良かったのではないかなあ、としみじみ。

あと、やっぱりタイムリミットを設けたのはリスキーだった。確かに逼迫感は演出できるのだけれど、一年間・約五十話の長丁場のなかでたった 100 日というのは無理がある。

結局、誤魔化し誤魔化し進めていたけれど、結果、それが原因で緊張感は減じ、ご都合主義と笑われる皮肉。過去のシリーズでも時間制限を持ったキャラクタはいたけれど、あまり前面に押し出すようなことはしていなかったね、面倒だから。


やっぱりいろいろ足りず、惜しいね『ゴースト』。



23:14  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.23 (Wed)

あるある晩餐会の 密着は最終回の 撮影だったぽい-NOTE

『仮面ライダーエグゼイド』、スピード感がありすぎるほどに軽快で、要所に伏線が散りばめられ、設定を最後まで活かし、強いメッセージ性もあった。皆の評価が高いのも頷ける。

ただ、『ドライブ』同様、どこか乗り切ることができずに若干、引いてしまっている自分がいたりする。なんでじゃろう?


思い返してみれば昔、ゲームは生命軽視を助長すると言われていた。(いつの世も新しいテクノロジー / 娯楽は忌避される)

その歴史を踏まえて考えてみると、物語の終盤にゲーム (会社の経営者) と医療 (従事者) が対立するという構図は、ある意味で必然だったのかもしれない。

当初は「ゲーム要素だけだと親のウケが悪いからドクター要素も追加しよう!」という製作の思いつきで「ゲーム」と「医療」の二本柱のライダーにしたそうだけれど、そこから上手くシナリオに昇華したよね、という。

そして、さすがに『ビルド』の特別編はなかった。ただでさえ本編が短いのだから当然か。




それにしても、エグゼイドライダーのメタリックな塗装? はカッコ良かったね。

特に暗所でライトを当てたときの光り方が好き。『ビルド』も「ラビットタンク」はツヤツヤしているので嬉しい。

でも、ビルドドライバーもけっこうしゃべるのね。せめて「~Are you ready?」までなら良かったのになー。『カブト』のゼクターは寡黙でカッコ良いなー。

『エグゼイド』は「誰も彼もが影山ヒロノブを好きだと思うなよ」って感じだったよwww



02:37  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.16 (Wed)

自由-NOTE

以前にも書いたかもしれないけれど、駅のエスカレーターが怖い。下方向に引っ張られる感じがあって冷や汗すら出てくる。

とくに、東京の大きい駅や地下鉄などの長大なエスカレーターが最悪で、いつも落ちないように祈りながら乗ることになる。


おそらく、「落ちたら死ぬ」と「自分の意志で降りられない」という強迫観念からくる思い込みなのだろうと自己分析している。完全に「だからなんだ?」と役に立たないことだけれど。

仕方がないので、例えどんなに疲れていようとも、階段のほうを昇り降りするようにしている。自分の足を使っている分には、おなじ距離でも恐怖はまったくない。


似たようなもので、新幹線や飛行機などの「長時間、閉じ込められている乗り物」もあまり得意ではない。



23:44  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.16 (Wed)

あー夏休み-NOTE

で、あることが印象に残っていたので、試しにサービスエリアで小学生くらいのお子さま方を観察してみたのだけれど、皆、おなじような肌の色をしていた。

端的にいうと日焼けしている。みんな、たいがい真っ黒。ビーチバレー選手かな? ってくらいに。


オトナの世界では「日焼けは絶対ダメ!」が鉄則のようになっているけれど、さすがお子さま方、そんなことは関係なしに外で遊びまくっているのだろうな、と納得した。

まあ、土地柄もあるのかもしれない。存在価値のわからない狭い公園ばかりの地域では、意外と難しいことなのかもしれない。


ちなみに大人のほうは、なんかヤンキーみたいのが多かった。



23:29  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.16 (Wed)

他所んちの お風呂は 緊張する-NOTE

5 才児は、だいたい中型犬くらいの勢いがあるね。

大人でも、不意打ちでドーンと来られると、けっこうキツい。なぜか体温も高いし。


ただ、あのバカみたいに振り切れている言動・姿勢は見習いたくもあり。なにが楽しいのだか、なにかと嬉しそうだし。生命力を感じるよね。

(まあ、日中の行動におけるエネルギー配分を理解することが成長であるともいえるのだけれど)

しかし、あのテンションの生き物が、自分のこどもやあるいは肉親としてそこにいるということに、耐えられるだろうか? とも感じた。


世のご両親たちは偉いね。



23:18  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.10 (Thu)

あの キザったらしいセリフ回しが また-NOTE



名探偵コナン 1000話 - Google 検索

『名探偵コナン』1000話達成 連載23年で『サンデー』史上初の快挙達成 | ORICON NEWS



Hulu の劇場版コナン特集のときにも感じたのだけれど、『名探偵コナン』って長期連載向けのアイディアではなかったはずだよね。

青山剛昌も、それなりの長さでまとめるつもりだったからこそ、「薬で身体が小さくなる」「 (元々の) 組織のボスはあの人」を設定したはず。

少なくとも、「やりたいことを残さず突っ込んだら、こうなっちゃいました」を豪語するような『ONE PIECE』とは違う。


これがもし、サンデーの看板を背負うほどになっていなかったら、つまり「フツーの」人気漫画レベルの作品であったのなら、もっと早くもっとキレイに終わらせられたのだろう。

連載漫画の欠点のひとつは、「商品」としての価値が優先されるために、延命せざるを得なくなることだろうか。それは「作品」としては不幸でしかない。


それにしても、劇場版を何作か観て思ったのは、「設定を尊守するために登場人物がマヌケな行動をする他ない」のは笑えないな、ということかな。



00:41  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.07 (Mon)

ダブルネックボトルとか出てきたら 笑う-NOTE

ビルドドライバー、あのぐるぐるレバーは邪魔だよね。

映像を観ると、余計に『W / double』のダブルドライバーに近しいものを感じているのだけれど、カッコ良さの点においてはあまり似ているとは言い難い。

というか、直近のシリーズはドライバーがブスだった。その路線。

ただし、番組の対象であるお子様方は、あのレバーをぐるぐる回すのが大好きなのだろうから、キッズトイとしては正解なのだろう。印象としてはブスだけれど。



しかし、過去シリーズを振り返ってみると、例えば『電王』のベルトなんか「これ、売り物になるの?」ってくらいシンプルだったよね。

アクションとしては「ボタンを押してパスをかざす」だけだものなあ。それでなんとかなるのだものなあ。

「変身!」



00:51  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.07 (Mon)

現状維持-NOTE

月末、通信料に余裕があるし、新しいソシャゲでも始めてみようかと思って store を覗いてみると、ほぼもれなく悲愴な内容のレビューがついていて、苦笑い。

ソシャゲはほんと水もので、もともとどれだけ支持されていようが、おなじ仕様のまま延々とサービスが続いていく……ということはないのだな、と感じる。

それでも、仕様変更くらいならまだ良いほうで、下手をすると気がついたときには「サービス終了のお知らせ」になることもある。



あ、ちなみに『Transcend Heroes』は、『仮面ライダービルド』の開始を待たずに、お亡くなりになりますwww

レアリティ 6 の実装、アクション要素の追加、マルチの導入、タイトルの変更までしてがんばって? いたのに、長くなかったなあ。

まあ、基本的に特攻・周回ゲーだったし。マンネリしていたのかな? マンネリはどこにでもあることだけれどね……。

個人的には、各ライダーにレアリティ (による性能の差) があることに、どうもしっくりきていなかったので、ほとんど悲しくない。

スマホレベルのグラフィックスでは、仮面ライダーのカッコ良さを表現するのに充分とはいえなかったし。

さーて、容量が浮くぜwww



store のレビューで良く見るのが、「ガチャが渋い (運営死ね) 」対「ガチャは確率 (嫌なら辞めろ) 」論争。

でも、例えば万単位で課金して結果、散々なことになったとしたら、愚痴のひとつでも書きたくなるのもわかるよ。人情としては。

個人的には、重・廃課金ができる人たちの経済観念には、まったく共感できないのだけれどもね。



00:38  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.05 (Sat)

死にたい-NOTE

今夜の『あるある晩餐会』、まさか仮面ライダー回だとは知らなかったので、あたまが数分、欠けちゃった。

死にたい。




最悪、昭和ライダーの紹介 VTR くらいだったから、問題ないといえば問題ないとも言えなくもないかもしれないけれど、ムカつくよーッ!

ただ、『アメトーーク!』とは切り口が違い、なかなか良い内容だった。まあ、さすがに本物のライダーをゲストに呼んでおいて、お笑いにはしづらいだろう。さっしーも喜んでいて良かったね。



あと、ビルドの後ろ姿、スッキリしていて良いな。後ろ姿美人。



23:39  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.03 (Thu)

ぼく せんと くん-NOTE

仮面ライダービルド』、制作発表がきて予告動画がきて、ハッピー。



なんとなく、『エグゼイド』からの揺り戻しで「仮面ライダー的な」モチーフになったのだろうと思われていた『ビルド』だけれども、詳細を知るとそれ以上に、平成二期の集大成と位置づけて、ドラマづくりに臨んでいるように感じられた。

一見、『W / double』に似ているように感じるのも、そういう意気込みの表れなのかもしれない。

こじつけレベルのものだと、動画に出てくる「歯車 3 つ」は『OOO』を想起させるなあ、とか。(実際は、ビルドドライバーのデザインにおなじものがあるから、ビルドのアイコン的なものとして出てきたのだろうけれど)

主人公が「科学者」でヒロインが「超能力? 少女」というのは、『ゴースト』のあのふたりを反転させたかのような設定だなあ、とか。


と同時に、「ノリ」ではなく「謎」でもって物語を引っ張っていくという宣言は、平成一期へのリスペクトも感じられて心証が良い。

とはいえ、ブチ上げた公約をきちんと全う出来るかどうか、最近のシリーズを見ていると、やや不安もあるのだが。(『ゴースト』の特別先行動画は面白そうだったね)


あとは、主題歌がひさびさの女性ボーカルということで、それだけでなんだか満足。(これも集大成の印象)

「男児向けのヒーロー番組なのだから、やっぱり男性ボーカルでないと!」という意見の人もいるのだろうけれど、曲がカッコ良くて歌い方がカッコ良ければ、女性でも問題ない……というか、そのほうが良い。

主題歌担当に並んでいるなまえがまた濃ゆくて、楽しみというかなんというか。



01:04  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.31 (Mon)

ばくはしましょう!-NOTE

『アメトーーク!』の「スーパー戦隊大好き芸人」。



番組内で『ゴレンジャー』の必殺技が笑いものにされていたが、個人的には、わりと良く考えられていたように思えた。

この必殺技は、現在のシリーズでいえば巨大ロボ戦に相当する、エピソードのクライマックスともいえるものだろうから、印象を強くするためにもいろいろと試行錯誤が成されたのかもしれない。

最近のシリーズでは、巨大ロボ戦がオマケというか、「流されて」しまっていることも少なくないので、それと比べればまだマシなのではないか、と。


しかし、スーパー戦隊は笑いものにされても、仮面ライダーほどには腹が立たないなあ。なぜだろう。



00:15  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.30 (Sun)

ジードとは 似て非なるもの-NOTE

現在放送中の『仮面ライダーエグゼイド』は 8 月で終わり、『仮面ライダービルド』が始まるらしい。

これにより『エグゼイド』は、過去の同シリーズと比べて若干、短い話数で終わることとなった。


(テレ朝の日曜朝は 10 月に大きな番組改編があるらしいが、それに合わせて番組視聴を切られないように、あえて「10 月よりも早」く『ビルド』を開始したかった……という思惑が働いている……らしい。

要は、10 月のそれは単なる放送枠の移動でしかないのに、「『エグゼイド』終了とともに仮面ライダーシリーズも終了」と勘違いされては困る……ということらしい。

シロート考えでは「ものすごくスポットを打って周知させれば良いのでは?」と思ってしまうが、そうカンタンなことでもないのだろう)



この事実とともに振り返ってみれば、『エグゼイド』の持ち味であるスピード感のある展開は、スケジュールの都合に上手く合わせるために、少しずつ「巻いて」いった結果ということになる。

『ビルド』の開始時期の噂を耳にしたとき、このことに気づいて、「制約が作品にとってプラスに働くことがある」という先人のことばに、なるほど得心した。




それにしても、『ビルド』の主人公は「天才物理学者」なのだそうだが、あんなわけのわからないテクノロジーで「変身」することに、疑問を持ったりしないのだろうか。

いや、「物理学者」って、トンデモ科学者がトンデモパワーでトンデモドライバーを開発する仮面ライダー世界においては、ちょっと現実的すぎるというか。「ゴーストだから変身できる!」とか言われれば、まあ、そうなのかとも思うのだが。


ん……、なにかカブト虫臭がする!



02:24  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.30 (Sun)

元気?-NOTE

ボーッとしていたら、時が経っていた。




肝試しで廃旅館へ入ったら書類送検」というニュースは、怖い話の動画を観るたびに思い出すのだろうなあ。

「廃墟で肝試し」はド定番の設定だから、どうしてもね。

現実にはこうなることもあるという。ある意味、呪いで痛い目にあうよりも厄介だ。



01:52  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.06 (Thu)

始まるときは盛大に 終わるときはひっそりと-NOTE

ガムベースさんは別にあなたを喜ばすために生きてるわけではないですし」という指摘は確かにそのとおりだなあ。

わたしは偏見も好き嫌いも強い人間なのでね。申し訳ない。


というか、ガムベースさんとは仲良くなれない星の下にいたと、なんとなく感じていたのだから、深入りするべきではなかったし、twitter アカウントを探すべきでもなかった。それがお互いのためだった。

(なぜアカウントを探したのか、覚えてもいないのだが)


無節操に対応するのも控えたほうが良いのかな。



21:17  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | HOME |  NEXT